医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 自律神経が乳がん組織内に入り込み、がんの増大や転移に影響を与えると判明-岡山大ら

自律神経が乳がん組織内に入り込み、がんの増大や転移に影響を与えると判明-岡山大ら

読了時間:約 1分38秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月11日 PM12:15

ストレスに関わる自律神経の変化が、がんに与える影響を研究

岡山大学は7月5日、自律神経が乳がんの増大に伴って乳がん組織内に入り込み、がんの増殖や転移に強い影響を及ぼすことを発見したと発表した。この研究は、同大大学院医歯薬学総合研究科(医)細胞生理学分野の神谷厚範教授が、国立がん研究センター客員研究員で東京医科大学医学総合研究所の落谷孝広教授、国立がん研究センター中央病院の下村昭彦医師、福島県立医科大学の小林和人教授および加藤成樹講師らと共同で行ったもの。研究成果は「Nature Neuroscience」に掲載されている。


画像はリリースより

自律神経は、脳から心臓や腎臓などの末梢臓器へ命令(電気信号)を伝える有線ケーブルとして、ほとんど全ての臓器の働きを調節している。疫学研究では、慢性ストレスががんの進展を加速させることが報告されており、ストレスに関連する自律神経の変化ががんに影響し得ることが示唆されていた。しかし、実際にがん組織に自律神経が入り込むのかについては、ほとんど明らかにされていない。また、がん組織だけに分布する身体局所の自律神経機能を調べるための研究技術も未開発で、がんの病状に、がん組織内に存在する自律神経がどのように影響するのかについても未解明だった。

自律神経を操作する神経医療が、がんの新規治療戦略となる可能性

研究グループは、自律神経が乳がんの増大に伴って乳がん組織内に入り込み、がんの増殖や転移に強い影響を及ぼすことを発見した。また、ヒト乳がん組織解析により、交感神経密度の高い患者群は、交感神経密度の低い患者群に比べ、予後不良であることを発見した。さらに、ウィルスベクターを局所注射することにより、がん組織に分布する自律神経の遺伝子を操作し、その機能をコントロールする「局所神経エンジニアリング」を開発。この技術を用いてマウス乳がん組織に分布する交感神経を刺激すると、原発がんのサイズは時間とともに増大し、遠隔転移が増えた。反対に、がん組織に分布する交感神経を除去すると、原発がんの増大と遠隔転移は抑制されたという。

現在、がんの治療は、外科手術、抗がん剤などの薬物治療、放射線治療が柱であり、また、がん免疫療法が発達しつつある。しかし、治療抵抗性のがんも依然として多く、また、各種の副作用の問題もあるため、新しいがん治療の創出が期待されている。

研究グループは、「本研究成果により、今後、がん組織に分布する自律神経を操作する神経医療(遺伝子治療など)が、がんの新規治療戦略になる可能性があり、将来、がん患者に新しい治療法の選択肢を提供できるよう発展することが期待される」と、述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 【IASR速報】バロキサビル耐性インフルエンザウイルスの、ヒトからヒトへの感染状況-感染研
  • 【インフルエンザ流行レベルマップ第40週】警報超えは沖縄県の4か所-感染研
  • 低分子量Gタンパク質RhoEが、子宮頸がん転移に重要な上皮間葉転換を抑制-弘前大
  • 空腹になると味覚を調節する神経ネットワークを発見-生理研ら
  • 黄色ブドウ球菌、多剤結合転写因子QacRが多剤耐性を制御する仕組みを解明-AMEDら