医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 網膜剥離手術後の眼球内のシワが視界のゆがみの原因に−兵庫医大

網膜剥離手術後の眼球内のシワが視界のゆがみの原因に−兵庫医大

読了時間:約 1分25秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月22日 AM11:15

網膜剥離手術後の歪視と網膜外層のシワに関連性はあるのか

兵庫医科大学は2月20日、裂孔原性網膜剥離に対して硝子体手術を行った患者の手術後にみられる網膜外層のシワを定量的に解析したところ、このシワが、術後の後遺症である視界のゆがみ()に影響を与えていることが判明したと発表した。この研究は、同大眼科学の福山尚助教、五味文主任教授らの研究グループが、関西学院大学理工学部の岡留剛教授、角所考教授、矢切大海大学院生と共同で行ったもの。研究成果は「Scientific Reports」に同日付で掲載された。


画像はリリースより

裂孔原性網膜剥離は、加齢などに伴う眼球内の変化により網膜に孔が開いてしまい、目の中にある水がその孔を通って網膜の下に入り込み網膜がはがれる疾患。早期に手術をしないと視力は回復しない。硝子体手術では眼球中にガスを入れてはがれた網膜を押さえ、レーザーで穴を防いで元の状態に戻す。網膜を戻して視力を回復させることが目標で、術後のゆがみについては十分な理解がなされていなかった。今回研究グループは、術後の患者の網膜外層にシワがあることに気付き、歪視との関連性を研究するに至ったという。

シワを数値化して定量し、関連性を証明

研究グループは、手術後1か月、3か月、6か月後にenface OCT()で撮影した眼球断面画像やM-CHARTSテスト結果などの検査データを使用して数値化したデータを解析し、(しゅうへき、シワを指す)と歪視に相関があるかを調査した。対象者は、2016年10月~2017年8月までの間に兵庫医科大学病院にて裂孔原性網膜剥離の硝子体手術を受けた25歳~71歳までの患者33名。enface OCTの画像は、関西学院大学理工学部が独自プログラムを作成して、シワの形状がよく見える解析しやすい画像に変換した。結果、網膜剥離の手術後、すべての患者の網膜外層にシワができていたこと、およびシワの存在が歪視に影響を与えていることが明らかとなった。シワがあることを数値で証明したのは初めてとなる。

今回の研究成果により、皺襞が歪視に影響することも判明したため、今後、皺襞を減らし、歪視になりにくいようにするにはどうしたら良いのか、実用臨床的な側面も研究してみたいと研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 世帯食塩摂取密度が高いほど、循環器病死亡リスクが高くなる傾向を証明-滋賀医大
  • 眼内レンズ強膜内固定法を改変し、より低侵襲な白内障手術が可能に−兵庫医大
  • 統合失調症の原因となる変異を、キネシン分子モーターKIF3B遺伝子で発見-東大
  • 孤発性ALSで高毒性のタンパク質「SOD1」発見、新規治療ターゲットに-慶大ほか
  • ATLや悪性リンパ腫にエピゲノム異常を来す仕組みを発見、治療薬候補を開発-東大ほか