医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 小児神経難病AADC欠損症に対する遺伝子治療、全例で運動機能が改善-自治医大

小児神経難病AADC欠損症に対する遺伝子治療、全例で運動機能が改善-自治医大

読了時間:約 2分5秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月29日 PM01:15

国内外6例のAADC欠損症患者の長期経過を報告

自治医科大学は1月25日、芳香族Lアミノ酸脱炭酸酵素(AADC)欠損症患者に対し、2015年6月29日から遺伝子治療を行っている国内外の6例の患者(重症型5例、中間型1例)の長期経過をまとめ、その結果を報告した。この研究は、同大小児科学の山形崇倫教授らの研究グループによるもの。研究成果は「Brain」に掲載されている。


画像はリリースより

AADC欠損症は、生まれつきAADC遺伝子の変異により、ドパミンやセロトニンの合成に必須な酵素AADCが働かなくなる常染色体劣性遺伝性の疾患で、現在、世界中で140例程度、日本では8例が診断されている希少疾病。重症型は乳児期早期に発症し、眼球が上転する発作や全身を硬直させる発作(ジストニア)がみられる。自発的な運動は少なく、首もすわらず、ほとんどの患者が生涯寝たきりの生活を送っている。

そのうち、重症型が80%、運動発達遅滞・知的障害を呈するも独歩可能な軽症型が5%、その間の表現型の中間型が15%となっている。これまで根本治療はなかったが、2012年に台湾から、AADC欠損症に対する遺伝子治療を実施し、運動機能の改善がみられたという結果が報告されている。

AAV-hAADC−2ベクター注入後、認知機能改善、ジストニア発作も消失

研究グループは、定位脳手術で両側線条体(被殻)へAAVベクターにヒトAADC遺伝子を組み込んだAAV-hAADC−2ベクターを注入する遺伝子治療を、自治医科大学附属病院/自治医科大学とちぎ子ども医療センターで実施。AADCの働きを検出するFMT-PET検査で、治療前は被殻に信号がみられなかったが、治療6か月後、さらに2年後のPET検査で、被殻にAADCが働いていることが確認された。また、運動機能をAlberta Infant Motor Scales()を用いて評価したグラフでは、重症型(Patient1,2,4,5,6)の全員で数値が上昇し、運動機能が改善していた。Patient2は自力で歩行器歩行が可能、車椅子の自走ができ、家の中は背這いや寝返りで自由に移動できるようになった。

中間型のPatient3は、治療前は手を引いてもらう介助歩行だったが、治療後には自力で走り、自転車やブランコに乗るなど運動機能が改善した。中間型Patinet3は、治療前は数単語の発語のみだったが、会話がスムーズにでき、九九を全て暗唱するなど、言語機能が改善した。新版K式発達検査においても、言語―社会性の発達指数が、40から84に改善(70以上が正常域)。また、週に数回、数時間持続する四肢を強直させるジストニア発作があったが、治療後約2か月で全例においてジストニア発作が消失。また、常に機嫌の悪さが見られていたが、治療後は笑顔が増え、穏やかに過ごすことができ、QOLが大きく改善したという。

AADC欠損症と診断されている患者は他に日本に2名おり、また、海外からの治療希望者も10人以上いる。AADC欠損症の診断は、髄液検査が必要なうえに、診断が困難なため、未診断の患者が存在する可能性もある。そのため、自治医科大ではAADC欠損症の酵素活性および遺伝子検査を可能にし、少量の血液で患者を早期に診断するスクリーニング体制を構築し、パイロットスタディを行っている。研究グループは今後、全国展開を行い早期診断・早期治療が行える体制を整えていくとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 肺動脈性肺高血圧症の新規治療標的として「ADAMTS8」を同定-東北大
  • インフルエンザウイルスに対するmtDNAを介した新しい防御機構を解明-東大医科研
  • 家族性円柱腫症、MIB2が脱ユビキチン化酵素CYLDを分解して炎症を促進-愛媛大
  • 肝臓のインスリン作用にセラミドの脂肪酸鎖長が関与、糖尿病新治療に期待—筑波大ら
  • 疾患原因タンパク質や機能不全ミトコンドリアなどを取り除く分子AUTACを発明-東北大