医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 歯周病の進行が呼吸機能の急速低下に関わる可能性-九大

歯周病の進行が呼吸機能の急速低下に関わる可能性-九大

読了時間:約 1分9秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月25日 AM11:45

世界の死因の第4位を占めるCOPD

九州大学は9月20日、歯周病の進行が呼吸機能の急速低下に関わることを明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院医学研究院衛生・公衆衛生学分野の二宮利治教授が主任を務める久山町研究の一環として、同大歯学研究院口腔予防医学分野の竹内研時助教と山下喜久教授らが、同医学研究院呼吸器内科学分野の松元幸一郎准教授らと共同で行ったもの。研究成果は「Scientific Reports」に掲載されている。


画像はリリースより

(COPD)は従来、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称で、近年世界的に増加傾向で、世界の死因の第4位を占める。COPDはたばこの煙を主とする有害物質を長期吸入し、成人期以降に呼吸機能の経年低下速度が急速化することで発症すると考えられている。

重度の歯周病、3年以内の呼吸機能急速低下が1.4倍高く

今回、研究グループは喫煙以外の要因を検討するため「」に着目。福岡県久山町の40歳以上成人1,650名の追跡調査データを分析し、呼吸機能検査による一秒量の急速低下との関連を検討した。その結果、喫煙などの影響を加味した上でも、歯周病の進行が最も軽度な集団に比べ、最も重度な集団は3年以内に一秒量の急速低下が起きる割合が1.4倍高く、歯周病が進行している人ほど呼吸機能の経年低下速度が急速化しやすいことがわかった。これにより、自宅や歯科医院での口の健康管理が、歯周病予防だけでなく、肺の健康を守るためにも重要である可能性が示されたとしている。

研究グループは「歯周病は、歯磨きなどのセルフケアや歯石除去などの歯科医院でのプロフェッショナルケアを組み合わせることで予防・管理することができる。肺の健康を守るために、口の健康をしっかりと守っていくことが今後重要になると考えられる」と述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 「未来の自分」に手紙を書くことが、ネガティブ感情の軽減に-京大ほか
  • 中学生でも肥満だと心血管代謝異常リスクが約3倍になる-新潟大ほか
  • 90歳以上急性期脳梗塞への血管内治療、内科治療のみより障害軽減の可能性-国循ほか
  • 血液脳関門における薬物の脳移行性を予測する新システムを開発-NIBIOHN
  • トラウマ体験の記憶から「恐怖感」を消し去る分子スイッチを発見-東大ほか