医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > ATLに対するモガムリズマブの治療効果を予測できる遺伝子異常を同定-名古屋市大ら

ATLに対するモガムリズマブの治療効果を予測できる遺伝子異常を同定-名古屋市大ら

読了時間:約 1分25秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月27日 AM11:30

日本国内ではATL以外のT細胞リンパ腫で承認

名古屋市立大学は6月22日、)に対する抗CCR4抗体薬「(R)」(一般名:)の治療効果を予測する遺伝子異常を明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院医学研究科の稲垣宏教授、坂本祐真大学院生、岩手医科大学医学部の石田高司教授、今村総合病院の宇都宮與名誉院長兼臨床研究センター長らとの共同研究によるもの。研究成果は米科学雑誌「Blood」に掲載された。


画像はリリースより

ATLは、(HTLV-1)という名のウイルスによって引き起こされる、治療が困難なT細胞白血病/リンパ腫。モガムリズマブは、白血病/リンパ腫細胞に発現するCCR4タンパクに対する抗体治療薬で、名古屋市立大学グループ、今村総合病院と協和発酵キリン株式会社が2001年より共同研究を開始し、その成果として、日本において、ATL以外のT細胞リンパ腫の適応で承認されている。また、欧米で実施された大規模治験で皮膚T細胞リンパ腫に高い治療効果を示し、2017年にはFDAによりBreakthrough Therapy(画期的治療)に指定されている。

5年後の生存率、CCR4遺伝子変異の有無で73%vs26%

研究グループは、多数のATL患者で白血病細胞を解析。その結果、33%の患者にCCR4(異常)を認めたという。また、モガムリズマブを含む治療を受け、かつ造血幹細胞移植治療を受けずに治療を終えたATL患者を解析したところ、CCR4遺伝子異常を有する患者の治療開始5年後の生存率は73%、CCR4遺伝子異常を有さない患者では26%だった。

これらの結果から、CCR4遺伝子異常を有するATL患者は、CCR4遺伝子異常を有さないATL患者に比較し、モガムリズマブの治療反応性が極めて良好であること、CCR4遺伝子異常を有するATL患者は、治療効果は高い反面、副作用が強い造血幹細胞移植治療を受けずとも、モガムリズマブ治療によって、長期間にわたり白血病を抑え込める可能性が高いことが明らかとなった。

今回の研究成果について、研究グループは、「ATL以外のさまざまなT細胞白血病/リンパ腫に(モガムリズマブが)適応される可能性がある」と述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 日本人5万人の全ゲノム解析完了、3.8万人分のリファレンスパネル公開-ToMMo
  • 統合失調症、患者がもつ「社会認知に関する困難感」が対人関係などに影響-東邦大ほか
  • 膵臓がん、cGAS-STING活性化で免疫治療の効果を増強できる可能性-東京医歯大ほか
  • 不適切な成育環境で、成長後に社会性低下等が生じる脳の仕組みをマウスで解明-NCNP
  • 肺高血圧症、オメガ3脂肪酸の代謝物が進行を抑えることを発見-慶大