医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > バイエル薬品 2014年の売上は2491億円、前年比12.4%増

バイエル薬品 2014年の売上は2491億円、前年比12.4%増

読了時間:約 1分21秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年04月07日 PM04:30

」と「」が成長を牽引

バイエル薬品株式会社は4月7日に東京で記者会見を開催し、2014年の売上高は、対前年12.4%プラスの2491億円となったことを発表した。


バイエル薬品株式会社 代表取締役社長
カーステン・ブルン氏

2013年の16.5%プラスに続く2年連続の二けた成長となった。成長を牽引したのは、新規経口抗凝固薬の「イグザレルト(R)錠」と眼科用VEGF阻害剤の「アイリーア(R)硝子体内注射液」だ。イグザレルトの2014年の売上高は約403億円、経口抗凝固薬市場における金額シェアは40.1%を占め、市場をリードしている。アイリーアの2014年の売上高は約274億円、マーケットシェア(2015年1~2月累計の数量ベース)は55.2%を占めている。

また、同社代表取締役社長のカーステン・ブルン氏は成長を続けた背景の1つに安定した製品ポートフォリオを挙げた。2014年に同社は11品目で承認申請を行い、6品目の承認を取得しているが、売上高における「後発品なし」製品の割合は、2007年の13%から急速に拡大、2014年は計画を大きく上回る71%が「後発品なし」の製品によるものとなった。

「イノベーションそのものが最大の防衛戦略」とブルン氏

同社では2015年の目標として、市場成長率の3倍の成長ならびに後発品なし製品の割合を75%以上とすることを掲げた。その成長を牽引する製品として、ブルン氏は前出のイグザレルト、アイリーアのほか、肺高血圧症治療薬「(R)錠」の3つを挙げた。「申請件数の目標などは開示できないが、2015年は52件の第2相ならびに第3相臨床試験を予定するなど、パイプラインは充実しています」(ブルン氏)

また、日本の大学等の研究機関との提携機会を開拓し、革新的治療薬の創出を目指す「オープンイノベーションセンター」の現状に加え、医療に貢献するデジタルソリューションの助成プログラムを初めとした「デジタルヘルス・イニシアティブ」の取り組みを発表。「市場の成長力が鈍るなか、イノベーションそのものが私たちの最大の防衛戦略だと思っています」(ブルン氏)

▼外部リンク
バイエル薬品株式会社 ニュースリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 悪性高熱症、RyR1変異による熱産生暴走メカニズムを解明-阪大ほか
  • 食道がん、ゲノム情報+AIで術前化学療法の効果予測に成功-理研ほか
  • 卵巣がんにおける三次リンパ様構造形成メカニズムと予後への影響を解明-京大ほか
  • 妊婦の喫煙は妊娠高血圧症候群のリスク増、欧州と正反対の結果-成育医療センターほか
  • 急性赤白血病、ゲノム解析で4つのサブグループに分類し治療標的も発見-京大ほか