医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 長崎大 食事制限による寿命延長・抗老化にNPYが必須であることを明らかに

長崎大 食事制限による寿命延長・抗老化にNPYが必須であることを明らかに

読了時間:約 54秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年04月20日 PM12:00

悪性腫瘍の発生頻度が上昇

長崎大学は4月9日、医学部・病理学の下川功教授、千葉卓哉准教授(現在は早稲田大学人間科学学術院 早稲田大学応用脳科学研究所 教授)のグループが、ニューロペプチドY(NPY)が食事制限による寿命延長効果・抗老化作用に関し重要な役割を果たしていることを明らかにしたと発表した。


(画像はプレスリリースより)

研究グループは、NPY遺伝子を欠損したマウスに対してカロリー制限を行っても寿命が延長しないことを明らかにした。さらに死因を解析した結果、NPY遺伝子欠損マウスは、カロリー制限を行っているにもかかわらず、悪性腫瘍の発生頻度が上昇していることが認められたという。

一方で摂食行動やエネルギー代謝に異常は認められないことから、カロリー制限による寿命延長効果・抗老化作用には、NPYが必須であることを見いだしたとしている。

薬やサプリメント開発に期待

自由に食べることができる量を30%程度減らすことで寿命が延長することは認められているものの、その分子機序はこれまで明らかではなかった。プレスリリースでは

これらの研究成果から、NPY量増加を促す薬やサプリメントを開発することは、老化に伴って発症率が増加する様々な疾患の治療薬になると期待されます。(長崎大学 プレスリリースより引用)

と述べられている。(小林 周)

▼外部リンク

長崎大学 プレスリリース
http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/about/info/science/

このエントリーをはてなブックマークに追加
TimeLine: ,
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 「中耳真珠腫」の進展範囲をCTのみで診断するAIを開発、世界初-慈恵大ほか
  • コロナ禍の大気中の成分変化、日本特有の「自主的な行動制限」を示す-千葉大
  • PM2.5が妊娠糖尿病に関連の可能性、日本の妊婦対象の疫学研究で-東邦大ほか
  • 透析アミロイドーシス、血清アルブミン減が発症リスクを高める可能性-阪大ほか
  • 難治性の悪性神経膠腫、ゲノム編集とiPS細胞技術による遺伝子細胞治療法を開発-慶大