医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > PhRMA 米国におけるパーキンソン病治療薬開発の最新報告書を発表

PhRMA 米国におけるパーキンソン病治療薬開発の最新報告書を発表

読了時間:約 1分12秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年04月11日 PM02:00

37種類の新薬が開発中

米国研究製薬工業協会(以下、PhRMA)は現地時間3月24日、米国におけるパーキンソン病治療薬開発について最新報告書をまとめたことを発表した。

報告書によると、パーキンソン病の患者は世界で1千万人といわれており、PhRMAに加盟するバイオ医薬品開発製薬企業では、これらのパーキンソン病患者救済のために37種類の新薬を開発しているという。

(画像はwikiメディアより引用)

この37種類の新薬は現在すべて臨床試験中、もしくは米食品医薬品局(FDA)の審査を受けている段階にある。37種類のうち23種類がパーキンソン病に対する新薬、11種類が関連疾病に対するもの、3種類が診断用医薬品となる。

米国では2番目に多く見られる神経変性疾患

米国におけるパーキンソン病患者の正確な数は把握されていないが、推定では150万人に上り、米国では2番目に多い神経変性疾患だ。また、米国において毎年新たに診断される患者は6万人だが、この数には診断を受けていない潜在的患者は含まれていない。

パーキンソン病の患者数は2040年までに2倍以上になると予想されている。対処法が求められており、変性および異常が頻繁に見られる脳の受容体を対象とする新薬の開発、運動を司る脳の領域を対象とした遺伝子治療、経鼻投与製剤、経腸投与ジェルなど、現在承認されている治療法の新たな薬物送達メカニズムの研究、といった新たな取り組みが進められている。

PhRMAのジョン・J・カステラニ理事長兼CEOは今回の発表に伴い、

現在開発中の40種類近くの医薬品は、私たちの活動とともに、パーキンソン病が世界中の患者さん、公衆衛生、また経済に及ぼしている大きな負担を軽減させることができるという大きな希望を与えてくれる存在なのです。(米国研究製薬工業協会 プレスリリースより引用)

と述べている。(伊藤海)

▼外部リンク

米国研究製薬工業協会 ニュースリリース
http://www.phrma-jp.org/archives/pdf/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 遺伝性の前頭側頭型認知症、タウ蓄積にさまざまな遺伝的・環境的要因が影響か-量研
  • 従来の約2倍の追従性と約1.4倍の耐圧強度を有する肺手術用接着剤を開発-物財機構
  • 新生児「大脳白質変性症」の原因がKARS遺伝子異常であると世界で初めて発見-NCNP
  • 自閉症の症状、脳内の局所的な神経情報処理特性と関連-理研
  • 妊婦の血中水銀とセレンが出生時体格に与える影響は?-国環研ら