医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 日清オイリオ 要介護者の夏場の体調変化を調査

日清オイリオ 要介護者の夏場の体調変化を調査

読了時間:約 52秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年07月15日 PM02:13

インターネットで家族を対象に

日清オイリオグループ株式会社は7月10日、「要介護者に見られる夏場の体調変化」についてのアンケート結果を発表した。

(この画像はイメージです)

このアンケート調査は、トロミ調整食など高齢者・介護対応食品を製造・販売している同社が定期的に実施している在宅介護事情調査の第5弾として行われたもの。6月14日(金)~6月17日(月)にインターネットを通じ、60歳以上の要介護者を在宅で介護している家族100人を対象に調査された。

夏は栄養摂取が特に必要

調査の結果、7割以上の要介護者に何らかの体調変化が見られ、その内訳は「ぼんやりとしていることが増える」が27%、「食欲が落ちた」が26%、「便秘や下痢が増えた」が20%、「体重が減った」が16%となっている。

専門家のコメントとして発表記事では

夏には、誰でも食事量が減りがちですが、要介護者はもともとの体力が低いので、食事量の減少による体調不良の影響が大きく、涼しくなってからでも回復が遅くなります。食事量が減少する時には、エネルギーやたんぱく質などが強化された食品を活用して栄養素を補い、低栄養を予防することも必要でしょう。(日清オイリオグループ株式会社発表記事より引用)

と掲載されている。(小林 周)

▼外部リンク

日清オイリオグループ株式会社 発表記事
http://www.nisshin-oillio.com/company/news/archive/

このエントリーをはてなブックマークに追加
TimeLine: ,
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 核酸医薬MIRX002、悪性胸膜中皮腫対象・医師主導P1治験で1例目に投与-広島大ほか
  • 骨芽細胞がオートファジーで活性化する仕組みを解明、マウス骨粗鬆症抑制も-阪大ほか
  • 妊婦の新型コロナ患者の疫学的・臨床的な特徴を解明-成育医療センターほか
  • ワクチン接種の心理的要因を3か国比較、共通点と相違点を明らかに-山口大ほか
  • ビフィズス菌MCC1274のアルツハイマー予防効果をマウスで確認-名古屋市立大ほか