医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

医院経営 記事一覧

この記事は医療者のみが閲覧する事ができます。

あなたは医療者ですか?

のせ歯科医院 能勢雅光院長

のせ歯科医院 能勢雅光院長

開業して14年目、全てが順調に見えたある日、脳内出血は起きた。しかも人生2度目であった。もし出血場所が悪かったり、出血量が多かったり、救急車に乗るまで時間が経っていたら、どうなっていたか分からない。幸いにも命は助かったが、言語障害(構音障害)が残った… 続きを読む

読了時間:約 5分  2012年02月21日
習志野台整形外科内科 宮川一郎院長

習志野台整形外科内科 宮川一郎院長

私は、第三者の紹介でいわゆる「継承開業」した。ゼロから全てを始める「新規開業」と違って、「患者数を徐々に増やして経営を軌道に乗せる」までの時間を大幅に圧縮できる。私は新しいことをどんどん試したいタイプなので、この手法は正解だった… 続きを読む

読了時間:約 4分44秒  2012年01月31日
井上歯科医院 井上宏一院長

井上歯科医院 井上宏一院長

どんなクリニックの先生も同じだと思うが、開業して半年は苦しかった。しかも私の場合は、開業の2ヶ月後に麻疹に罹った。「よりによってこのタイミングで!」と思ったが、感染症を持ちながら診療を続けるわけにはいかない。予約をキャンセルして1週間、休診にした… 続きを読む

読了時間:約 4分1秒  2011年11月09日
翠皮フ科・アレルギー科 飯塚仁院長

翠皮フ科・アレルギー科 飯塚仁院長

開業を決断したのは、院長として勤めていたクリニックを辞めることになったことが直接のきっかけだった。もともと開業を考えていたわけではなく、大学病院や一般病院に戻るという選択もあったものの、仮に開業するとしたら機会はこのタイミングしかないのではと思った… 続きを読む

読了時間:約 6分46秒  2011年10月04日
とよしまクリニック 豊島治院長

とよしまクリニック 豊島治院長

自らの経験で感じたことだが、「最初からうまくいくはずがない」と思っておくことが必要かもしれない。どんなに準備をしても、実際に開業してみないとわからないことのほうが多い… 続きを読む

読了時間:約 6分51秒  2011年09月20日
ながのクリニック 永野靖彦院長

ながのクリニック 永野靖彦院長

30軒以上の物件を見て回った。実は当院がある戸塚駅には今まで降りたことがなく、物件を見にきたときにはじめて降りた駅だった。しかし見回ってみると、勤務先であった横浜市立大学病院の関連病院が周囲に何軒かあり… 続きを読む

読了時間:約 6分44秒  2011年08月23日
戸塚ヒロ眼科 佐久間浩史院長

戸塚ヒロ眼科 佐久間浩史院長

個人開業のクリニックは、患者さんは医師個人を目指してやって来る。よって「この先生、嫌だな」「診てもらいたかった先生じゃない」と思われたら、患者さんはすぐに居なくなってしまう… 続きを読む

読了時間:約 6分48秒  2011年06月28日
大宮セントラルクリニック  外山聡彦院長

大宮セントラルクリニック  外山聡彦院長

後で述べるが、私はこだわった診療ポリシーを持っている。こだわりは往々にして、症例数を減らし、収益を圧迫する。医院経営は事務長に一任しているが、彼の提示する数字はシビアだ。経営面だけを考えるなら、「今月は物品を購入するから、症例数が○件必要」「よし、それなら診る患者さんを増やして帳尻を合わせよう」といった調整もあり得るが、私の場合はそんな柔軟にはできない… 続きを読む

読了時間:約 5分45秒  2010年10月19日
医療法人 おいだ産婦人科 種田征四郎院長

医療法人 おいだ産婦人科 種田征四郎院長

医院経営について、スタッフ確保や患者とのトラブルなど一通りの苦労はあるが、とても印象に残っている反省すべき出来事がある。もう10年以上も過去のことだが、患者さんから匿名でハガキが送られてきた。そこには、日ごろの私の診療態度に対する不満が書かれていた… 続きを読む

読了時間:約 4分58秒  2010年09月07日
ちかしげクリニック  近重民雄院長

ちかしげクリニック  近重民雄院長

別の場所で9年開業していたが、当地にクリニックを移転した。理由は、JRの駅から近い物件だったからということ。単純に物事を決めてはいけなかったと反省している。よほど特別な事情がないかぎり、開業地の移動は元の場所から半径500m以内にしておくべきだった… 続きを読む

読了時間:約 5分34秒  2010年08月24日