医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

武田薬品のデング熱ワクチン候補がピボタル臨床試験で4年半にわたりデング熱に対する持続的な予防効果を示す

2022年06月14日 AM12:22
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

大阪 & 米マサチューセッツ州ケンブリッジ

(ビジネスワイヤ) — 武田薬品TSE:4502/NYSE:TAK)は本日、当社のデング熱ワクチン候補であるTAK-003が、ピボタル第3相「デング熱に対する4価ワクチン予防接種の有効性試験」(Tetravalent Immunization against Dengue Efficacy Study、TIDES)で、ワクチン接種後4年半(54カ月)にわたり、血清陽性者および血清陰性者の両方を含む全体集団で、デング熱による入院の84%、症候性デング熱発症の61%を予防し、重要な安全性リスクも確認されなかったと発表しました。これらのデータは、2022年6月9日に第8回北欧旅行医学会(NECTM8)で発表され、今後開催される他の学会でも試験結果の報告が計画されています。

デューク・シンガポール国立大学(Duke-NUS)メディカルスクールのEng Eong Ooi博士(Ph.D.、M.D.)は、次のように述べています。「デング熱がもたらす負担は影響範囲が広く、世界人口の半分以上が毎年、デング熱感染の危険にさらされています。この疾患と闘うために、効果的な予防ツールが緊急に必要です。TIDES試験の長期結果から、 TAK-003は、特に入院防止効果を持つことを示した点を考えれば、デング熱を予防するための限られた手段に加わる可能性があり、大きな意味を持ちます。」

4年半を通じ、TAK-003はデング熱による入院に対して84.1%のワクチン有効性(VE)(95% CI: 77.8、88.6)を示し、VEは血清陽性者で85.9%(78.7、90.7)、血清陰性者で79.3%(63.5、88.2)でした。TAK-003はまた、ウイルス学的に確認されたデング熱(VCD)に対して61.2%(95% CI: 56.0、65.8)の全体的な有効性を示し、VEは血清陽性者で64.2%(58.4、69.2)、血清陰性者で53.5%(41.6、62.9)でした。VEの観察結果は血清型により異なっていましたが、既報の結果との一貫性を維持していました。TAK-003は全般的に忍容性が良好で、重要な安全性リスクは確認されませんでした。フォローアップ期間54カ月の探索的解析から、疾患増強の証拠は認められませんでした。

武田薬品グローバル・ワクチン・ビジネス・ユニットのプレジデントであるゲイリー・デュビンは、次のように述べています。「デング熱は複雑かつ世界的な疾患で、TIDES試験はこの点を考慮し、デング熱流行地域であるラテンアメリカとアジアのデング熱未感染集団とデング熱既感染集団の両方を対象に含め、4年半をかけて評価するようにデザインされています。これらの結果が一貫して、TAK-003の有効性と安全性、デング熱に対する長期的な予防効果を示していることを誇りに思います。」

これらの新たな長期結果は、以前発表されたTIDES試験のデータを補完するものです。発表済みのデータでは、本ワクチン候補が12カ月後の追跡調査で80.2%の有効性を示してVCDに対する全般的なVEの主要評価項目を達成し、また18カ月後の追跡調査時に十分な数のデング熱症例があり、デング熱入院に対する90.4%のVEを含め、副次評価項目もすべて達成したことを示しています。初回接種(2回投与)に対する長期追跡は完了しましたが、TIDES試験はブースター接種の安全性および有効性を評価するために継続中です。TIDES試験は、武田薬品がこれまでに実施した中で最大規模の介入臨床試験であり、過去4年半にわたり、デング熱流行国8カ国における4~16歳の健康な小児・若年層被験者2万人以上が組み入れられました。

TAK-003は現在、欧州連合および一部のデング熱流行国において、小児および成人におけるデング熱の予防を適応症として規制当局の審査を受けています。

TAK-003について

武田薬品の4価デング熱ワクチン候補(TAK-003)は、4種のワクチンウイルス型すべての遺伝子型の「バックボーン」として弱毒化された生の2型デングウイルスをベースとしています1。TAK-003は、小児と若年層を対象とした第2相臨床試験のデータにおいて、本ワクチン接種前血清反応が陽性および陰性のいずれの被験者においても、4種すべてのデングウイルス血清型に対して免疫応答を誘導し、これはワクチン接種後48カ月間持続しました。また本ワクチンは全般的に安全で、良好な忍容性を示しました2。ピボタル第3相「デング熱に対する4価ワクチン予防接種の有効性試験」(Tetravalent Immunization against Dengue Efficacy Study、TIDES)では、本ワクチン2回目接種後12カ月の追跡調査期間におけるウイルス学的に確認されたデング熱(VCD)に対する全体的なワクチン有効性(VE)という主要評価項目が達成され、また評価に十分なデング熱症例数を確保できた18カ月の追跡調査期間における副次評価項目(デング熱による入院に対するVE、被験者の本ワクチン接種前血清反応が陽性か陰性かに応じたVEなど)もすべて達成されました3,4。ワクチンの有効性は、デングウイルスの血清型により異なりました。結果からTAK-003の忍容性は全般的に良好であることが実証されており、現在までのところ重要な安全性リスクは観察されていません。

第3相TIDES(DEN-301)試験について

二重盲検ランダム化プラセボ対照第3相「デング熱に対する4価ワクチン予防接種の有効性試験」(Tetravalent Immunization against Dengue Efficacy Study、TIDES)は、小児・若年被験者で、4種の血清型のいずれかによって引き起こされ、検査で確認されたあらゆる重症度の症候性デング熱の予防で、TAK-003を2回投与した場合の安全性と有効性を評価する試験です3。被験者を2:1の割合でランダムに割り付け、TAK-003 0.5 mLまたはプラセボを0カ月時および3カ月時に2回皮下投与しました3。試験は5つのパートで構成されています。パート1と主要評価項目の解析では、2回目の投与から12カ月後までのワクチンの有効性(VE)と安全性を評価しました3。本試験のパート2ではさらに6カ月継続し、デング熱による入院に対するVEを含め、血清型別、ベースラインにおける血清状態別、疾患重症度別の有効性に関する副次評価項目の評価を行いました3。パート3では世界保健機関(WHO)の勧告に従い、さらに2年半から3年かけて被験者を追跡調査し、有効性および長期安全性の評価を実施中です5。パート4では追加免疫接種後13カ月間の有効性および安全性を評価し、パート5ではパート4が完了してから1年間の長期的な有効性および安全性を評価します5

本試験が実施されているのは中南米(ブラジル、コロンビア、パナマ、ドミニカ共和国、ニカラグア)とアジア(フィリピン、タイ、スリランカ)のデング熱流行地域にある施設です。これらの地域ではデング熱予防に対する未充足ニーズがあり、重症型デング熱が小児における重篤疾患および死亡の主因となっています4。血清状態別の安全性と有効性の評価を行えるよう、本試験に参加する被験者全員からベースラインにおける血液サンプルを採取しました。武田薬品および専門家から成る独立データモニタリング委員会は、積極的な安全性モニタリングを継続的に行っています。

デング熱について

デング熱は、蚊媒介ウイルス感染症として最も急速に拡大しており、世界保健機関(WHO)によって2019年の「世界の健康に対する脅威トップ10」の1つに挙げられました6,7。デング熱は主にネッタイシマカ(Aedes aegypti)と、程度は低いもののヒトスジシマカ(Aedes albopictus)が媒介します。4種のウイルス血清型のいずれによっても引き起こされ、いずれの血清型もデング熱または重症型デング熱を引き起こす可能性があります。個々の血清型の罹患率は地理、国、地域、季節によって異なり、時間経過とともに変化します8。ある血清型のウイルスへの感染から回復した場合、その血清型に対してのみ生涯続く免疫を得ますが、後に他の血清型のウイルスに感染した場合、重症化のリスクが高まる可能性があります。

デング熱は流行しがちであり、熱帯と亜熱帯地域で流行が観察されており、最近では米国本土と欧州の一部でも流行しています9,10。現時点で世界人口の約半分がデング熱の脅威にさらされており、毎年世界全体で3億9000万人が感染し、50万人が入院し、2万人が死亡していると推定されています9,11。デング熱はあらゆる年齢層の人々が感染する可能性があり、中南米とアジアの一部の子供たちにとっては重篤疾患を引き起こす主因となっています9

武田薬品のワクチンに対する取り組みについて

ワクチンは、毎年350~500万人の生命を救い、世界の公衆衛生に劇的な変化をもたらしました12。武田薬品は、70年にわたり、人々の健康を守るため日本でワクチンを供給してきました。現在、当社のグローバルワクチンビジネスは、デング熱、新型コロナウイルス感染症、パンデミックインフルエンザ、ジカウイルス感染症など、世界で最も大きな課題となっている感染症に対し、最先端の取り組みを行っています。武田薬品はワクチン開発、製造およびマーケットアクセスに関する豊富な実績と深い知識を有しており、世界で最も緊急性の高い公衆衛生ニーズに対応すべく、パイプラインの充実に努めてまいります。詳細については、www.TakedaVaccines.comをご覧ください。

武田薬品について

武田薬品工業株式会社は、日本に本社を置き、自らの企業理念に基づき患者さんを中心に考えるというバリュー(価値観)を根幹とする、グローバルな研究開発型のバイオ医薬品のリーディングカンパニーです。武田薬品は、「すべての患者さんのために、ともに働く仲間のために、いのちを育む地球のために」という約束を胸に、革新的な医薬品を創出し続ける未来を目指します。研究開発においては、オンコロジー(がん)、希少遺伝子疾患および血液疾患、ニューロサイエンス(神経精神疾患)、消化器系疾患の4つの疾患領域に重点的に取り組むとともに、血漿分画製剤とワクチンにも注力しています。武田薬品は、研究開発能力の強化ならびにパートナーシップを推し進め、強固かつ多様なモダリティ(創薬手法)のパイプラインを構築することにより、革新的な医薬品を開発し、人々の人生を豊かにする新たな治療選択肢をお届けします。武田薬品は、約80の国と地域で、医療関係者の皆さんとともに、患者さんの生活の質の向上に貢献できるよう活動しています。詳細については、https://www.takeda.comをご覧ください。

留意事項

本留意事項において、「ニュースリリース」とは、本ニュースリリース(添付資料及び補足資料を含みます。)において武田薬品工業株式会社(以下、「武田薬品」)によって説明又は配布された本書類、口頭のプレゼンテーション、質疑応答及び書面又は口頭の資料を意味します。本ニュースリリース(それに関する口頭の説明及び質疑応答を含みます。)は、いかなる法域においても、いかなる有価証券の購入、取得、申込み、交換、売却その他の処分の提案、案内若しくは勧誘又はいかなる投票若しくは承認の勧誘のいずれの一部を構成、表明又は形成するものではなく、またこれを行うことを意図しておりません。本ニュースリリースにより株式又は有価証券の募集を公に行うものではありません。米国 1933 年証券法に基づく登録又は登録免除の要件に従い行うものを除き、米国において有価証券の募集は行われません。本ニュースリリースは、(投資、取得、処分その他の取引の検討のためではなく)情報提供のみを目的として受領者により使用されるという条件の下で(受領者に対して提供される追加情報と共に)提供されております。当該制限を遵守しなかった場合には、適用のある証券法違反となる可能性がございます。

武田薬品が直接的に、又は間接的に投資している会社は別々の会社になります。本ニュースリリースにおいて、「武田薬品」という用語は、武田薬品およびその子会社全般を参照するものとして便宜上使われていることがあり得ます。同様に、「当社(we、usおよびour)」という用語は、子会社全般又はそこで勤務する者を参照していることもあり得ます。これらの用語は、特定の会社を明らかにすることが有益な目的を与えない場合に用いられることもあり得ます。

将来に関する見通し情報

本ニュースリリース及び本ニュースリリースに関して配布された資料には、武田薬品の見積もり、予測、目標及び計画を含む当社の将来の事業、将来のポジション及び業績に関する将来見通し情報、理念又は見解が含まれています。将来見通し情報は、「目標にする(targets)」、「計画する(plans)」、「信じる(believes)」、「望む(hopes)」、「継続する(continues)」、「期待する(expects)」、「めざす(aims)」、「意図する(intends)」、「確実にする(ensures)」、「だろう(will)」、「かもしれない(may)」、「すべきであろう(should)」、「であろう(would)」「することができた(could)」、「予想される(anticipates)」、「見込む(estimates)」、「予想する(projects)」などの用語若しくは同様の表現又はそれらの否定表現を含むことが多いですが、それに限られるものではございません。これら将来見通し情報は、多くの重要な要因に関する前提に基づいており、実際の業績は、将来見通し情報において明示又は暗示された将来の業績とは大きく異なる可能性があります。その重要な要因には、日本及び米国の一般的な経済条件を含む当社のグローバルな事業を取り巻く経済状況、競合製品の出現と開発、世界的な医療制度改革を含む関連法規の変更、臨床試験成功の不確実性や規制当局による判断とその時期を含む臨床製品開発に伴う課題、新規および既存製品の商業上の成功の不確実性、製造上の困難や遅延、金利及び為替の変動、市場で販売された製品又は候補製品の安全性又は有効性に関するクレーム又は懸念等、新規コロナウイルス・パンデミックのような健康危機が、当社が事業を行う国の政府を含む当社とその顧客及び供給業者に及ぼす影響、買収対象企業とのPMI(買収後の統合活動)の時期及び影響、武田薬品の事業にとってのノン・コア資産を売却する能力及びかかる資産売却のタイミング、当社のウェブサイト(https://www.takeda.com/investors/sec-filings/)又はwww.sec.gov において閲覧可能な米国証券取引委員会に提出したForm 20-Fによる最新の年次報告書及び当社の他の報告書において特定されたその他の要因が含まれます。武田薬品は、法律や証券取引所の規則により要請される場合を除き、本ニュースリリースに含まれる、又は当社が提示するいかなる将来見通し情報を更新する義務を負うものではありません。過去の実績は将来の経営結果の指針とはならず、また、本ニュースリリースにおける武田薬品の経営結果は武田薬品の将来の経営結果又はその公表を示すものではなく、その予測、予想、保証又は見積もりではありません。

医療情報

本ニュースリリースには、製品についての情報が含まれておりますが、それらの製品は、すべての国で発売されているものではありませんし、また国によって異なる商標、効能、用量等で販売されている場合もあります。ここに記載されている情報は、開発品を含むいかなる医療用医薬品の効能を勧誘、宣伝又は広告するものではありません。

References

  1. Huang CY-H, et al. Genetic and phenotypic characterization of manufacturing seeds for tetravalent dengue vaccine (DENVax). PLoS Negl Trop Dis. 2013;7:e2243.
  2. Tricou, V, Sáez-Llorens X, et al. Safety and immunogenicity of a tetravalent dengue vaccine in children aged 2-17 years: a randomised, placebo-controlled, phase 2 trial. Lancet. 2020. doi:10.1016/S0140-6736(20)30556-0.
  3. Biswal S, et al. Efficacy of a tetravalent dengue vaccine in healthy children and adolescents. N Engl J Med. 2019; 2019;381:2009-2019.
  4. Biswal S, et al. Efficacy of a tetravalent dengue vaccine in healthy children aged 4-16 years: a randomized, placebo controlled, phase 3 trial. Lancet. 2020. 2020;395:1423-1433.
  5. ClinicalTrials.Gov. Efficacy, Safety and Immunogenicity of Takeda’s Tetravalent Dengue Vaccine (TDV) in Healthy Children (TIDES). Retrieved June 2022. (健康な小児における武田薬品の4価デング熱ワクチン(TDV)の有効性・安全性・免疫原性(TIDES))
  6. World Health Organization. Factsheet. Dengue and Severe Dengue. April 2019. Retrieved June 2022. (世界保健機関、ファクトシート、デング熱と重度デング熱)
  7. World Health Organization. Ten threats to global health in 2019. 2019. Retrieved June 2022. (世界保健機関、2019年版「世界の保健に対する10の脅威」)
  8. Guzman MG, et al. Dengue: a continuing global threat. Nature Reviews Microbiology. 2010;8:S7-S16.
  9. Knowlton K, et al. Mosquito-Borne Dengue Fever Threat Spreading in the Americas. The Natural Resources Defense Council (NRDC). 2009. Retrieved June 2022. (天然資源防護協議会、米大陸で蚊媒介デング熱の脅威が拡大)
  10. Chan E, et al. Using web search query data to monitor dengue epidemics: a new model for neglected tropical disease surveillance. PLoS Negl Trop Dis. 2011;5:e1206.
  11. Centers for Disease Control and Prevention. About Dengue: What You Need to Know. May 2019. Retrieved June 2022. (米国疾病対策センター、「デング熱について知っておくべきこと」)
  12. World Health Organization. Vaccines and immunization. 2022. Retrieved June 2022. (世界保健機関、2022年版「ワクチンと予防接種」)

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20220609005114/ja/

CONTACT

Media:

Japanese Media

Mika Shirai

mika.shirai@takeda.com

+81 3-3278-2407

U.S. and International Media

Rachel Wiese

rachel.wiese@takeda.com

+1 917-796-8703

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • 《新英格兰医学杂志》发表Fazirsiran治疗α-1抗胰蛋白酶缺乏症患者的二期研究结果
  • Twist Bioscience and Ildong Pharmaceutical Enter into a Collaboration to Enhance Antibody Discovery for Applications in Immuno-oncology
  • 沃博联结束战略评估,决定保留表现优异的博姿业务
  • BeiGene Announces Late-Breaking Data at ESMO GI Showing Overall Survival Benefit for Tislelizumab Plus Chemotherapy in First-Line Advanced or Metastatic Esophageal Squamous Cell Carcinoma
  • Work for Humankind:联想技术为偏远岛屿开启无限可能