医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PHCグループによる、SciMed (Asia) Pte Ltdの株式追加取得を通じたアジアにおけるライフサイエンス事業の強化について

2020年07月07日 AM10:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京

(ビジネスワイヤ) — PHCホールディングス株式会社(本社:東京都、以下「PHCHD」)は、当社のライフサイエンス製品の東南アジアおよびインドにおける主要販売代理店であるSciMed (Asia) Pte Ltd(本社:シンガポール、以下「SciMed」)との合意に基づき、同社の株式の55.01%を追加取得し、出資比率を従来の14.99%から70%に引き上げましたので、お知らせいたします。これにより、SciMedは当社グループの診断・ライフサイエンス事業ドメイン傘下で、PHCHDの連結子会社として、今後事業を行ってまいります。

SciMedは、シンガポールを拠点に、東南アジア、インドにおいてライフサイエンス機器の販売およびサービス事業を展開しています。同地域における幅広い販売ネットワーク、およびライフサイエンス分野に関する専門知識とサービス力により、同社は東南アジア市場における主要プレーヤーとしての地位を確立しています。当社は、ライフサイエンス事業の東南アジア、およびインドにおける主要販売代理店としてSciMedを位置づけ、 30年近くにわたる同社との緊密な連携を通じて、同地域におけるライフサイエンス事業を拡大してまいりました。

本合意は、PHCグループの既存事業の強化と、新たな製品およびサービスの拡充によりPHCグループのさらなる成長を目指す取り組みの一環です。当社は、2019年6月、サーモフィッシャーサイエンティフィックの解剖病理事業(現エプレディア)を、また、同年8月には株式会社生命科学インスティテュート傘下の株式会社LSIメディエンスを買収し、それぞれの診断事業およびヘルスケアサービス事業を強化しています。

PHCグループは、今後の成長戦略の柱の一つとして、引き続き、新興国における事業拡大を加速させます。このたびの株式の過半数取得によるSciMedの連結子会社化により、同社の有する顧客基盤やサービス力のさらなる活用が可能となります。これにより、インドなどにおける新たな市場機会を取り込み、市場シェアを拡大することで、ライフサイエンス事業のさらなる強化を図ります。また、当社グループが展開する他事業においても、SciMedの有するネットワークを活用することで、東南アジアおよびインドにおける顧客へのアクセスが可能となります。

PHCHDの代表取締役社長 兼 CEOであるMichael Klossは次のように述べています。
「このたびのSciMedの連結子会社化を嬉しく思います。近年、インドを含む新興国においては、ライフサイエンスの研究が大きく進歩しています。また、がんなどの患者数の増加やそれに伴う影響の拡大を背景に、同地域における診断事業の更なる成長が期待されています。このたびのSciMedの株式の過半数取得によって、当社グループは新興国における存在感を高め、事業成長を加速させることが可能と考えています。」

SciMedの代表取締役社長であるKeith Lowは次のように述べています。
「PHCグループの開発製造するライフサイエンス製品は、高品質で顧客の信頼も厚く、東南アジア市場において広く浸透しています。昨今では、中国の市場成長率を凌駕すると期待されているインド市場においても需要が増加しています。今後、当社は、PHCグループのさらなる支援の下、同グループのライフサイエンスおよび診断事業における将来の成長に貢献できると考えます。」

Michael Klossは続けて、次のように述べています。
「東南アジアおよび新興国において、より質の高い医療の実現と患者さんへの医療サービスの向上が求められています。PHCグループは人々の健康と豊かな社会づくりに貢献するソリューションを提供し、業界トップクラスのグローバルヘルスケア企業となることを目指して、これからも新たなチャレンジに取り組んでまいります。」

<PHCホールディングス株式会社について>

PHCホールディングス株式会社は、2014年に設立され、傘下にPHC株式会社やアセンシア ダイアベティスケアホールディングス株式会社、エプレディア、株式会社LSIメディエンスなどを持つグローバルヘルスケア企業です。健康を願うすべての人々に新たな価値を創造し、豊かな社会づくりに貢献することを経営理念とし、糖尿病マネジメント、診断、ライフサイエンスおよびヘルスケアサービスの事業領域において、開発、製造、販売、サービスを行っています。その製品・サービスは、世界125カ国以上のお客様にお使いいただいています。
www.phchd.com/jp/

<SciMed (Asia) Pte Ltdについて>

SciMed (Asia) Pte Ltdは、バイオメディカル、ライフサイエンス、ヘルスケア、創薬・製薬、研究機関、工業試験や農業市場に製品・サービスを供給しています。1992年に設立され、シンガポールに本社を置き、東南アジアやインドにおける幅広い販売ネットワークと、市場に精通した経験豊富な専門スタッフを有します。
www.scimed.com.sg/

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20200706005624/ja/

CONTACT

【お問い合わせ先】

PHCホールディングス株式会社

コーポレートコミュニケーション部

岡田 昌代

電話:03-6778-5311

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Ocular Therapeutix™ and AffaMed Therapeutics Announce License Agreement and Collaboration for DEXTENZA® and OTX-TIC in Asia
  • The McQuade Center for Strategic Research and Development Enters Collaboration Agreement with Rugen Holdings (Cayman) Limited to Develop Novel Treatment for Patients with Diverse Psychiatric Disorders
  • 国連世界都市デーを機に、G20のアーバン20(U20)エンゲージメント・グループがCOVID-19を受けて「世界都市強靭性基金」の創設を発表
  • ヴィーヴァがライスサイエンス業界と提携し、すべての企業やブランドの重要な連絡先・情報・サービスを確認するための全業界的な情報源を提供
  • 首尔伟傲世Violeds技术解决方案有效防止病毒在公共和多功能场所传播