医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ザ エスティ ローダー カンパニーズ、2019年の乳がんキャンペーンで願いを込めて世界をつなぐ

2019年10月03日 PM09:15
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ニューヨーク

(ビジネスワイヤ) — 世界のどこかで15秒ごとに1人の女性が乳がんと診断されています1。そのため、1992年より、ザ エスティ ローダー カンパニーズは、乳がんのない世界を目指す乳がんキャンペーンにおいて、あらゆる地域の人々を結集させてプラスの影響を及ぼし、命を救うことに取り組んできました。27年にわたり、ザ エスティ ローダー カンパニーズは行動を呼び起こし、世界有数の研究に資金を提供して治療を身近なものにし、この疾病に対する意識を世界的に高めてきました。乳がんを終わらせる時は今です(#TimeToEndBreastCancer)。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20191003005466/ja/

(写真:ビジネスワイヤ)

(写真:ビジネスワイヤ)

ザ エスティ ローダー カンパニーズは、エヴリン・H・ローダーがピンクリボンを共同設立して1992年に乳がんキャンペーンを開始して以来、乳がん知識啓発活動を主導してきました。1年後の1993年、エヴリン・ローダーは乳がん研究基金(BCRF)を設立しました。これは米国で最も高い評価を得ている非営利の乳がん研究支援団体であり、乳がんを根絶する世界で最も有望な研究の推進に取り組んでいます。このキャンペーンでは、世界の消費者、従業員、パートナーの共同支援を通して7900万ドル以上を調達し、世界的な研究、教育、医療サービスをサポートしています。BCRFを通じて6500万ドル以上が260件の医療研究助成金として提供されました。今年のキャンペーンでは、世界全体でさらに900万ドルを調達することを目指しています。

実際に効果があり、このキャンペーンがその一翼を担えたことは誇らしいことです。乳がんによる女性の死亡率は、1980年代後半から40%低下し2、BCRFの資金提供を受けた研究者は、乳がんの予防、診断、治療、生存におけるあらゆる飛躍的進歩に関わっています。現在では、乳がんについてより公然と話されるようになり、早期発見に関する重要なメッセージが命を救っています。早期発見による5年生存率は90%を上回っています3

ザ エスティ ローダー カンパニーズのウィリアム・P・ローダー執行会長は、このキャンペーンの使命を自信を持って支持し、亡くなった母の遺志を称え続けて、次のように述べています。「乳がんキャンペーンは、会社として行っている活動の最良の形を表しています。母のエヴリン・ローダーは、1992年にこのキャンペーンを開始した際に乳がんを終わらせるというビジョンを抱いていました。それ以来、私たちは、世界の従業員、パートナー、消費者の熱意により、乳がん知識啓発活動を主導してきました。私たちがこの病気の根絶に近づくために、研究、教育、医療サービスへの持続可能な投資を続け、母の遺志が生き続けていることを誇らしく思っています。」

研究と乳がんを患うすべての人たちを支援するザ エスティ ローダー カンパニーズの取り組みは揺るぎなく確固たるものです。乳がんは世界全体で女性にとって最も一般的ながんです。これは特に発展途上国で増えており、多くの症例は進行期に発見されています4。乳がんは全体で2番目に多いがんです5。男性も乳がんに罹ります。男性の乳がん発生率は833人中約1人です6

このキャンペーンでは、その使命に合わせた世界的取り組みを推進していきます。

  • 新しいソーシャルメディアで行動を呼びかけます。ピンクの口紅で手の甲にピンクのリボンを描いて乳がんを終わらせる時が今である(#TimeToEndBreastCancer)ことを示してインスタグラムに写真を投稿するというシンプルな行動で、世界中から支援者を結集し資金を調達します。これは#ELCdonatesでも行います。
    • @esteelaudercompaniesは、10月中に#TimeToEndBreastCancerと#ELCdonatesで公開されたすべてのインフィード・インスタグラムの投稿1件に対し25ドル(30分の研究に相当)、最大25万ドルを@bcrfcureに寄付します。25万ドルはBCRFの1年間の研究助成金に充てられます。
  • ニューヨーク市のエンパイア・ステート・ビルディング、パリのエッフェル塔、京都の清水寺などの建物、モニュメント、ランドマークを光輝くピンク色に照らし、乳房の健康についての意識を高めます。
  • 世界のザ エスティ ローダー カンパニーズの美容ブランド・カウンターで情報パンフレットとピンクリボンを配布します。
  • 4万8000人の従業員を動員して、地域社会にプラスの影響を与え、一丸となって行動を起こします。
  • ELCompanies.com/BreastCancerCampaignを通じてBCRFへの寄付を促進します。

長年にわたりキャンペーンのグローバル・アンバサダーを務めてきたエリザベス・ハーレーは、次のように述べています。「乳がんキャンペーンを代表し、ザ エスティ ローダー カンパニーズが毎年この理念の下に国際社会を団結させて動かしているパワフルな活動に注目が集まるよう支援することを光栄に思っています。私たちのメッセージを聞いてマンモグラム検査を受けたという話や、残念ながら乳がんと診断されたという話を聞くたびに、私はエヴリン・ローダーの使命を継続しなければならないことを思い起こします。私たちが資金を提供した研究が奏功し、この分野の多くのリーダーに語られています。また、多くのリーダーが大きな希望を持っていることも分かっています。私たちは治療に向けて大きく前進しており、その進歩に資金を提供し続けなければなりません!」

ザ エスティ ローダー カンパニーズのファブリツィオ・フリーダ社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「ザ エスティ ローダー カンパニーズは、長年にわたり世界中の地域社会に影響を及ぼそうと努めてきました。乳がんキャンペーンを通じた私たちの取り組みは、この目的を反映するものであり、当社の家族的価値観と文化を明らかにするものでもあります。当社は、キャンペーンの使命を達成するための努力を続け、乳がんのない世界を作り上げることを目指します。」

今年、ザ エスティ ローダー カンパニーズの19個の美容ブランド(エアリン、アヴェダ、ベッカ、ボビイ ブラウン、バンブル アンド バンブル、クリニーク、ダルファン、DKNY、ダナ キャラン、エスティ ローダー、グラムグロウ、ジョー マローン ロンドン、ラ・メール、ラボ シリーズ、オリジンズ、プリスクリプティブ、ロダン オリオ ルッソ、スマッシュボックス、トム フォード ビューティ)が、このキャンペーンの使命をサポートします。各ブランドは、ピンクリボン商品の販売やBCRFまたは世界中の他の慈善団体に寄付を行うことで貢献します。この内容は国や組織により異なります。

このキャンペーンは、当社の会社としてのあり方、従業員の献身的努力、当社の家族的価値観の証明であり、最も重要なこととして、地球市民としての活動を通して世界の命に良い影響を与えることができることを真の意味で表しています。乳がんを終わらせる時は今です(#TimeToEndBreastCancer)。

ザ エスティ ローダー カンパニーズの乳がんキャンペーンの詳細については、ELCompanies.com/BreastCancerCampaignをご覧ください。

ザ エスティ ローダー カンパニーズについて

ザ エスティ ローダー カンパニーズは、高品質のスキンケア、メークアップ、フレグランス、ヘアケア製品を製造・販売する世界的リーダー企業の1つです。当社の製品は約150の国と地域で販売され、そのブランドには、エスティ ローダー、アラミス、クリニーク、プリスクリプティブ、ラボ シリーズ、オリジンズ、トミー ヒルフィガー、M・A・C、キトン、ラ・メール、ボビイ ブラウン、ダナ キャラン ニューヨーク、DKNY、アヴェダ、ジョー マローン ロンドン、バンブル アンド バンブル、マイケル コース、ダルファン、トム フォード、スマッシュボックス、エルメネジルド ゼニア、エアリン、トリー バーチ、ロダン オリオ ルッソ、ルラボ、エディション・ドゥ・パルファン・フレデリック・マル、グラムグロウ、バイ・キリアン、ベッカ、トゥー フェイスドがあります。

ELC-C

ELC-I

  1. 出典:GLOBOCAN 2018 Breast Cancer Report(乳がんレポート)、国際がん研究機関(http://gco.iarc.fr/today/data/factsheets/cancers/20-Breast-fact-sheet.pdf
  2. 出典:米国がん協会、2019 Trends in Breast Cancer Deaths(乳がんによる死亡の動向) (cancer.org/cancer/breast-cancer/about/how-common-is-breast-cancer.html)
  3. 出典:米国がん協会、2019 Survival Rates for Breast Cancer(乳がん生存率)(https://www.cancer.org/cancer/breast-cancer/understanding-a-breast-cancer-diagnosis/breast-cancer-survival-rates.html)
  4. 出典:世界保健機関、2019, Breast Cancer: Prevention and Control(乳がんの予防と管理) (https://www.who.int/cancer/detection/breastcancer/en/index1.html)
  5. 出典:GLOBOCAN、2018 Report via World Cancer Research Fund(世界がん研究基金のレポート)、Breast Cancer Statistics(乳がん統計) (https://www.wcrf.org/dietandcancer/cancer-trends/breast-cancer-statistics)
  6. 出典:米国がん協会、2019 Key Statistics for Breast Cancer in Men(男性の乳がんに関する主要統計) (https://www.cancer.org/cancer/breast-cancer-in-men/about/key-statistics.html)

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20191003005466/ja/

CONTACT

Bari Seiden-Young

The Estée Lauder Companies

212-572-4475

bseiden@estee.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Solasia Announces Approval of episil® oral liquid in South Korea
  • Retrospective Real-World Comparative Analysis Highlights Safety of Vedolizumab and Anti-TNFα Therapies in Biologic-Naïve Patients with Ulcerative Colitis or Crohn’s Disease
  •  Vertex Announces Reimbursement of Cystic Fibrosis Medicines SYMDEKO® (tezacaftor/ivacaftor and ivacaftor) for Eligible Patients Ages 12 and Older, and ORKAMBI® (lumacaftor/ivacaftor) in Children Ages 2 to 5, With Certain CFTR Mutations in Australia
  • ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センター、世界経済フォーラム、ビル&メリンダ・ゲイツ財団が広域流行病シミュレーション・ライブ配信を主催
  • がん免疫療法におけるスティーブン・ローゼンバーグ博士の偉業が日本の若い研究者の刺激に、幹細胞に関する第14回フジオカップクイズはインドのチームが優勝