医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

レスメド、在宅医療/ホスピスケアエージェンシー向けにクラウドベースのソフトウエアやサービスを提供するHEALTHCAREfirstを買収

2018年06月01日 PM11:28
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

サンディエゴ

(ビジネスワイヤ) — コネクテッドヘルスケアソリューションの世界的リーダーであるレスメド(NYSE:RMD、ASX:RMD)は本日、在宅医療/ホスピスケアエージェンシー向けにソフトウエアソリューションやサービスを提供する非公開企業のHEALTHCAREfirst(ヘルスケアファースト)を買収する正式契約を締結したと発表しました。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。: https://www.businesswire.com/news/home/20180601005534/ja/

HEALTHCAREfirstは、在宅医療/ホスピスケアエージェンシーがそれぞれの臨床/財務/管理プロセスの最適化を実現するための電子カルテ(EHR)ソフトウエア、請求およびコーディングのサービス、高度な分析サービスを提供しています。HEALTHCAREfirstは、Brightreeが提供しているレスメドの既存のソフトウエアソリューションを補完するものとなります。Brightreeは完全所有の子会社として、米国でトップ100に入るヘルスケアIT企業です。

レスメドのSaaS事業担当プレジデントであるRaj Sodhiは、次のように述べています。「在宅医療とホスピスケアの各分野は規模が大きく急成長中ですが、その原因は慢性疾患の有病率上昇と、高齢化人口が在宅医療やその他の低コスト医療環境へと移行しているためです。HEALTHCAREfirstのソリューションスイートにより、レスメドはこの拡大中の高齢化人口を効率的かつ効果的に管理することで、患者とその家族、エージェンシー、保険者に利点を提供することができます。」

HEALTHCAREfirstの社長兼最高経営責任者(CEO)であるJ・ケビン・ポーターは、次のように述べています。「一息ごとによりよい毎日を過ごせるよう生活を変革するという目的を持ってレスメドに加わるのは、HEALTHCAREfirstの当社チームにとって大いに期待できる機会をもたらします。両社共通の使命は、病院外で医療を受けている患者の生活の質を向上させることに関連しているからです。両社の資源と投資能力が相まって、患者体験と、診療報酬および規制関連で強い圧力を受けている状況下の顧客の事業成果に対し、より一層インパクトのある改善をもたらすと考えています。」

本取引の財務面の条件は公開されていませんが、取引はレスメドの連結決算に大きな影響を及ぼしません。取引は、規制当局からの承認を含む慣習的な完了条件を前提に、レスメドの2019年会計年度第一四半期末(2018年9月30日)までに完了する見込みです。

レスメドについて

世界有数のコネクテッドヘルス企業であるレスメド(NYSE: RMD、ASX: RMD)は、500万台以上のクラウド接続デバイスを日常的な遠隔患者モニタリングに供しており、一息ごとによりよい毎日を過ごせるようにしています。当社の受賞歴のあるデバイスとソフトウエアソリューションは、睡眠時無呼吸症、慢性閉塞性肺疾患、その他の呼吸器疾患の治療と管理に役立ちます。社員6000人の当社チームは、患者の生活の質を高め、慢性疾患の影響を低減し、医療費を節約すべく、懸命の努力を120カ国以上で行っています。ResMed.com

HEALTHCAREfirstについて

HEALTHCAREfirstは在宅医療およびホスピスケアの何千という全米のプロバイダー向けに、事業や臨床業務の改善を目的に、クラウドベースの技術やサービスを提供しています。当社は米ミズーリ州スプリングフィールドに拠点を置き、この種のプロバイダーとしては成長速度が最速の企業の1つとして、エージェンシー/臨床管理ソフトウエア、収益サイクル管理の外部委託サービス(請求、コーディング、OASISレビュー)、CAHPS調査、高度な分析サービスを、あらゆる組み合わせにて提供しています。HEALTHCAREfirstの広範なソリューションは、エージェンシーにとって、患者ケアを改善し、業務効率を達成して、収益性を高め、CMS規則の順守を平易にする上で、それだけで事足りるものとなります。各エージェンシーはHEALTHCAREfirstと提携することで文書業務よりも患者に集中することができます。詳細情報については800.841.6095までお電話いただくかhealthcarefirst.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20180601005534/ja/

CONTACT

ResMed
For media:
Jayme Rubenstein, +1
858-836-6798
news@resmed.com
or
For
investors:

David Pendarvis, +1 858-836-5000
investorrelations@resmed.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • CANbridge Life Sciences Receives Approval to Commence CAN017 Ib/III Trial in Esophageal Squamous Cell Cancer (ESCC) In China
  • AVEO Announces Acceptance of CANbridge Investigational New Drug Application for CAN017 (AV-203) Trial in Esophageal Squamous Cell Cancer (ESCC) in China
  • STAAR Surgical and Shinjuku LASIK Clinic in Japan Announce Strategic Cooperation Agreement
  • 新研究调查诊断性多通道睡眠检查之前采用Masimo SET®脉搏氧饱和度仪居家监测筛查唐氏综合征患儿罹患阻塞性睡眠呼吸暂停的风险
  • ダウン症候群の小児を対象とする睡眠時障害診断のマルチチャンネル研究に先立つ閉塞性睡眠時無呼吸症リスクのスクリーニングとしてMasimo SET®パルスオキシメトリーを使用するホームモニタリングの有用性を検討する新研究