医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

治験・臨床研究のペーパーレス化とコスト削減を実現する文書管理クラウドサービス「Agatha(アガサ)」が5月16日からアメリカ、ヨーロッパ、アジアへ提供開始

2017年05月16日 AM10:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京

(ビジネスワイヤ) — 医療・医薬分野向けクラウドサービス「Agatha(アガサ)」が日本国内での多くの導入・活用実績をふまえて海外マーケットへ本格進出します。6月18日(日)~22日(木)にアメリカ・イリノイ州シカゴで開催される「DIA(Drug Information Association)」の DIA Annual Meeting 2017(DIA 2017年年次会合)に出展し、世界の医療・医薬分野関係者にサービスリリースをアナウンスします。「Agatha(アガサ)」は医療・医薬分野で必要とされるコンプライアンス要件に準拠した文書管理クラウドサービスです。治験・臨床研究のペーパーレス化とコスト削減を全世界のお客様に提供していきます。

医療・医薬分野の基盤づくりを通して社会に貢献するアガサ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鎌倉千恵美)は、治験・臨床研究のペーパーレス化とコスト削減を実現する文書管理クラウドサービス「Agatha(アガサ)」の国内における導入・活用実績をふまえて、2017年5月16日(火)からアメリカ、ヨーロッパ、アジア各国・地域へのサービス提供を開始します。

▼ 医療・医薬業界向け文書管理クラウドサービス「Agatha(アガサ)」紹介ページ(日本語):http://www.agathalife.com/

▼ 医療・医薬業界向け文書管理クラウドサービス「Agatha(アガサ)」紹介ページ(英語):http://www.agathalife.com/en

■国内の医療機関・医薬業界での豊富な導入・活用実績をふまえて世界各国・地域のマーケットへ本格進出!

アガサ株式会社は医療・医薬分野を対象に治験・臨床研究のペーパーレス化と大幅なコスト削減を実現する文書管理クラウドサービス「Agatha(アガサ)」を、2017年5月16日(火)からアメリカ、ヨーロッパ、アジア各国・地域へ提供開始します。

「Agatha(アガサ)」は、プロジェクト単位でドキュメントの共有・管理・保存など完全なペーパーレス化を実現するとともに、厚生労働省のER/ES指針をはじめGxP文書管理のコンプライアンス要件に準拠するなど国内外の法規制に対応した医療・医薬業界向け文書管理クラウドサービスです。

医療機関、製薬企業、医療機器企業、CRO(医薬品開発業務受託機関)、SMO(治験施設支援機関)、臨床検査会社などの治験・臨床研究の文書を扱う法人、団体および個人を主なユーザーとして、次の特徴やメリットを実現しています。

1.圧倒的に低価格な初期費用と導入・活用を実現
通常は数百万円以上とされる導入・活用コストを月額最低415円~/ユーザー(アカデミア価格)と圧倒的にリーズナブルな料金設定を実現しています。

2.完全なペーパーレス化とロケーションフリーを実現
紙への出力、コピー、郵送や持ち運びなど、これまでのドキュメント管理の煩雑さや手間、時間を解消するクラウドファイル共有を実現。ドキュメントのすべてを電子化し、常に最新版にアクセスできるので、場所や時間を問わずスピーディーなコミュニケーションが可能。さらに紙文書の管理コストや保管スペースコストの削減も実現します。

3.国内外の法規制要件への対応を実現
GxP規制に沿って、厚生労働省のER/ES指針、アメリカ食品医薬品局(FDA)のFDA 21 CFR Part 11などの要件を満たしたバリデーション実施済みのサービスです。

4.強固なセキュリティを実現
サービスプラットフォームに世界で高い実績を持つAWS(Amazon Web Services)を採用しています。セキュアクラウドにデータを保管することで、災害時における事業継続計画(BCP)にも対応可能。AWSは海外企業や日本国内の医療機関、製薬企業にも導入・活用されています。

5.使いやすいUX/UIと充実のサポートを実現
「Agatha(アガサ)」はユーザー登録後、すぐにサービスが利用できます。直感的でわかりやすいUI(ユーザーインターフェイス)とトレーニング資料や標準的な手順書サンプルも用意。無料で「Agatha(アガサ)」の機能を確認できる試用も提供。快適なUX(ユーザーエクスペリエンス/利用環境)を実現しました。また医療・医薬分野の業務内容を理解した担当者によるサポート体制も整っています。

■世界市場へのサービス提供開始へ向けて DIA Annual Meeting 2017(DIA 2017年年次会合)に初出展

医療・医薬業界向け文書管理クラウドサービス「Agatha(アガサ)」の海外マーケットでのサービス提供開始について、6月18日(日)~22日(木)にアメリカ・イリノイ州シカゴで開催される「DIA(Drug Information Association)」のDIA Annual Meeting 2017(DIA 2017年年次会合)に出展し、世界の医療・医薬分野関係者に「Agatha(アガサ)」の特徴やメリットを紹介します。

DIA(Drug Information Association)公式ウェブサイト:http://www.diaglobal.org/

【アガサ株式会社 (Agatha Inc.)について】
本社:〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町1-2 FtFビル2F
代表者:代表取締役社長 鎌倉千恵美
設立日:2015年10月
電話番号:050-3177-5299(代表)
URL:http://agathalife.com
事業内容:臨床研究・治験の文書やコンテンツを管理するサービスの開発と運営

<私たちのビジョン>
治験・臨床研究の文書をプロジェクト単位で管理するためのクラウドサービスを、医療関連の各機関、企業に向けて提供する「アガサ」は、日本中の研究機関から新しい治療法や薬が創出される仕組み・基盤を作り、日本の技術や産業によって世界中の人々の健やかな人生に貢献することをビジョンとしています。

businesswire.comでソースバージョンを見る:http://www.businesswire.com/news/home/20170515005560/ja/

CONTACT

【一般の方向けのお問い合わせ先】
アガサ株式会社
相良 寿美子
TEL: 05031775299
Email: marketing@agathalife.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • 三井化学开发全球首款灵活的高强度柔性无纺布AIRYFA™
  • APR应用制药研究公司参加第9届ChinaBio®合作论坛:依托瑞士创新产品和科学技术深耕中国市场
  • Dompé用于治疗中度或重度神经营养性角膜炎成人患者的Oxervate®(Cenegermin滴眼液)获得欧盟CHMP肯定意见
  • SCIEX Sponsored Award Recognizes Notable Contributions to Electrodriven Separations
  • LMDのV-Sensorがインドでバイタルサインを測定