医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ジェノロジックスがIllumina SeqLabの一部としてClarity LIMS Xをリリース

2015年07月25日 AM12:39
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米カリフォルニア州レッドウッドシティ

(ビジネスワイヤ)– ジェノロジックスは本日、Clarity LIMS Xの提供を開始したと発表しました。Clarity LIMS Xは、業界有数の当社ラボインフォマティクスプラットフォームの1エディションです。Clarity LIMSのXエディションはIllumina® SeqLabでの使用に最適化され、集団規模でのゲノミクスワークフローにおいて、良好なサンプルトラッキングを実現し、クオリティーとスループットを最大化するとともに、ターンアラウンドタイムを改善します。

2014年のHiSeq Xシステムの発売により、ラボはヒト全ゲノムシーケンシングにおける1000ドルの壁を打ち破ることが可能となりました。ラボは現在、クオリティーと正確度に引き続き意識を向けながら、規模拡大して画期的なスループットを実現するという課題に取り組んでいます。Xエディションは自動化による迅速な規模拡大を実現し、事前設定済みのHiSeq Xシリーズ・ワークフローに組み込まれたビジネスロジックを提供します。試料は自動的にパイプラインを通過し、人間による干渉とエラーが生じる可能性を最小限に抑えながら、品質基準通りに実行します。Clarity LIMSのXエディションは、ゲノミクス・イングランド・ラボ(GEL)Illumina FastTrack Services Labのベストプラクティスを基にデザインされ、両ラボで現在使用されています。

またClarity LIMSのXエディションは電子署名、監査証跡、患者データセキュリティーの機能を提供し、規制環境に適応したものとなっています。イルミナの科学研究担当ディレクターであるライアン・タフト博士によれば、「Clarity LIMS Xは、設定なし機器のインテグレーションと良好なサンプルトラッキングが可能なLIMS製品を市販することで、これまで存在していたギャップを埋めます。」

ジェノロジックスのマイケル・ボール最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「イルミナと提携し、Illumina SeqLab向けにClarity LIMSのXエディションを提供できるのは、当社にとって光栄なことです。このソリューションは、科学者と医師が疾患についての理解を深め、ゲノミクスの日常的医療への利用を加速させる上で、その力を高めます。」

ジェノロジックスについて

ジェノロジックスは、ライフサイエンス組織向けに業界最高レベルのラボ情報管理システム(LIMS)を開発しています。Clarity LIMSの全エディションは正確度の向上、迅速なターンアラウンド、試料のトレーサビリティー、事前設定済み機器のインテグレーションにより、ラボの効率とスループットの向上に役立ちます。ラボにおける規制の有無、その規模の大小に関係なく、Clarity LIMSは業務を合理化し、ライフサイエンス組織がヘルスケアの前進に傾注できるようにします。ジェノロジックスは2014年に、フロスト&サリバンのカスタマー・リーダーシップ賞を、次世代シーケンシングインフォマティクス部門で単独受賞しました。2002年創立の非上場企業であるジェノロジックスはカナダ、米国、欧州に営業所を置いています。www.genologics.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:http://www.businesswire.com/news/home/20150724005550/ja/

CONTACT

GenoLogics Life Sciences Software
Lisa Owen, +1-250-483-7011
Communications
Manager
lisa.owen@genologics.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Brightree发布面向居家医疗器械的首个患者App
  • Brightreeが初のHME向け患者アプリを発表
  • Takeda to Present Results from Phase 3 ALTA-1L Trial Highlighting Intracranial Efficacy of ALUNBRIG® (brigatinib) Versus Crizotinib in First-Line Advanced ALK+ Non-Small Cell Lung Cancer
  • ポットネットワーク・ホールディングスがSEC報告会社登録に基づきPCAOB監査人による完全な監査・レビュー済みの財務報告書を公表
  • Takeda Receives Clearance from the Japan Fair Trade Commission for the Proposed Acquisition of Shire plc