医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

東芝:IoTソリューションApP Lite(TM)ファミリーについて

2015年02月24日 PM03:19
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京

(ビジネスワイヤ) — 東芝は、IoTに適したソリューションであるApP Lite™ファミリーのウェアラブル端末向けTZ1000シリーズの新製品として「TZ1031MBG」と「TZ1011MBG」の2製品をラインアップに追加します。本製品は、すでに販売している従来品注1に対して「TZ1031MBG」には角速度センサを、「TZ1011MBG」には角速度センサと地磁気センサをそれぞれ追加し、センシング機能をより向上させています。

東芝:ApP Lite(TM)ファミリーのウェアラブル端末向けTZ1000シリーズ新製品「TZ1011MBG」(写真:ビジネスワイヤ)

東芝:ApP Lite(TM)ファミリーのウェアラブル端末向けTZ1000シリーズ新製品「TZ1011MBG」(写真:ビジネスワイヤ)

本製品は、本日からドイツのニュルンベルグで開催する展示会「エンベッデッドワールド2015」にサンプル展示を行うと共に、サンプル出荷を開始します。また、「TZ1031MBG」を5月から、「TZ1011MBG」を6月からそれぞれ量産出荷する予定です。

本製品は、センサ、センサから入力されたデータを処理するプロセッサ、データを保存するフラッシュメモリ、およびBluetooth® Low Energyのコントローラ機能を1パッケージに内蔵しています。これにより、本製品のみでウェアラブル端末に必要なデータの計測、処理、保存、通信の実現が可能となるため、ユーザーシステムでの実装面積の削減と機器の小型化に貢献します。また、本製品はプロセッサの周波数に応じて供給する電源電圧を変更できるなど、独自の低電力設計を採用しており、ウェアラブル端末のような長時間のバッテリ駆動を必要とするデバイスに適しています。

近年、ウェアラブル型の活動量計や生体センサを利用して生活習慣病の予防やダイエットなどの健康的な生活を支援するヘルスケア向けのサービスが増加しています。

当社は、開発者向けの評価用ツールや、脈波や心電などの微弱な生体信号を計測するソフトウェアアルゴリズムを開発しており、今後「TZ1000シリーズ」のシステムソリューションとしてのラインアップ拡充を目指します。

注1 昨年11月に「TZ1001MBG」を製品発表。Bluetooth® Low Energy通信機能、加速度センサおよびフラッシュメモリを内蔵したウェアラブル端末向けアプリケーションプロセッサ。

エンベッデッドワールド2015
https://www.embedded-world.de/en/

新製品の主な特長

  • 通信機能・センサ・メモリ・プロセッサを1パッケージ化
    活動量計などのウェアラブル端末に必要なデバイスを1パッケージ化することにより、機器の小型化が可能です。
  • ARM® Cortex®-M4Fプロセッサを搭載
    DSPと浮動小数点演算ユニットをもつ高性能ARM Cortex-M4Fプロセッサを搭載しており、内蔵センサや外部センサから取り込んだ複数情報の統合的な処理(センサフュージョン)が可能です。
  • 高精度のADCを搭載
    高精度な24ビットΔΣ型ADコンバータ(ADC)が組み込まれているので、脈波や心電などの微弱な生体信号を計測することが可能です。
  • Bluetooth通信機能内蔵
    Bluetooth Low EnergyのコントローラとRF回路を内蔵しており、センサで収集したデータや処理後のデータを、スマートフォンやタブレットなどの携帯端末に転送することができます。

応用機器

活動量計、スマートウォッチ、およびブレスレット型やメガネ型などの各種ウェアラブル端末

 

製品ラインアップ

品番   TZ1001MBG   TZ1011MBG   TZ1021MBG   TZ1031MBG
CPU ARM Cortex-M4F 48MHz
フラッシュメモリ 8Mbit
センサ   加速度センサ
ジャイロ
地磁気
Bluetooth Low Energy
24bit delta-sigma ADC
I/O USB, SPI, I2C, UART
寸法

幅 x 奥行 x 高さ mm

6.70 x 8.00 x 1.59 8.50 x 9.80 x 1.60 6.70 x 4.00 x 1.00 8.50 x 9.80 x 1.60
サンプル日程 出荷中 2015年2月 出荷中 2015年2月
量産日程   出荷中   2015年6月   2015年3月   2015年5月

※Bluetooth®は、Bluetooth SIG, Inc.の登録商標であり、東芝はライセンスに基づき使用しています。
※ARMおよびCortexは、ARM Limited(またはその子会社)のEUまたはその他の国における登録商標です。
※ApP Liteは、株式会社東芝の商標です。
※その他本文中に記載されている会社名および製品名は、それぞれ各社が商標または登録商標として使用している場合があります。

新製品のさらに詳しい仕様については下記ページをご欄下さい。
http://www.semicon.toshiba.co.jp/product/assp/applite/tz1000/index.html

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:
ロジックLSI営業推進担当 Tel:044-548-2110
http://toshiba.semicon-storage.com/jp/contact.html

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

Photos/Multimedia Gallery Available: http://www.businesswire.com/multimedia/home/20150223006678/ja/

CONTACT

報道関係の本資料に関するお問い合わせ先:
株式会社東芝 セミコンダクター&ストレージ社
長沢 千秋
Tel:
03-3457-4963
e-mail: semicon-NR-mailbox@ml.toshiba.co.jp

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • BioVectra与Keryx Biopharmaceuticals签署枸橼酸铁扩产协议
  • Eternity Healthcare Inc. Enters into Share Exchange Agreement with Guizho Tongren Healthy China Biotechnology Co. Ltd.
  • Takeda and TiGenix announce that Cx601 (darvadstrocel) has received a positive CHMP opinion to treat complex perianal fistulas in Crohn’s disease
  • Chi-Med Initiates Fruquintinib U.S. Clinical Trials
  • Orthocell Granted European Tendon Regeneration Patent