医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

アジレント・テクノロジーズが最高経営責任者(CEO)の交代を発表:2015年3月にビル・サリバンからマイク・マクマレンへ

2014年09月21日 AM08:20
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米カリフォルニア州サンタクララ

(ビジネスワイヤ) — アジレント・テクノロジーズ(NYSE:A)は本日、アジレント上席副社長で当社の化学分析グループ(CAG)プレジデントのマイク・マクマレンが、2015年3月18日付けでウィリアム(ビル)・サリバンの後任として最高経営責任者(CEO)に就任すると発表しました。サリバンは、当社の会計年度末の2015年10月31日まで顧問として残り、その後引退します。

交代の第一段階として、アジレントの取締役会は、本日付けでマクマレンを社長兼最高執行責任者(COO)に任命しました。

アジレント取締役会のジェームズ・カレン会長は、次のように述べています。「今回の交代は、当社の後継者育成計画の集大成です。アジレントが最近の電子計測事業のスピンオフで株主に利益をもたらし始め、強さを増した時期に実現しました。サリバンは、優れた最高経営責任者(CEO)として、アジレントのポートフォリオを多様な技術からライフサイエンス、診断、応用の市場に特化した現在の姿に進化させる上で強力な指導力を発揮しました。卓越した業績の達成に向けた優れたビジョンと並外れた気力を持っています。」

サリバン(64歳)は、2005年3月からアジレントの社長兼最高経営責任者(CEO)を務めています。1976年にアジレントの前身であるヒューレット・パッカードに入社しました。

サリバンは、次のように述べています。「過去10年間で当社のチームが達成したことを非常に誇りに思っています。アジレントの再出発は、最高経営責任者(CEO)の交代に絶好のタイミングです。マクマレンは、当社を率いる上で優れた人材です。CAGの変革、ポートフォリオの再編、重要な買収の推進を行い、一貫して市場をリードして利益を生む記録的成長を実現しました。」

「豊富な経験、市場知識、人々を鼓舞する指導スタイルを持つマクマレンは、卓越した最高経営責任者(CEO)になるでしょう。素晴らしい実績を持つアジレントの幹部の能力をさらに活用する絶好の機会です。」

マクマレン(53歳)は、2009年からアジレントの上席副社長と当社のCAGのプレジデントを務めています。

社長兼最高執行責任者(COO)に就任するマクマレンは、当社事業のCAG、ライフサイエンス・診断グループ、受注処理、新たな組織のアジレント・クロスラボ・グループに加えて、IT、職場サービス、世界調達、物流を扱う世界的組織を統括します。

マクマレンは、アナリティカル・プロダクツ・グループの財務アナリストとして1984年にヒューレット・パッカードに入社しました。それ以来、さまざまな上級管理職を経験しました。アジレントの化学分析事業のプレジデントとして、マクマレンは化学・エネルギー、食品、環境の市場に関する全社的な組織に加えて、CAGとライフサイエンスのサービス・消耗品事業を担当しました。

マクマレンは、次のように述べています。「将来に向けて、アジレントと当社の非常に有能なチームを率いるよう要請され、光栄に思います。アジレントは、ライフサイエンス、診断、応用の市場で新たな機会を活用する態勢が整っている優れた企業です。当社の戦略は説得力があり、株主の皆さまのために価値を創造します。当社のチームと協力して計画を遂行するのが非常に楽しみです。」

「当社は、常に変わることなくお客さまに焦点を置いています。研究室でお客さまの毎日の目標をサポートし、その世界を変える大きな革新を支えていきます。」

アジレント・テクノロジーズについて

アジレント・テクノロジーズ(NYSE:A)は、化学分析、ライフサイエンス、診断、エレクトロニクス、通信のリーダー企業です。当社の従業員2万600人は、100カ国以上でお客さまにサービスを提供しています。アジレントの2013年度の売上高は68億ドルでした。アジレントについての情報は、www.agilent.comでご入手いただけます。

2013年9月に、アジレントは電子計測事業の非課税スピンオフを通じて上場企業2社に分社化する計画を発表しました。2014年8月1日に、当社の電子計測事業は完全所有子会社のキーサイト・テクノロジーズとして営業を開始しました。分社化は、2014年11月初旬に完了する予定です。

将来見通しに関する記述

本ニュースリリースには、1934年証券取引所法の定義による将来見通しに関する記述が含まれ、その中で規定されたセーフハーバー条項の対象となります。ここに記載された将来見通しに関する記述には、最高経営責任者(CEO)の交代計画に関する情報、アジレントの電子計測事業の分社化、将来の売上高・利益・収益性、当社の製品およびサービスに対する将来の需要、顧客の期待が含まれますが、これらに限定されません。これらの将来見通しに関する記述は、経営陣の現在の期待と大きく異なるアジレントの業績をもたらし得るリスクおよび不確実性を伴います。そうしたリスクおよび不確実性には、当社顧客の事業の強さに関する予期せぬ変化、現在および新規の製品、技術、ならびにサービスに対する需要の予期せぬ変化、顧客の購買決定および時期、ならびに統合および再編活動から期待される節約を当社が実現できないリスクが含まれますが、これらに限定されません。

加えて、アジレントが直面するその他のリスクには、当社の最新のフォーム10-Kおよびフォーム10-Qを含め、アジレントが証券取引委員会に提出した書類に記載されたものが含まれます。将来見通しに関する記述は、アジレントの経営陣の信念および想定、ならびに現在入手可能な情報に基づいています。アジレントは、いかなる将来見通しに関する記述も公表および更新または改訂する責任を一切負いません。

編集者への注記:技術、企業市民活動、幹部に関するさらなるニュースは、アジレントのニュースサイト(www.agilent.com/go/news)でご入手いただけます。

重要な経歴情報、動画、写真の利用については、アジレントのCEO交代プレスキットをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

CONTACT:
Agilent Technologies Inc.
EDITORIAL CONTACT:
Michele
Drake, +1 408-345-8396
michele_drake@agilent.com
または
INVESTOR
CONTACT:
Alicia Rodriguez, +1 408-345-8948
alicia_rodriguez@agilent.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • BioVectra与Keryx Biopharmaceuticals签署枸橼酸铁扩产协议
  • Eternity Healthcare Inc. Enters into Share Exchange Agreement with Guizho Tongren Healthy China Biotechnology Co. Ltd.
  • Takeda and TiGenix announce that Cx601 (darvadstrocel) has received a positive CHMP opinion to treat complex perianal fistulas in Crohn’s disease
  • Chi-Med Initiates Fruquintinib U.S. Clinical Trials
  • Orthocell Granted European Tendon Regeneration Patent