医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > 大正製薬が「エパデール」のスイッチOTC薬を発売

大正製薬が「エパデール」のスイッチOTC薬を発売

読了時間:約 1分10秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年11月01日 PM08:13
大正製薬がエパデールの発売を発表

大正製薬は2013年に高脂血症を治療することができる一般用医薬品を発売することを発表した。

発売されるのは中堅の製薬会社の持田製薬が開発した、高脂血症治療薬「エパデール」である。

」は医療用医薬品の成分を使用したスイッチOTC薬になる。高脂血症というのは生活習慣病の一種になるのだが、この分野では初めてのスイッチ製品ということになる。

厚生労働省は審議会の専門部会で、エパデールを大衆薬に転用するということを了承した。今年中にも厚生労働省は承認するという見通しであり、大正製薬は持田製薬からエパデールを調達して売り出すことにしている。

エパデールは高脂血症薬として薬局で購入可能に

大正製薬は今後OTC薬として販売する予定である。そのため大型製品ともいえる数十億円規模の売り上げを目指している。これまでの持田製薬のエパデールの売上高は年400億円弱と発表している。そのため高脂血症薬の中では有力製品と認識されている。

エパデールを購入する時は健康保険の対象となる。そのため患者の自己負担額は1日当たり78円と価格は安い。OTC薬はこれよりは高くなるとみられている。なので薬局で買える利便性で一定の需要が見込めると判断した。

今後患者は医療機関を受診する時間がない時は直接薬局に行って、薬剤師の指導を受けてからエパデールを購入できるようになる。患者としては一定期間服用する必要があるエパデールを薬局で購入できれば利便性が高くなる。またその他には医療機関を受診する機会が減ることから、医療費を抑制できるという利点もある。

▼外部リンク


http://www.taisho.co.jp

関連ニュース「 エパデール3度目の審議で一般医薬品承認」
http://www.qlifepro.com/news/20121031/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • ソーティクツ、既存治療で効果不十分な尋常性乾癬などで承認-BMS
  • ブリバラセタム、部分発作有する成人てんかん対象アジアP3試験で良好な結果-UCB
  • 2型糖尿病を合併する慢性腎臓病の適応を持つ唯一のMRA「ケレンディア(R)錠」を発売-バイエル薬品
  • ナサニール、「生殖補助医療における早発排卵の防止」で適応追加承認-ファイザー
  • テネクテプラーゼ、急性期脳梗塞対象試験で比較検討相の患者登録開始-国循ほか