医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro編集部 記事一覧

この記事は医療者のみが閲覧する事ができます。

あなたは医療者ですか?

これまでの抗がん剤と何が違うのか?世界初の抗PD-1抗体オプジーボ

これまでの抗がん剤と何が違うのか?世界初の抗PD-1抗体オプジーボ

近年「免疫チェックポイント阻害薬」という新たながん治療薬が登場し、注目を集めている。オプジーボがどのように世に出てきたのか、なぜあれほど高額な薬価となったのか。小野薬品工業の取締役副社長兼開発本部長の粟田浩氏にお話を伺った。… 続きを読む

読了時間:約 6分1秒  2017年09月15日
花粉症治療 患者ビッグデータ(6)“売れ筋”市販薬の成分は<点鼻薬編>

花粉症治療 患者ビッグデータ(6)“売れ筋”市販薬の成分は<点鼻薬編>

処方薬・市販薬検索サイト「QLifeお薬検索」の検索ランキングデータや通販サイトの売上ランキングなどをもとに、いわゆる“売れ筋”の市販薬をリストアップ、添付文書から、その成分などを一覧化する。今回は「点鼻薬」について紹介する。… 続きを読む

読了時間:約 4分13秒  2017年05月16日
花粉症治療 患者ビッグデータ(5)“売れ筋”市販薬の成分は<内服薬編>

花粉症治療 患者ビッグデータ(5)“売れ筋”市販薬の成分は<内服薬編>

2016年春の花粉症シーズンに医療機関を受診した15~79歳の花粉症患者1,000人を対象に、QLifeが実施した花粉症治療に関する大規模調査。今回は、処方薬・市販薬検索サイト「QLifeお薬検索」の検索ランキングデータや通販サイトの売上ランキングなどをもとに、いわゆる“売れ筋”の市販薬をリストアップ。添付文書から、その成分などを一覧化し、2回に分けて紹介する。… 続きを読む

読了時間:約 4分46秒  2017年04月27日
花粉症治療 患者ビッグデータ(4)処方薬に対する要望と受療継続意識

花粉症治療 患者ビッグデータ(4)処方薬に対する要望と受療継続意識

QLifeは2016年春の花粉症シーズンに医療機関を受診した花粉症患者1,000人を対象に大規模調査を実施。シリーズ第4回は「処方薬に対する要望と受療継続意識」について紹介する。… 続きを読む

読了時間:約 2分19秒  2017年03月10日
花粉症治療 患者ビッグデータ(3)診療時のコミュニケーション実態

花粉症治療 患者ビッグデータ(3)診療時のコミュニケーション実態

QLifeは2016年春の花粉症シーズンに医療機関を受診した花粉症患者1,000人を対象に大規模調査を実施。シリーズ第3回は「診療時のコミュニケーション実態」について紹介する。… 続きを読む

読了時間:約 2分56秒  2017年02月24日
花粉症治療 患者ビッグデータ(2)受療実態

花粉症治療 患者ビッグデータ(2)受療実態

QLifeは2016年春の花粉症シーズンに医療機関を受診した花粉症患者1,000人を対象に大規模調査を実施。シリーズ第2回は「受療実態」について紹介する。… 続きを読む

読了時間:約 2分26秒  2017年02月10日
花粉症治療 患者ビッグデータ(1)受診前後の市販薬使用実態

花粉症治療 患者ビッグデータ(1)受診前後の市販薬使用実態

QLifeは、2016年春の花粉症シーズンに医療機関を受診した15歳~79歳の花粉症患者1,000人を対象に、花粉症治療に関する大規模調査を実施。そこから見えた最新の治療実態についてシリーズで紹介する。第1回目は「受診前後の市販薬使用実態」について。… 続きを読む

読了時間:約 2分27秒  2017年01月13日
免疫性神経疾患におけるMRIと抗体検査の重要性~横浜内科学会で東海大の永田准教授が講演

免疫性神経疾患におけるMRIと抗体検査の重要性~横浜内科学会で東海大の永田准教授が講演

第53回横浜内科学会神経研究会で行われた東海大学医学部内科学系 神経内科の永田 栄一郎 准教授による講演「免疫性神経疾患の診断ポイント~早期発見のために~」より、近年その重要性が評価されているMRIによる画像診断と自己抗体検査について講演をまとめた。… 続きを読む

読了時間:約 4分21秒  2016年02月01日