医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Viromed Medical AG、人工呼吸器関連肺炎(VAP)予防用の低温プラズマ装置の特別承認申請に向けた研究を加速

2024年07月11日 AM07:16
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ピンネベルク、ドイツ

(ビジネスワイヤ) — Viromed Medical AG(ISIN:DE000A3MQR65、以下「Viromed」)は、人工呼吸器関連肺炎(VAP)の予防に低温プラズマを使用する2つ目の先駆的研究を開始します。ハノーファー医科大学(MHH)のホルテンセ・スレヴォクト教授(Prof. Dr. Hortense Slevogt)とその他2つの世界的に著名な研究機関の科学的指導の下、この研究は、Viromedが開発した革新的な予防措置であるPulmoPlasデバイスのドイツと米国での迅速な特別承認取得を目的としています。

研究に関連する細胞培養、さらにはヒトの肺に使用できる低温プラズマ技術のさらなる開発と標準化は、TDKエレクトロニクスAGの完全子会社であるrelyon plasma GmbHによるものです。Viromedのパートナーであるrelyon plasmaは、この技術の応用に向けたプロトタイプを開発し、低温プラズマの標準化に発生させるとともに、試験における特性評価と一貫性を確保します。

利用権はViromed Medical AGが保有します。

VAPは、人工呼吸器を装着した患者に頻繁に発生する深刻な合併症です。少なくとも48時間以上、侵襲的な人工呼吸器を装着している患者に発生します。研究によると、VAPは人工呼吸器を装着した患者の23〜36%に発生し、人工呼吸器の装着時間の長期化や集中治療室および病院での入院期間の延長に関連しています。推定死亡率は10〜13%です。ドイツだけでも、2023年には約48万6000人の人工呼吸器装着の集中治療患者がいて、数千人もの死者が出ており、その数は、増加傾向にあります。毎年、世界中で何百万人もの患者が人工呼吸器を使用しています。そのため、VAPに対する低温プラズマの活用は、毎年何十万もの命を救う可能性を秘めているのです。

Viromed Medical AGのCEO、ウーヴェ・ペルバンドトは、次のように述べています。「低温プラズマは、治癒が難しい傷の治療においてすでに大きな成果を上げています。私たちのビジョンは、従来の治療法では満足のいく治療結果が得られない他の分野にも、この抗菌効果を活用することです。毎年数十万人の患者がVAPで命を落としている現状は、決して容認できるものではありません。そのため、私たちは先発企業として、この問題に対するより良い解決策を早急に対応する医療上の緊急性を認識し、関連する研究を計画的に推進し、PulmoPlasデバイスの特別な承認をできるだけ早く取得するよう努めています。同時に、慢性呼吸器疾患の増加により、人工呼吸器の世界市場は、2032年まで年間平均8.2%の堅実な成長が見込まれているため、当社は魅力的な市場セグメントを開拓しています」

2023年10月以降、MHHはViromed Medical AGと協力し、呼吸器粘膜のモデルを用いて、呼吸器系の細胞感染症における低温プラズマの安全性プロファイルを調査しています。特に、上皮に感染した細菌を殺す可能性のある低温プラズマの潜在能力に重点を置いています。並行して、関連する可能性がある炎症反応、細胞分化、細胞死、DNA損傷、治療用量、適用時間についても調査しています。異なるプラズマ組成の有効性を最適化するために、細胞損傷との関連における有効性が個別に調査されます。気道上皮への損傷作用がないことを示す有望な予備試験結果を受けて、当初2025年半ばに予定されていた第2の研究が現在並行して開始されています。これにより、呼吸時に細胞粘膜に作用する機械的せん断力を考慮し、細胞上皮に対する低温プラズマの安全性プロファイルの調査を拡大する予定です。さらに、精密切片肺(PCLS)に適用される細菌を殺傷させる低温プラズマの可能性と安全性も検証します。

MHH、呼吸器・感染症クリニック、ホルテンセ・スレヴォクト教授:「人工呼吸器関連肺炎は死亡率が高いだけでなく、抗生物質の消費量の増加、患者の入院期間の長期化、治療費の高騰により、医療システム全体にも大きな負担となっています。また、病原菌の抗生物質耐性が強まっていることもあり、抗生物質以外の新たなアプローチが急務となっています。私たちの研究で得られた良好な予備結果が引き続き確認され、低温プラズマが人間の肺に安全に使用できることが確立されれば、低温プラズマは人工呼吸器を装着した患者の治療に革命をもたらす可能性があります」

Viromed Medical AGについて:

Viromed Medical AGは、フォルクスワーゲンやルフトハンザといったDAX上場企業をはじめ、連邦州や連邦政府の各省庁、1100の病院、7000の薬局、1万7000の診療所など、DACH地域に幅広い顧客基盤を有しています。

言語:

英語

社名:

Viromed Medical AG

Flensburger Straße 18

25421 Pinneberg

Germany

電話:

+49 4101 809960

メール:

kontakt@viromed-medical.de

ウェブサイト:

https://www.viromed-medical-ag.de/

ISIN:

DE000A3MQR65

WKN:

A3MQR6

上場市場:

ベルリン、デュッセルドルフ、ハンブルクの規制非公式市場

EQS News ID:

1942511

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20240709414917/ja/

CONTACT

 Uwe Perbandt

CEO

Email: kontakt@viromed-medical.de

www.viromed-medical-ag.de

同じカテゴリーの記事 

  • European Medicines Agency Accepts Deciphera’s Marketing Authorization Application for Vimseltinib for Treatment of Patients with Tenosynovial Giant Cell Tumor (TGCT)
  • JCR Pharmaceuticals Highlights Innovative Gene Therapy Research at the 7th International Forum of Lysosomal Disorders
  • Equillium Announces Second Quarter 2024 Estimated Cash and Investments Balance
  • ベイジーン、アーロン・ローゼンバーグ氏を最高財務責任者に任命
  • ICH and CDISC Collaborate to Support the Maintenance and Governance Process for ICH M11 Controlled Terminology