医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

アナンダ・サイエンティフィックが社会不安障害(SAD)の潜在的な新規治療薬を評価するFDA承認臨床試験で初の患者登録を発表

2023年03月29日 PM09:45
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ニューヨーク & 米コロラド州グリーンウッドビレッジ

(ビジネスワイヤ) — 研究に重点を置くバイオ製薬企業のアナンダ・サイエンティフィックは本日、アナンダ専有のLiquid Structure™(液体構造)送達技術にカンナビジオール(CBD)を使用した治験薬であるNantheia™ A1002N5S社会不安障害(SAD)の潜在的治療薬として評価する試験としてFDAからINDが承認された臨床試験で、最初の被験者を登録したと発表しました。本試験は、米国国立補完統合衛生センター(NCCIH、NIHの一部門)が資金を提供し、ニューヨーク大学グロスマン・メディカルスクールが実施しています。(Clinical Trials.gov識別子NCT05571592

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20230328005236/ja/

Pictured above are Principal Investigators Naomi Simon MD, MSc, Esther Blessing MD, PhD, and Ananda Scientific CEO Sohail Zaidi. (Photo: Business Wire)

Pictured above are Principal Investigators Naomi Simon MD, MSc, Esther Blessing MD, PhD, and Ananda Scientific CEO Sohail Zaidi. (Photo: Business Wire)

本試験は、ニューヨーク大学グロスマン・メディカルスクールの精神医学教授および不安・ストレス・長期悲嘆プログラムディレクターであるナオミ・サイモン医師(MD、MSc)ととニューヨーク大学グロスマン・メディカルスクールの精神医学助教授であるエスター・ブレッシング医師(MD、PhD)が治験責任医師として主導しています。この二重盲検プラセボ対照試験では、Nantheia™ A1002N5Sを21日間投与し、トリアー社会的ストレステスト(TSST)で誘発された不安の変化および神経画像バイオマーカーへの影響を主要評価項目として、プラセボと比較検討しています。

サイモン医師は、次のように述べています。「私たちは、この重要な試験が進行中であることを非常にうれしく思います。アナンダとの連携は、NIHが資金を提供する私たちのCBD研究を完了することに役立つものです。本研究は、治療が十分ではなくつらい社会不安障害という疾患に対して、証拠に基づく新たな治療薬候補としてのCBDの開発を支えるために、CBDの機序や臨床効果に関する科学的証拠を明らかにすることが目的です。」

ブレッシング医師は、次のように述べています。「不安障害の治療薬としてのCBDの前臨床結果は有望なものであり、私たちは本試験でこれらの前臨床結果を発展させることができるものと期待しています。」

アナンダのソハイル・R・ザイディ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「この重要な試験における最初の被験者の登録は、アナンダの臨床開発プログラムにとって新たな節目となる成果です。当社は、ニューヨーク大学の研究チームと連携し、未充足ニーズの大きい適応症で当社のNantheia A1002N5S治験薬を評価できることを大変うれしく思っています。」

NANTHEIA™ A1002N5Sについて

Nantheia™ A1002N5Sは、アナンダ専有のLiquid Structure(液体構造)送達技術にカンナビジオールを使用した治験薬です。前臨床試験と初期臨床試験から、アナンダのLiquid Structure™送達技術(イスラエルのエルサレムにあるリオトロピック・デリバリー・システムズ(LDS)からライセンス取得)が、カンナビジオールの有効性と安定性を高めることが示されました。Nantheia™ A1002N5Sは、ソフトジェルカプセル1個当たり50mgのカンナビジオールを含む経口製品です。

アナンダ・サイエンティフィックについて

アナンダは研究重視の有力なバイオ製薬企業として、PTSD神経根障害疼痛不安症、オピオイド使用障害(マウントサイナイ医科大学およびカリフォルニア大学ロサンゼルス校)などに対する治療適応症を評価する優れた臨床研究を先駆的に切り開いています。当社は送達技術(イスラエルのエルサレムにあるリオトロピック・デリバリー・システムズ(LDS)からライセンス取得)を採用することで、カンナビノイドや植物由来化合物のバイオアベイラビリティー、水溶性、保存安定性を確保し、効果的で高品質な医薬品の製造に傾注しています。当社は、その臨床ポートフォリオを多様化するために、大学との複数の委託研究契約を通じて、研究基盤を拡大しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20230328005236/ja/

CONTACT

ANANDA Scientific Media Relations | Christopher Moore | 813 326 4265 | media@anandascientific.com

同じカテゴリーの記事 

  • AGC Biologics新推出的AGCellerate具有高效、价位固定和保证产品数量等功能
  • AGCバイオロジクスが新規プログラム「AGCellerate」を発表、医薬品原料を短納期・固定価格・数量保証で提供
  • MEDiC Life Sciences Announces Collaboration with Bristol Myers Squibb on Tumor Target Discovery
  • SCIEX launches the Intabio ZT system at ASMS 2023
  • Pharmatech Associates’ Board of Directors Appoints Sireesha Yadlapalli as Chief Executive Officer