医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

マイケル・クラムス(M.D.)が最高定量的医療責任者としてエクセンシアに入社

2022年04月09日 AM10:03
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

英オックスフォード

(ビジネスワイヤ) — エクセンシア(Nasdaq:EXAI)は本日、マイケル・クラムス(M.D.)の最高定量的医療責任者(CQMO)への任命を発表しました。この新設の役職において、Dr.クラムスはエクセンシアの治験薬ポートフォリオの臨床開発戦略を主導します。エクセンシアの創薬プラットフォームは、患者ベースの橋渡しモデルとAI駆使型の分子設計を用いて、特定の患者集団に対する医薬品候補を最適化します。これらの取組みの一環として、Dr.クラムスは臨床的な成功と患者の利益の最大化に向けて、臨床試験内の試験デザインと患者選択を改善するための活動を推進します。

エクセンシアの創立者で最高経営責任者(CEO)のアンドリュー・ホプキンス博士(DPhil.)は、次のように述べています。「私たちは、創薬において革新的であったのと同様に、診療の場でも革新的でありたいと考えています。クラムスは、臨床開発に定量的科学の手法をもたらす活動の先頭に立っており、イノベーターおよび戦略的リーダーとしての実績があります。クラムスは20年以上にわたり、この分野のソートリーダーであり、モデル情報に基づく医薬品開発を実施し、バイオマーカーの使用を増やして適応的試験を実現させ、患者選択のための試験を充実させるためのより良い方法を見つけてきました。治験の利点を受ける可能性が最も高い人々に治験を集中させることは、臨床的成功率を向上させ得るだけでなく、新薬の開発の中心に患者を据えるという当社の使命を前進させるものです。」

Dr.クラムスはエクセンシアの上級経営陣に加わり、アンドリュー・ホプキンスに直属し、オーストリアのウィーンにあるエクセンシアの精密医療センターを拠点とします。Dr.クラムスは直近において、ヤンセンR&D で定量的科学グループを率い、約500人の統計学者、薬理学者、モデル作成者をまとめて、医薬品開発のさまざまな側面で効率的な意思決定を実現しました。それ以前のキャリアでは、ワイスで適応的試験・応用プログラム戦略担当バイスプレジデントを務めていました。Dr.クラムスは、ミュンヘン大学のM.D.を取得しています。

エクセンシアの最高定量的医療責任者であるマイク・クラムスは、次のように述べています。「人工知能を活用して創薬と医薬品開発を変革し、患者にとってより良い医薬品を創出するとの使命に突き動かされた企業であるエクセンシアに加わることをうれしく思います。多くの点で、私がキャリアを通じて推進してきた活動は、エクセンシアの目標とよく一致しています。つまり、真に患者主導の医薬品開発を目指して、臨床開発への従来の逐次法をさらに改善する方法を問うことです。創薬・臨床戦略は、バイオマーカー戦略を通じて密接に結びつけられる必要があり、エクセンシアの精密医療プラットフォームは、まさにそれを達成する可能性を持っています。」

エクセンシアについて

エクセンシアはAIを駆使した製薬技術企業として、最も迅速かつ効果的な方法で最善の医薬品を発見・設計・開発することに傾倒しています。エクセンシアは、史上初の機能的な精密腫瘍学プラットフォームを開発して、治療法の選択を導き、前向き介入臨床研究で患者の転帰を改善することに成功するとともに、AI設計の低分子を臨床環境に進めました。当社パイプラインは、科学的概念を精密設計された治療薬候補に迅速に転換する当社の能力を示しており、30件以上のプロジェクトが進行中です。エクセンシアは、これまで以上に優れた医薬品をより迅速に設計することで、最高の科学アイデアを患者にとって最良の医薬品へと迅速に転換できると信じています。

エクセンシアは、オックスフォード(英国イングランド)に本社を置き、ウィーン(オーストリア)、ダンディー(英国スコットランド)、ボストン(米国マサチューセッツ州)、マイアミ(米国フロリダ州)、ケンブリッジ(英国イングランド)、大阪(日本)にオフィスを構えています。

https://www.exscientia.aiをご覧いただき、ツイッター(@exscientiaAI)で当社をフォローしてください。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、1995年米国民事証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項の意味における一定の「将来見通しに関する記述」が含まれています。これらには、当社経営陣に関するエクセンシアの期待に関する記述が含まれます。「予想する」、「考える」、「期待する」、「意図する」、「計画する」、「見込む」、「将来」などの単語や類似の表現は、将来見通しに関する記述であることを示す意図があります。これらの将来見通しに関する記述は、将来の結果や状況を予測する際につきものの不確実性を伴うものであり、上述の創薬・精密医療プラットフォームが、特定患者集団向け医薬品候補の最適化に成功することを保証するものではありません。エクセンシア・プラットフォームの成功は、多くの要因の影響を受けるものであり、その多くは、FDAに承認される臨床試験を設計するエクセンシアの能力や患者の生存組織試料を収集する医療提供者の能力など(これらに限定されない)、エクセンシアの管理を超えます。エクセンシアは、新しい情報、将来の出来事、その他の結果にかかわらず、法律で義務付けられている場合を除き、いずれの将来見通しに関する記述についても、公に更新または修正する義務を負いません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20220405005282/ja/

CONTACT

Investors:

Sara Sherman

investors@exscientia.ai

Media:

Amanda Galgay

media@exscientia.ai

同じカテゴリーの記事 

  • Stonepeak to Acquire Arvida Group
  • European Medicines Agency Accepts Deciphera’s Marketing Authorization Application for Vimseltinib for Treatment of Patients with Tenosynovial Giant Cell Tumor (TGCT)
  • JCR Pharmaceuticals Highlights Innovative Gene Therapy Research at the 7th International Forum of Lysosomal Disorders
  • Equillium Announces Second Quarter 2024 Estimated Cash and Investments Balance
  • ベイジーン、アーロン・ローゼンバーグ氏を最高財務責任者に任命