医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

フェデックス、重要なCOVID-19救援をインドに届ける

2021年05月10日 PM06:53
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米テネシー州メンフィス

(ビジネスワイヤ) — インドとその医療システムが国全体のCOVID-19感染の急増に直面している中、フェデックス コーポレーション(NYSE:FDX)の子会社で世界最大の高速輸送会社であるフェデックス エクスプレスは、世界中の組織と協力して、この危機の間非常に重要な医療品と設備を輸送しています。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20210510005376/ja/

Critical medical supplies and personal protective equipment departing Santa Barbara, Calf., USA, bound for healthcare facilities in Kolkata, India via FedEx. (Photo: Business Wire)

Critical medical supplies and personal protective equipment departing Santa Barbara, Calf., USA, bound for healthcare facilities in Kolkata, India via FedEx. (Photo: Business Wire)

フェデックスは現在、米インド戦略的パートナーシップ・フォーラムや他の多国籍企業とのイニシアチブを通じて、2万5000台を超える酸素濃縮器と変換器の輸送をサポートしています。この共同の取組みの一環として、最初に発送された1000台の重要な酸素濃縮器が、フェデックスにより4月30日にニューデリーに届けられました。

5月8日にはフェデックスは、フェデックス・ボーイング777Fチャーター便を提供し、ダイレクト・リリーフのために3400台以上の酸素濃縮器と変換器、26万5000枚近くのKN95マスクを、ニュージャージー州のニューアークからインドのムンバイへと運びます。この物資は最終的にムンバイの医療施設に届けられます。さらに、フェデックスは今後数日間、数週間にわたって、顧客や非営利団体と協力して数百トンの医療品と支援物資をインドに輸送します。

フェデックスはまた、パンデミック対応グローバル・タスク・フォースの創設メンバーでもあります。これは米国商工会議所が組織し、ビジネスラウンドテーブルが支援する官民パートナーシップであり、企業が世界で最もニーズの高い地域でCOVID-19対応の努力をサポートするべくリソースを動員・展開するための統一プラットフォームを提供します。フェデックスの社長兼最高執行責任者(COO)のラジ・サブラマニアムは、このタスクフォースの運営委員会の委員を務める17人のビジネスリーダーの1人となっています。

サブラマニアムは、次のように述べています。「インドの壊滅的な人道危機は世界中からの救援を必要としており、苦しみの軽減を助けるために必要とされる重要な援助を届けることは、私たちの使命です。私たちはパンデミックの当初より、救援を届ける最前線に立っており、現在インドの緊急事態に対応しています。フェデックスはこのパンデミックが終息するまで、生命を救う医薬品、個人防護具、その他の重要な物資を配送し続けます。」

フェデックスは2020年1月以来、1万個を超えるCOVID-19人道支援貨物を運んできました。当社はまた、ダイレクト・リリーフや国際医療隊を含む非営利団体が世界中のリソースが不足するコミュニティーにCOVID-19のワクチンを配布するサポートをするために、400万ドルの現金と現物支給の輸送支援を約束しています。

フェデックスは、世界全体で非常に重要な品物を運んできた長い歴史を持っています。パンデミックの発生以来、フェデックス エクスプレスは世界中で、22億枚以上のマスクを含む80キロトンを超える個人防護具を輸送してきました。世界的なワクチンのサプライチェーンの不可欠な一部であるフェデックスは、現在COVID-19ワクチンや関連成分、消耗品を、世界25カ国以上に配送しています。

ダイレクト・リリーフのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)のトーマス・タイは、次のように述べています。「ダイレクト・リリーフは、拡大するCOVID-19の感染が人々の健康に深刻な脅威をもたらしているインドで、人々が非常に必要としている大規模な支援を可能にしてくれているフェデックスに、言葉で言い表せないほど感謝しています。他の数多くの機会においてと同様に、その比類ないロジスティクス能力と、グローバルなチームのスキルとエネルギーをささげるフェデックスは、この歴史に残るパンデミックと、あらゆる場所にいる人々に対するリスクと闘うために現在必要とされている種類のリーダーシップと献身の完璧な例です。」

救命物資の配送は、2023年の当社の50周年までに世界中の5000万人の人々にプラスの影響をもたらすという当社のフェデックス・ケアズ50by50目標に沿っています。フェデックス・ケアズ「Delivering for Good(善のための輸送)」イニシアチブの詳細については、こちらをご覧ください。

フェデックスについて

フェデックス コーポレーション(NYSE: FDX)は世界のお客さまと企業に、幅広い輸送、Eコマース、ビジネスの各サービスを提供しています。年間790億ドルの売上高を誇る当社は、評判の高いフェデックス・ブランドの下、共同で競争し協力して運営すると同時に、デジタルの革新を進める事業会社を通して、統合的なビジネス・ソリューションを提供しています。常に世界で最も高い評価を受け信頼される雇用主にランクされているフェデックスは、57万人以上のチームメンバーが常に、安全性、最高水準の倫理・職業基準、お客さまと地域社会のニーズに注力できるよう促しています。フェデックスは、2040年までにカーボン・ニュートラルな事業運営を実現することを目標に、世界中の人々と可能性を責任と資源をもってつなぐことに取り組んでいます。詳細については、about.fedex.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20210510005376/ja/

CONTACT

 

Jennifer Caccavo Cordeau

FedEx Media Relations

901.434.8100

mediarelations@fedex.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • アジェンディアのマンマプリント検査、NSABP B-42試験で長期内分泌療法の利点を予測する能力を初めて示す
  • アマゾンと全米安全評議会が米国で最も多い労働災害の解決に向け、この種で初となる提携関係を構築
  • Celltrion announces positive top-line results from global Phase III trial of regdanvimab (CT-P59), an anti-COVID-19 monoclonal antibody treatment
  •  全米で実施したNational Cardiogenic Shock Initiative(NSCI)試験の最終結果が、Impellaによる早期血行動態サポートの有効性を実証
  • Celltrion Healthcare presents the first real-world data for Truxima® (biosimilar rituximab) in patients with diffuse large B-cell lymphoma at the EHA 2021 Virtual Congress