医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ERS GenomicsとセツロテックがCRISPR/Cas9ライセンス契約を締結

2021年03月10日 AM10:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ダブリン&徳島、日本

ERS Genomics Limited (本社:アイルランド ダブリン、以下「ERS社」)と株式会社セツロテック(本社:徳島県徳島市、以下「セツロテック」)は、Emmanuelle Charpentier 博士が共同保有するCRISPR/Cas9技術の基盤となる知的財産に関して、非独占的ライセンス契約を締結しましたのでお知らせいたします。ゲノム編集技術を用いて細胞や動物モデルを開発するバイオテクノロジー系ベンチャーであるセツロテックは、この契約により、日本におけるERS GenomicsのCRISPR/Cas9特許ポートフォリオへのアクセスを付与されます。

セツロテックは、ハイスループットなゲノム編集方法である受精卵エレクトロポレーション法(GEEP 法)を開発しました。この方法により、低コストで短期間に遺伝子改変マウスを作成することができます。セツロテックは、顧客の目的に応じてCRISPR/Cas9技術を用いてゲノム編集された細胞や動物モデルを作成しています。

ERS社は、共同創業者であり最近ノーベル賞を受賞したEmmanuelle Charpentier博士から付与された、CRISPR/Cas9の研究プラットフォームとしての使用を含む、基盤特許に関する独占的な全世界ライセンスを保有しています。

「CRISPR/Cas9技術は、汎用性が高いことから、バイオロジー研究における革新的な手法となりました。セツロテックが研究活動のための支援ツールやサービスを継続的に提供するにあたり、このライセンス契約を通じて当社がサポートできることを嬉しく思います。」とERS 社CEOのEric Rhodesは述べました。

「当社の技術は、研究者にゲノム編集モデルを迅速かつ比較的低コストで提供することを可能にします。ERS社からのライセンスは当社ポートフォリオを拡大することとなり、また、CRISPR/Cas9のような先進的技術にアクセスすることで、CRISPR/Cas9と特許出願中の当社技術を組み合わせた高品質なサービスを提供し続けることができます。」 とセツロテックCEOの竹澤慎一郎は述べました。

この契約に関する経済条件の詳細は開示されていません。

住友商事の子会社である住商ファーマインターナショナルは、ERS Genomicsの日本総代理店を務めています。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20210309006040/ja/

CONTACT

株式会社セツロテック

corporate@setsurotech.com

Yasuto Ando

yasuto.ando@summitpharma.co.jp

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Take ‘VOW’ to Protect All Humanity: ‘Vaccinate Our World!’
  • 太平洋電気通信協議会が第44回年次総会の参加募集を発表
  • アビオメッド、ImpellaのPROTECT IVランダム化対照試験に最初の患者を組み入れたことを発表
  • Prestige Biopharma’s New Vaccine Production Centre for Infectious Diseases Including COVID-19
  • Pacific Telecommunications Council Announces the Call for Participation for Its 44th Annual Conference