医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

フォレスト・デバイセズが当社の脳卒中発見技術の試験における良好な結果を発表

2021年02月26日 PM11:14
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ピッツバーグ

(ビジネスワイヤ) — 医療技術の先駆者であるフォレスト・デバイセズ(FDI)は本日、アメリカ心臓協会誌「ストローク」に、大血管閉塞(LVO)を有する脳卒中の救急救命部門で発見するための当社のAlphaStroke™技術を検討するEDGAR試験の良好な結果が掲載されたと発表しました。LVOは虚血性脳卒中の一種で、専門性の高い病院でのみ実施可能な血栓除去術の介入を必要とし、治療が1分遅れるごとに死亡および恒久的障害のリスクが増大します。

本研究は、この分野の医師らがトリアージの判断を行う際に現在使用している臨床検査法と比較して、AlphaStrokeがLVOの患者の正確な特定では28%~40%優れていて、LVOではないとの診断によって患者を正確に除外する点では臨床検査法と同等に良好な成績であることを示しました。

FDIのMatt Kesinger最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「EDGAR試験の結果は、血栓除去術を必要とする患者の早期発見法を改善するための世界的な研究活動の頂点を成すものです。かつて救急車に乗る救急救命士(EMT)であった私は、わずか数問の質問による臨床検査で脳卒中患者を正確に識別することの難しさを経験しています。EDGAR試験は、LVOの発見を目的に特別設計された携行型装置が、世界中でEMTが現在使用している臨床検査よりも優れていることを示した初の試験です。」

EDGAR試験に参加した病院の1つであるテキサス州ヒューストンのメモリアルハーマン病院の救急医療医で、本研究の筆頭著者を務めたパウリナ・セルゴット医師は、次のように述べています。「EDGAR試験は、AlphaStroke™が病院到着前の大血管閉塞脳卒中の発見を劇的に改善できる可能性があることを示しています。」

ベイラー医科大学救急医療学科研究担当副科長で本研究の上席著者を務めたフランク・ピーコック医師は、次のように述べています。「本技術は、病院到着前の処置に大変革をもたらすことになります。救急車でのAlphaStroke™の使用は、LVOの診断として臨床的印象よりも容易・迅速・正確で、より多くの脳卒中犠牲者が可能な限り早く適切な病院に送られることを意味します。時は脳なり(Time is brain)、脳卒中による死亡ないし恒久的障害を防げる唯一の手段は迅速な治療です。」

FDIの診断プラットフォームAlphaStroke™は、病院到着前の医療提供者による脳卒中の発見を支援するように設計されています。

フォレスト・デバイセズは、米国のペンシルベニア州ピッツバーグとカナダのアルバータ州カルガリーに拠点を置く医療機器企業で、病院到着前の脳卒中発見技術として初のAlphaStrokeを開発しました。当社は脳卒中治療の遅れをなくすことで脳卒中による機能障害を減らすべく、懸命に努力しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20210226005391/ja/

CONTACT

Carmelo R. Montalvo

412.404.3769

pr@forestdevices.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • 亚马逊与美国国家安全委员会携手开展业界首创合作项目,以解决美国常见的工伤问题
  • Aragen Announce Multi-Year Partnership With FMC Corporation, Aims at Accelerating Agro-Chemical Pipeline
  • 片肺換気中の高酸素血症介在疾患の罹患率にORiを指針とする酸素需要評価が及ぼす影響についての新研究
  • セルトリオン、抗COVID-19モノクローナル抗体治療剤「Regdanvimab(CT-P59)」の グローバル第3相臨床試験結果を発表
  • 沃特世推出SELECT SERIES MRT多反射飞行时间质谱平台,树立高分辨质谱性能新标杆