医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ソウルバイオシスがウイルスを10分で死滅させるポータブル型「フォトン・スタンド」表面殺菌ユニットを開発

2021年02月16日 PM01:30
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

韓国安山市

(ビジネスワイヤ) — 光半導体専門企業の Seoul Viosys Co., Ltd. (本社:安山市、代表理事:イ・ヨンジュ、以下「ソウルバイオシス」) は、新たなVioleds(バイオレッズ) UV-C LED技術の応用例となるポータブル型表面殺菌ユニット「フォトン・スタンド」(Photon Stand)の開発を発表しました。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20210215005441/ja/

ソウルバイオシスのフォトン・スタンド表面殺菌ユニットは、消毒エリアの規模に応じてカスタマイズ可能。(画像:ビジネスワイヤ)

ソウルバイオシスのフォトン・スタンド表面殺菌ユニットは、消毒エリアの規模に応じてカスタマイズ可能。(画像:ビジネスワイヤ)

フォトン・スタンド表面殺菌ユニットは、感染患者によって汚染された病室などのCOVID-19発生エリア、学校や児童デイケアセンターなどの場所を消毒できるように設計したものであり、10分以内にウイルスと細菌の90%以上を死滅させます。ソウルバイオシスは、OEM製造向けのフォトン・スタンド表面殺菌ユニットと、Violeds UV-C LED技術の両方を世界市場の医療機器メーカー向けに販促していきます。

フォトン・スタンド表面殺菌ユニットは、複数種の細菌やウイルスを殺菌することが実証されているソウルバイオシスの特許取得済みUV-C LEDフォトンソリューションであるVioleds技術を応用した最新例となります。ソウルバイオシスのBIO研究チームは、フォトン・スタンドが最大29.02m2の部屋で10分以内にウイルスと細菌の90%以上を殺菌し、最大13.84m2の部屋で10分以内に99%を殺菌することを確認しました。フォトン・スタンドの設計は、韓国大学とKRバイオテックが実施した数多くのコロナウイルス殺菌の研究による成果です。ソウルバイオシスはBIO研究チームを10年以上にわたり運営しており、当チームは生物学分野の博士号や修士号を取得した専門研究者を擁しています。

ソウルバイオシスの担当者は、次のように述べています。「フォトン・スタンド殺菌ユニットの運用経費は、感染患者向けに使用される陰圧(隔離)室の規模である15m2のエリアで10セント未満となります(経費は5万時間というVioledsの寿命を基にシミュレート)。これは、同じ規模のエリアを消毒するために必要な化学薬品処理にかかる経費(4ドル)のわずか2%に相当します。フォトン・スタンドに使用されるVioleds UV-C LEDモジュールの経費は500ドル未満であり、大規模エリア向けVioleds消毒装置は、水銀UVランプを使用したシステムと比較してわずか10%のコストで済みます。従って、フォトン・スタンドは消毒機器のコストを大幅に削減します。」

ポータブル型のフォトン・スタンドは、標準的な病室を10分以内に消毒できます(消毒時間を短縮するためのカスタムデザインも提供可能)。フォトン・スタンドは簡単に移動できるため、多様なエリアを効率的に消毒可能で、化学的除去や清浄に追加の経費や特別な労力は不要です。

化合物半導体の大手調査会社であるヨール・デベロップメントが報告したように、2025年にUV LED市場の収益は28億ドルに達する見込みです。ただし、フォトン・スタンド携帯型消毒ユニットなどの新しいアプリケーションが投入されれば、市場は拡大することになります。

「多目的施設の検疫エリアを消毒するために使用される化学消毒剤は、誤って使用されたり、消毒後に残留物質を適切に除去しなかったりすると、人体に致命的な影響を及ぼしたり、皮膚炎や呼吸困難を引き起こしたりする可能性があります。しかし、紫外線は化学消毒剤と違って残留物を残さず、跡形もなく消え去ります。従って、多様な医療施設や多目的施設に適しているのです。」(ソウルバイオシス担当者)

ソウルバイオシスは、韓国に拠点を置く研究機関で、新型コロナウイルスの殺菌試験を専門とするKRバイオテックによる試験を通じて、Violeds技術がSARS-CoV-2の99.437%を1秒で殺菌することを確認しました。また設計を修正することで殺菌時間を短縮できることも示されています。

ソウルバイオシスについて
ソウルバイオシスは、UV LEDと次世代3Dセンサー/レーザー光源のVCSEL (Vertical Cavity Surface Emitting Laser)とディスプレイ用のマイクロLED (Micro Clean Pixel)のフルラインソリューション専門企業である。2002年にソウル半導体の子会社として設立され、UV LED分野で世界1位の市場シェアを獲得しました(LEDinside,2018)。世界で唯一の紫外線(UV)から可視光線、赤外線までのすべての波長帯(200nm〜1600nm)のチップを生産してソリューションを提供し、関連技術の特許4000件以上を保有し、世界市場での優位性を先取りしている。代表的な独自技術UV LEDの「バイオレッズ(violeds)」は、有害な化学物質を使用せず、光だけを利用して殺菌・消毒(UVC)、皮膚再生(UVB)、空気・水質浄化、捕虫、植物育成など、幅広い産業分野にソリューションを提供している。同社は2018年にレイカン(RayCan)社を買収して、スマートフォンでの顔認識、自動車自律走行などをサポートする次世代VCSEL技術を確保、製品の量産を本格化した。2020年1月には、既存のディスプレイ市場に取って代わる差別化された単一ピクセルRGBのマイクロクリーンピクセル(Micro Clean Pixel)を発表した。詳細は、ソウルバイオシスのウェブサイト(www.seoulviosys.com)を参照。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20210215005441/ja/

CONTACT

報道関係者お問い合わせ先:

日本支社:ジャパンソウル半導体株式会社

広報担当

03-5360-7391

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • 亚马逊与美国国家安全委员会携手开展业界首创合作项目,以解决美国常见的工伤问题
  • Aragen Announce Multi-Year Partnership With FMC Corporation, Aims at Accelerating Agro-Chemical Pipeline
  • 片肺換気中の高酸素血症介在疾患の罹患率にORiを指針とする酸素需要評価が及ぼす影響についての新研究
  • セルトリオン、抗COVID-19モノクローナル抗体治療剤「Regdanvimab(CT-P59)」の グローバル第3相臨床試験結果を発表
  • 沃特世推出SELECT SERIES MRT多反射飞行时间质谱平台,树立高分辨质谱性能新标杆