医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

フィットビットとJMDC、法人向けFitbit Premiumの日本市場における独占販売契約を締結

2020年11月26日 AM09:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京

(ビジネスワイヤ) — Fitbit, Inc.(本社:米国サンフランシスコ、CEOジェームズ・パーク、以下「フィットビット」)と株式会社JMDC(本社東京都港区、代表取締役社長兼CEO松島陽介、以下「JMDC」)は2020年11月26日、フィットビットの有料会員サービスFitbit Premiumの日本国内の法人向け販売における独占契約を締結いたしました。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20201125005622/ja/

Fitbit Premiumイメージ画像 (画像:ビジネスワイヤ)

Fitbit Premiumイメージ画像 (画像:ビジネスワイヤ)

日本最大級の医療データを保有し、データを用いたヘルスケアサービスを提供するJMDCは、2016年から、健康経営に取り組む企業、健康保険組合、生損保企業などにフィットビットのデバイス(トラッカーやスマートウォッチ)を提供してきました。日本において、フィットビットデバイスを用いたより高度なサービスとしてFitbit Premiumのご案内も開始いたします。

Fitbit Premiumは、各ユーザーに対してカスタマイズされたプログラム、睡眠管理機能、数千種類のワークアウト、健康レポートを提供することで、より活動的な生活、より良い睡眠、そしてより良い食事をサポートします。さらにユーザーごとの行動データに基づき、アドバイスとなるインサイト機能が表示されることにより、ヘルスリテラシーの向上や意識変容を促すことが出来ます。また、あすけん、クロア、ニューロスペースといったパートナーから提供される睡眠、食生活、マインドフルネスに関するコンテンツプログラムを日本限定で提供します。このような健康増進に特化したFitbit Premiumの会員は、米国でのサービス提供開始から1年足らずで50万人以上を達成しています。

「近年、日本企業や健康保険組合等の法人は従業員の健康増進に向けた取り組みを加速させています。革新的なウェアラブルデバイスとグローバルで強固なコミュニティを持つフィットビットは、企業の健康経営を支えるためのパートナーとしてJMDCをFitbit Premiumの独占契約先として選択しました。これまでもJMDCのような戦略的パートナーや販売代理店ネットワークとの連携を通じ、日本の皆さまに寄り添い、健康社会を実現するため、私たちは重要な進歩を遂げてきました。この度、JMDCとのパートナーシップをFitbit Premiumまで拡大することで、より多くの人々の健康増進のためにサポートを提供できるようになります。」と、フィットビット・インターナショナルヘルスソリューション担当副社長兼アジア太平洋地域ジェネラルマネージャーであるスティーブ・モーリーはコメントしています。

「世界のウェアラブルメーカーのリーディングカンパニーである、Fitbit社との業務提携を発表できることを大変うれしく思います。企業の健康経営への取組みの拡大などを背景に、日本でも、ウェアラブルデバイスの普及が進んでいる中で、当社として、今までよりも高機能なウェアラブルソリューションを提供できることになりました。今後も個人の健康増進に寄与すると同時に、ウェアラブルデバイスを通じて集積したデータを用いて更なるソリューションの開発を進めていきたいと考えております。」と、JMDCの松島陽介代表取締役社長兼CEOはコメントしています。

フィットビットは2014年に日本法人を設立し、現在では幅広い業界の約300社の日本法人企業にヘルス&ウェルネスソリューションを提供し、より良い健康成果を従業員や健康保険組合等の保険者へフィードバックをしております。

JMDCは主に健康保険組合のお客様向けに健康増進事業を展開してきておりますが、今後はFitbit Premiumを含めて、運動、睡眠、瞑想、予防的メンタルヘルスなどのサービスを充実させ、企業向けの健康経営支援を大幅に拡大していきます。

サービス詳細は、https://fitbit.jmdc.co.jp/ をご覧ください。

【フィットビット・インク (NYSE: FIT) について 】

フィットビットは、フィットネスウェアラブルデバイス分野のリーダーとして、人々が目標に到達できるようにデータ、インスピレーション、ガイダンスを提供し、より健康でアクティブな生活の実現をサポートしています。フィットビットは、日常の健康とフィットネスを管理する製品および体験をデザインしています。フィットビットの革新的な人気製品の多様なラインアップには、Fitbit Sense、Fitbit Versa スマートウォッチ、 Fitbit Charge 4、Fitbit Inspire 2、Fitbit Ace 2 アクティビティトラッカー、そして、Fitbit Aria Wi-Fi スマート体重計があります。 フィットビット製品は、世界中 100 か国以上、39,000 店の小売店で販売されています。 世界最大規模のヘルス&フィットネスソーシャルネットワークとアクティビティ、運動、睡眠のデータベースにつながるフィットビットは、パーソナライズしたエクスペリエンス、インサイト、ガイダンスを、Fitbit アプリ、スマートウォッチ向け Fitbit OS を含む、 先進ソフトウェアとインタラクティブツールでお届けします。 フィトビットの有料サブスクリプションサービスであるFitbit Premiumは、高度な分析と実行可能なアドバイスをFitbitアプリ内で提供し、健康・フィットネスの目標を達成する手助けをします。Fitbit Health Solutionsは、エンゲージメントの向上、健康成果の改善、および企業、健康保険組合、医療システムにとって良い効果をもたらすことを目的としたヘルス&ウェルネスソリューションを開発しています。

Fitbit と Fitbit のロゴは米国とその他の国において、Fitbit, Inc.の商標、または登録商標です。
その他の Fitbit の商標については、www.fitbit.com/legal/trademark-list をご参照ください。サードパーティ商標はそれぞれ所有者の所有物です。
Facebook (https://www.facebook.com/fitbitjapan)
Instagram (https://www.instagram.com/fitbitjp)
Twitter (https://twitter.com/fitbit_jp)でつながり、フィットビットの体験を共有してください。

【株式会社JMDCについて】

医療ビッグデータ業界のパイオニアとして2002年に設立され、「データとICTの力で持続可能なヘルスケアシステムを実現する」をミッションとしています。5億4,000万件以上のレセプトデータと2,600万件以上の健診データ(2020年3月時点)の分析に基づく保険者向け保健事業支援、医薬品の安全性評価や医療経済分析などのサービスを展開しています。また、健康度を示す指標(健康年齢)や健康増進を目的としたPHRサービス(Pep Up)などのデータを活用したプロダクト開発も進めております。
URL:https://www.jmdc.co.jp/

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20201125005622/ja/

CONTACT

【本件に関するお問い合わせ】

フィットビット・ジャパン PR 事務局(フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社内)

TEL:03-6204-4301

Email:FITBIT.JP@fleishman.com

株式会社JMDC 経営管理部 広報担当

山東 あみ

TEL:03-5733-5010

Email:jmdc-pr@jmdc.co.jp

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • 亚马逊与美国国家安全委员会携手开展业界首创合作项目,以解决美国常见的工伤问题
  • Aragen Announce Multi-Year Partnership With FMC Corporation, Aims at Accelerating Agro-Chemical Pipeline
  • 片肺換気中の高酸素血症介在疾患の罹患率にORiを指針とする酸素需要評価が及ぼす影響についての新研究
  • セルトリオン、抗COVID-19モノクローナル抗体治療剤「Regdanvimab(CT-P59)」の グローバル第3相臨床試験結果を発表
  • 沃特世推出SELECT SERIES MRT多反射飞行时间质谱平台,树立高分辨质谱性能新标杆