医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【福岡県協議会】地域ケア病棟で処方適正化-薬剤師の薬学的介入が寄与

【福岡県協議会】地域ケア病棟で処方適正化-薬剤師の薬学的介入が寄与

読了時間:約 1分47秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月25日 AM10:30

福岡県医薬品適正使用促進連絡協議会が18日、県庁舎内で開かれ、回復期リハビリテーション病棟と地域包括ケア病棟の入院患者を対象に実施した「処方適正化アプローチ事業」の最終報告が神村英利委員(福岡大学薬学部教授)から行われた。今回、回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟でもスクリーニング項目該当患者群で減薬される割合が高いことが判明。両病棟でも薬学的介入は処方の適正化に寄与することが分かった。

同事業は、東京大学病院で実施している「薬剤師による持参薬評価テンプレートを用いたスクリーニング」を導入して処方適正化の有効ツールとしての検証を実施してきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬食審調査会】ワクチン接種者の献血、接種後48時間は不可
  • 【厚労省】小林化工に業務改善命令-製造不正で12品目承認取消
  • 【厚科審合同部会】新たに接種後死亡4例-安全性、重大な懸念なし
  • 【厚労省懇談会】歯科医のワクチン接種了承-筋注研修など一定条件で
  • 【関西広域連合】薬剤師のワクチン接種要望-コロナ急拡大で緊急提言