医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > マラリア抑制と蚊刺抑制が新技術により前進

マラリア抑制と蚊刺抑制が新技術により前進

読了時間:約 1分2秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年10月23日 PM08:00
蚊から刺されることは過去になってしまう可能性、新技術を前進

蚊から刺されることが過去になってしまうかもしれない。このような世界レベルで驚きの技術をオルファクター・ラボトリーズが前進させた。この技術は早くて2013年に市場投入させるということで、現在準備が進められている。

蚊が刺すというのは単に不愉快に思うことだけではなく、マラリアや西ナイル熱の患者が拡大していく原因である。そのためこの技術が実際に使えるようになると、これらの病気というのは激減していくと考えられている。

そのためオルファクターは2年前からカリフォルニア大学のリバーサイド校で多国籍企業と一緒に集中的な共同研究を行った。その結果、蚊が人間の皮膚を刺すという行動を変えることができる技術を開発したのである。

蚊の識別能力を混乱させる技術を開発

この技術というのは人間の皮膚に薬を塗るものではなく、空中に化合物を拡散することによって行われる。この技術では蚊が人間の皮膚を識別するための二酸化炭素検知能力を混乱させるようになっている。

この能力が使えなくなれば蚊は人の肌や血液を探し当てることが出来ないため、蚊から刺されることを無くすことが出来るのである。蚊は二酸化炭素を認識できなければ、人間の位置を確認して刺すという行為は出来ない。

蚊が刺すことによって感染してしまう病気というのは少なくないが、この研究を実現できれば患者の数は激減させることが出来る。また屋外で活動をしている時に蚊に刺されるという不愉快な思いをしなくてすむようになる。

▼外部リンク

オルファクターラボラトリーズ
http://www.olfactorlabs.com

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 新型コロナ感染者が回復に要した平均日数は?-ウェアラブルデバイスの追跡から
  • 抗菌薬による大腸がんリスク増大、若年者でより強い傾向-ESMO2021報告
  • 片頭痛の改善に、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の摂取量が関連する?
  • 不確実性と好奇心の良いバランスが、未就学児の「学びたい意欲」につながっている?
  • 在宅医療の「一貫性」が、認知症患者の再入院リスクの低下に寄与?