医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 重い心臓病に苦しむ患者に朗報!岡山大学病院 心臓再生医療の効果を確認

重い心臓病に苦しむ患者に朗報!岡山大学病院 心臓再生医療の効果を確認

読了時間:約 46秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年05月26日 AM10:00
7例全てが心機能向上

岡山市の岡山大学病院は、重い心臓病の乳幼児に、自身の心臓から幹細胞を取り出し、培養後にカテーテルで心臓に戻すという「心臓幹細胞移植」を、昨年から乳幼児7人に行い、全員の心臓機能を改善させることに成功しました。

同病院では、昨年、先天性の重い心臓疾患のある1歳の女児に、世界初となるこの治療を行い成功させ、この女児は、移植1ヶ月後には心臓ポンプ機能が約10%向上しました。

この女児を合わせ、治療を受けた7人の心筋機能は5%から最大22%改善し、拒絶反応や副作用もないそうです。

7月にも高度医療を申請へ

岡山大学病院では、7月にも国に「高度医療」の申請を行う予定とのことです。

この治療を受けた乳児の母親の一人は

「多くの人に支えられ、命が続いていることに感謝している。幹細胞移植がもっと身近になれば」

と、喜びと期待を語っており、王教授は

「国の承認を得て、一日も早く治療を本格化させたい」

と述べています。現在、同病院では10名の患者が、この治療を待っているそうです。

▼外部リンク

読売新聞
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=59186

岡山大学病院新医療研究開発センター
http://shin-iryo.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 10の免疫疾患で日本人免疫細胞28種の遺伝子多型の機能をカタログ化-東大病院ほか
  • 非小細胞肺がん、インテグリンα11を介するCAF活性化機序を解明-順大ほか
  • てんかん、日本人の発症に関連する新規遺伝子領域を同定-名古屋市立大ほか
  • 学習時の刺激により、脳内のタンパク質が集合体を形成することを発見-京大ほか
  • 腸内細菌叢が作り出す複雑な脂質多様性を解明する手法を開発-理研ほか