医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

Home > アレルギー性鼻炎 > 花粉症治療 患者ビッグデータ(6)“売れ筋”市販薬の成分は<点鼻薬編>

花粉症治療 患者ビッグデータ(6)“売れ筋”市販薬の成分は<点鼻薬編>

読了時間:約 4分13秒  2017年05月16日 AM10:00
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は医療者のみが閲覧する事ができます。

あなたは医療者ですか?

市販点鼻薬「重要」「手放せない」患者の約4割が薬剤性鼻炎「知らない」


処方薬・市販薬検索サイト「QLifeお薬検索」の検索ランキングデータや通販サイトの売上ランキングなどをもとに、いわゆる“売れ筋”の市販薬をリストアップ、添付文書から、その成分などを一覧化する。今回は「点鼻薬」について紹介する。

今回の調査で、市販の点鼻薬を使用した患者に重要度を聞いたところ、37.5%が「非常に重要であり、手放せない」と回答、「やや重要である」と回答した患者を加えると88.6%が市販の点鼻薬が重要と考えていた。しかし、そのうち薬剤性鼻炎を「知っている」と答えた患者は59.7%にとどまっており、受診時の確認に加え、安全性の啓発が必要と思われる。

症状軽減にあたっての市販の点鼻薬の重要度

医療用医薬品と同用量の市販品や、内服・点鼻・点眼で同じブランド名の市販薬も

“売れ筋”の市販点鼻薬には、ナファゾリン、テトラヒドロゾリンなどの血管収縮作用を含む製品が並んだ。さらに、ナファゾリン100ml中50mg含有やテトラヒドロゾリン100mg中100mg含有など、医療用医薬品と同じ含有率の市販点鼻薬も多い。問診時など、薬剤名だけでなく使用頻度も厳しくチェックする必要がありそうだ。

また、問診票などで市販薬を記入する際、多くの場合はブランド名のみの記載にとどまっている。ところが、市販薬の中には、「内服と点鼻」「内服と点鼻と点眼」で同じブランド名を使用しているケースも多い。問診時にもブランド名を聞くだけでなく、それが内服か点鼻か点眼かを確認する必要があると思われる。

内服薬、点鼻薬、点眼薬で同名展開するブランド一例

内服 点鼻 点眼
アルガード
ザジテン
コルゲンコーワ -
パブロン -
ベンザ -

アレルギー性鼻炎治療 “売れ筋”市販点鼻薬

製品名 製造販売元
(販売会社)
成分 用法・用量
ナザール「スプレー」ポンプ
薬剤情報を見る
佐藤製薬 (100mL中)
ナファゾリン塩酸塩50mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩500mg
ベンザルコニウム塩化物10mg
7才以上1回1~2度鼻腔内に噴霧。1日6回まで、7才未満は使用しない
コルゲンコーワ鼻炎ジェット
薬剤情報を見る
日東薬品工業
(興和)
(1mL中)
ナファゾリン塩酸塩0.5mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩5mg
ベンザルコニウム塩化物0.2mg
リドカイン3mg
7才以上1回1~2度ずつ1日1~5回鼻腔内に噴霧、7才未満は使用しない
アルガード
鼻炎クールスプレーa
薬剤情報を見る
ロート製薬 (100mL中)
塩酸テトラヒドロゾリン100mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩500mg
ベンゼトニウム塩化物20mg
7才以上1回1~2度ずつ1日6回まで(3~4時間ごとに)、7才未満は使用しない
エージーノーズ
アレルカットC
薬剤情報を見る
第一三共ヘルスケア (100mL中)
クロモグリク酸ナトリウム1g
クロルフェニラミンマレイン酸塩0.25g
ナファゾリン塩酸塩0.025g
グリチルリチン酸二カリウム0.3g
7才以上1回1度ずつ1日3~5回両鼻腔内に噴霧、7才未満は使用しない
ナザールαAR
〈季節性アレルギー専用〉
薬剤情報を見る
佐藤製薬 (100g中)
ベクロメタゾンプロピオン酸エステル0.05g
18才以上1回左右の鼻腔内にそれぞれ1噴霧ずつ1日2回(朝・夕)、18才未満は使用しない
パブロン点鼻クイック
薬剤情報を見る
大正製薬 (100mL中)
ケトチフェンフマル酸塩75.6mg
ナファゾリン塩酸塩25mg
7才以上1回1度ずつ1日4回(朝・昼・夕方及び就寝前)両鼻腔内に噴霧、7才未満は使用しない
エージーアレルカットEX
〈季節性アレルギー専用〉
薬剤情報を見る
東興薬品工業
(第一三共ヘルスケア)
(100g中)
ベクロメタゾンプロピオン酸エステル0.05g
18才以上1回左右の鼻腔内にそれぞれ1噴霧ずつ1日2回(朝・夕)、18才未満は使用しない
タイヨー
鼻炎スプレーアルファ
大洋製薬
(ドラッグセイムス)
(100mL中)
ナファゾリン塩酸塩50mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩500mg
ベンザルコニウム塩化物20mg
7才以上1回1~2度ずつ1日1~5回鼻腔内に噴霧、7才未満は使用しない
パブロン鼻炎アタック
〈季節性アレルギー専用〉
薬剤情報を見る
大正製薬 (100g中)
ベクロメタゾンプロピオン酸エステル 0.1g
18才以上1回左右の鼻腔内にそれぞれ1度ずつ1日2回(朝・夕)噴霧、18才未満は使用しない
ベンザ鼻炎スプレー
薬剤情報を見る
武田薬品工業 (1mL中)
塩酸テトラヒドロゾリン1mg
マレイン酸クロルフェニラミン5mg
塩化ベンゼトニウム0.2mg
リドカイン5mg
7才以上1回1~2度ずつ鼻腔内に噴霧。1日6回まで、7才未満は使用しない
ケナリス点鼻薬
薬剤情報を見る
奥田製薬 (100mL中)
ナファゾリン塩酸塩50mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩500mg
リドカイン300mg
ベンゼトニウム塩化物20mg
7才以上1回1~2度ずつ鼻腔内に噴霧。1日6回まで、7才未満は使用しない
ザジテンAL鼻炎スプレーα
薬剤情報を見る
グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン (100mL中)
ケトチフェンフマル酸塩75.6mg
7才以上1回1度ずつ1日4回(朝・昼・夕方及び就寝前)両鼻腔内に噴霧、7才未満は使用しない

※QLife「お薬検索」データ、医薬品通販サイトランキングデータ、添付文書をもとに、QLife編集部が作成

今調査の概要は以下の通り。

  1. 調査対象:
    ・花粉症の治療を目的に2016年春の花粉症シーズンに1回以上医療機関を受診した患者500名
    ・通年性アレルギー性鼻炎患者ならびに患者予備群(自覚症状あり)で花粉症も合併しており、2016年春の花粉症シーズンに1回以上医療機関を受診した患者500名
  2. 有効回収数:1000名
  3. 調査方法:インターネット調査
  4. 調査時期:2016/12/7~2016/12/13

また、詳細な調査報告書はhttp://www.qlife.co.jp/news/170113qlife_research.pdfからダウンロードできる。(QLifePro編集部)