医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

エアロジェンとCanSinoBIOが共同開発した世界初の吸入型COVID-19ワクチン、中国で初の公的ブースター接種

2022年11月15日 PM04:16
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

アイルランド・ゴールウェイ

(ビジネスワイヤ) — 2021年末、エアロジェン(アイルランド、ゴールウェイ)とCanSinoBIO(カンシノバイオ、康希諾生物、SSE: 688185、HKEX: 06185)(中国、天津市)は、エアロジェン専有のエアロゾル薬物送達技術を使用したCanSinoBIOの組み換え型新型コロナウイルスワクチンConvidecia Air™ (コンビデシア・エア)を吸入送達する技術について、開発と商業供給の提携関係を発表しました。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20221113005057/ja/

Inhaled vaccine administration (Photo: Business Wire)

Inhaled vaccine administration (Photo: Business Wire)

2022年、Convidecia Air™は国家薬品監督管理局(NMPA)より、ブースター接種としての緊急使用承認を取得しました。上海市は10月25日、不活化ワクチンの2回投与またはConvidecia™の1回投与によるプライミングを受けた18歳以上の成人を対象として、吸入によるワクチン接種を開始した最初の都市となりました。

エアロゾル化されたワクチンは、カップディスペンサー経由で患者の気道に直接吸入されます。この経路は呼吸器ウイルスであるCOVID-19の自然な感染経路を模倣しており、粘膜免疫を生成することでさらなる効果を生み出す可能性があります。

2021年12月にランセット誌に掲載された第3相臨床試験によれば、注射型Convidecia™ワクチンは、単回投与から4週間以上経過後に重症化を予防する効果が91.7%でした1

2021年12月と2022年8月にランセット誌に掲載された吸入送達に関するさらなる臨床試験では、異種混合ブースターとしての吸入型ワクチンConvidecia Air™が、同種混合不活化ワクチンブースターによって誘導される免疫反応よりもはるかに強い免疫反応を起こすことが示されました。Convidecia Air™は、重篤有害事象が観察されることなく、針を使わず、痛みを伴わない非侵襲的な投与により、安全で有効な防御を人々に提供する革新的なソリューションであることが証明されています2,3

エアロゾル吸入という経路による接種は、使用するワクチンの量が非常に少ないため、注射法を採用した場合よりも、はるかに多くの患者がCanSinoBIOワクチンを費用対効果の高い方法で利用できるようにする余地があります4

この革新的な技術の他国での承認をサポートするため、アジアとラテンアメリカで吸入型ワクチンのさらなる臨床試験が進行中です。

エアロジェンの最高経営責任者(CEO)で創設者のジョン・パワーは、次のように述べています。「世界は、大規模なワクチン接種のための効果的かつ低コストで、世界規模で拡大して利用できるソリューションを緊急に必要としています。エアロジェンとCanSinoBIOが行った先駆的な開発は、これらの要件をすべて満たし、数十億人規模のワクチン接種の能力を持つシステムをもたらしました。当社は、中国での承認と公的接種開始のニュースを大変うれしく思うとともに、世界中で吸入型ワクチンがさらに承認されることを期待しています。」

CanSinoBIOの会長兼最高経営責任者(CEO)であるXuefeng YU博士は、次のように述べています。「私たちは、COVID-19ワクチンの革新的な吸入送達をめぐってのエアロジェンとの協業活動が市場で認められたことを大変うれしく思います。ワクチン接種におけるこの重要なブレークスルーは、粘膜免疫の層を追加することで、感染を阻止する可能性を持っています。私たちは、この革新的なニードルレスワクチンへの世界的アクセスを拡大し、社会の復帰ペースを加速させることを楽しみにしています。」

エンタープライズ・アイルランド(アイルランド政府商務庁)のレオ・クランシーCEOは、次のように述べています。「エアロジェンは、市場を一変させる破壊的技術を世界中の医療技術企業や製薬会社に提供し、ワクチンを含む医薬品の開発と製造を最適化し加速させるという並外れた実績を有しています。同社が追求する革新的な技術は、一貫して限界を押し広げ、治療に変革をもたらしており、今回のCovid-19に関しては、世界中の人々の健康・幸福に好影響を与えています。本日の発表は極めて重要であり、ワクチンの開発・製造におけるグローバルバリューチェーンにおけるアイルランドの地位をさらに強化するものです。エアロジェンが革新を通じて提供製品の変革を続けている中で、今後も同社と協力し、同社の世界市場での継続的成長を支えていけるものと期待しています。」

追加情報:

CanSinoBIOについて:

CanSinoBIO(SSE: 688185、HKEX: 06185)は、世界の公衆衛生安全保障のための革新的なワクチンの研究・生産・商業化に傾倒する大手バイオ医薬品企業です。当社は、ウイルスベクターを利用した技術、合成ワクチン技術、タンパク質構造設計および組み換えVLP技術、mRNAワクチン技術、さらには製剤および送達技術という5つの統合プラットフォーム技術を有しています。当社は現時点で、エボラウイルス病に対するアジアの革新的なワクチンAd5-EBOV、WHOが承認した組み換え型新型コロナウイルスワクチン(アデノウイルス5型ベクター)、世界展開を進めている革新的な吸入型COVID-19ワクチンConvidecia AirTMなど、12の疾患を予防するパイプライン製品の豊富なポートフォリオを確立しています。追加情報はwww.cansinotech.comでご覧いただけます。

エアロジェンについて:

エアロジェンは、急性期医療におけるエアロゾル薬物送達の世界的リーダー企業です。エアロジェン・ソロ(Aerogen Solo)は閉鎖式の単一患者用エアロゾル薬物送達技術5で、人工呼吸中に患者が発生させる感染性エアロゾルの伝達を軽減します6-11。エアロジェンの技術は、世界で唯一利用可能な閉鎖循環式システムとして、世界75カ国で1600万人以上の患者の治療に使用されており、救急科や集中治療室で極めて重要な役割を果たしています12

References

  1. Halperin SA, Ye L, MacKinnon-Cameron D, Smith B, Cahn PE, Ruiz-Palacios GM, Ikram A, Lanas F, Guerrero ML, Muñoz Navarro SR, Sued O, Lioznov DA, Dzutseva V, Parveen G, Zhu F, Leppan L, Langley JM, Barreto L, Gou J, Zhu T, for the CanSino COVID-19 Global Efficacy Study Group. Final efficacy analysis, interim safety analysis, and immunogenicity of a single dose of recombinant novel coronavirus vaccine (adenovirus type 5 vector) in adults 18 years and older: an international, multicentre, randomised, double-blinded, placebo-controlled phase 3 trial. Lancet 2022 399: 237-248, DOI: doi.org/10.1016/S0140-6736(21)02753-7
  2. Li JX, Wu SP, Guo XL, Tang R, Huang BY, Chen XQ, Chen Y, Hou LH, Liu JX, Zhong J, Pan HX, Shi FJ, Xu XY, Li ZP, Zhang XY, Cui LB, Tan WJ, Chen W, Zhu FC. Safety and immunogenicity of heterologous boost immunisation with an orally administered aerosolised Ad5-nCoV after two-dose priming with an inactivated SARS-CoV-2 vaccine in Chinese adults: a randomised, open-label, single-centre trial. Lancet Respir Med 2022, 10: 739-48. doi.org/10.1016/S2213-2600(22)00087-X
  3. Wu S, Huang J, Zhang Z, Wu J, Zhang J, Hu H, Zhu T, Zhang J, Luo L, Fan P, Wang B, Chen C, Chen Y, Song X, Wang Y, Si W. Safety, tolerability, and immunogenicity of an aerosolised adenovirus type-5 vector-based COVID-19 vaccine (Ad5-nCoV) in adults: preliminary report of an open-label and randomised phase 1 clinical trial. Lancet Infect Dis 2021, 21: 1654-64. doi.org/10.1016/ S1473-3099(21)00396-0
  4. Heida R, Hinrichs WL, Frijlink HW. Inhaled vaccine delivery in the combat against respiratory viruses: a 2021 overview of recent developments and implications for COVID-19 [published online ahead of print, 2021 Aug 25]. Expert Rev Vaccines. 2021;1-18
  5. Aerogen Solo System Instruction Manual. Aerogen Ltd. P/N 30-354, Revision U. (エアロジェン・ソロ・システムの取扱説明書)
  6. Ari A. Practical strategies for a safe and effective delivery of aerosolized medications to patients with COVID-19. Respir. Med. 2020; 167. doi:10.1016/j.rmed.2020.105987.
  7. Miller A, Epstein D. Safe bronchodilator treatment in mechanically ventilated COVID19 patients: A single center experience. J. Crit. Care. 2020; 58: 56–57.
  8. Fink JB, Ehrmann S, Li J, Dailey P, McKiernan P, Darquenne C et al. Reducing Aerosol-Related Risk of Transmission in the Era of COVID-19: An Interim Guidance Endorsed by the International Society of Aerosols in Medicine. J Aerosol Med Pulm Drug Deliv 2020. doi:10.1089/jamp.2020.1615.
  9. Halpin DMG, Criner GJ, Papi A, Singh D, Anzueto A, Martinez FJ et al. Global Initiative for the Diagnosis, Management, and Prevention of Chronic Obstructive Lung Disease: The 2020 GOLD Science Committee Report on COVID-19 & COPD. Am J Respir Crit Care Med 2020. doi:10.1164/rccm.202009-3533SO.
  10. O’Toole C, McGrath JA, Joyce M, Bennett G, Byrne MA, MacLoughlin R. Fugitive Aerosol Therapy Emissions during Mechanical Ventilation: In Vitro Assessment of the Effect of Tidal Volume and Use of Protective Filters. Aerosol Air Qual Res 2020; 20. doi:10.4209/aaqr.2020.04.0176.
  11. Joyce M, McGrath JA, Mac Giolla Eain M, O’Sullivan A, Byrne M, MacLoughlin R. Nebuliser Type Influences Both Patient-Derived Bioaerosol Emissions and Ventilation Parameters during Mechanical Ventilation. Pharmaceutics 2021; 13: 199.
  12. エアロジェンの社内資料

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20221113005057/ja/

CONTACT

For further information on Aerogen technology please contact:

Declan Slemon, dslemon@aerogen.com

For further information about Aerogen in China please contact

Dan Han, DHan@aerogen.com

For further information on CanSinoBIO please contact:

Junhong Jing, junhong.jing@cansinotech.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Dr. Ravi Karra Joins Advanced Clinical to Accelerate Global Growth and Deliver Innovative Oncology Trials
  • LevitasBio补强公司高级管理层
  • レビタスバイオが経営幹部を強化
  • Eleven NTT Papers Selected for NeurIPS 2022
  • Sonic Healthcare战略性入股Microba Life Sciences,建立重大商业合作关系