医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ベーリンガーインゲルハイムが臨床試験の電子データ収集でMedidata Raveの使用を拡大

2022年10月31日 PM11:08
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ニューヨーク

ダッソー・システムズ傘下のメディデータとベーリンガーインゲルハイムは本日、電子データ収集のより広範な分野における両社の協業を5年更新したと発表しました。新しい契約は、世界各地でベーリンガーインゲルハイムが実施する臨床試験におけるRave EDCの使用を拡大し、メディデータの革新的な一連の患者対応技術であるmyMedidata(分散型臨床試験(DCT)における患者中心主義と多様性の増強に着目)を含むものです。

本契約により、ベーリンガーインゲルハイムは、メディデータのスケーラブルで患者中心の機能を提供することで、有意義な形での患者エンゲージメントに傾注することができます。これには、電子的同意取得、電子臨床転帰評価(eCOA)、myMedidata LIVE(治験担当医がビデオで患者診察)へのアクセスを提供するシングルデスティネーションの(ユーザーにとって一カ所でニーズが満たされる目的地となる)ウェブベースプラットフォームであるmyMedidata患者ポータルが含まれます。

メディデータの患者クラウド担当最高経営責任者(CEO)であるアンソニー・コステロは、次のように述べています。「ベーリンガーインゲルハイムとメディデータは、業界のリーダーとして、患者の利益のために革新を起こす責任を負っています。さまざまな治療領域にわたるベーリンガーインゲルハイムのグローバルリーチは、myMedidataや、その他のメディデータ・クリニカル・クラウド(Medidata Clinical Cloud)プラットフォームの拡張可能な機能にとって、完璧な組み合わせとなります。両社は協力することで、広範な臨床プログラムへのアクセスと参加者の多様性を迅速に向上させることが可能になります。」

メディデータの分散型臨床試験プログラムは、業界で唯一の拡張可能なエンドツーエンドのサービスであり、個人がデータを提供する方法、患者に医薬品を発送する方法、臨床試験データを管理・モニターする方法の変革に役立っています。最も重要な点として、これらのリモート技術により、広い地理的地域における患者アクセス、包摂、エンゲージメントを改善し、臨床試験における患者の多様性を向上させる機会が創出されます。

ベーリンガーインゲルハイムは、Rave EDC(電子データ収集)、Coder、TSDV(原資料データ検証)、Safety Gatewayを含むメディデータの技術を頼りにしてきました。ベーリンガーインゲルハイムはまた、臨床試験のスピード・成功・質を改善するための高度な分析を提供するメディデータのAI Intelligent Trialsも検討しており、当社のイメージングサプライヤーと契約しているサービスを通じて、メディデータの Rave Imaging技術の恩恵を享受しています。

メディデータはダッソー・システムズの完全所有子会社です。3Dエクスペリエンス(3DEXPERIENCE)プラットフォームを擁するダッソー・システムズは、研究から商業化までの初のエンドツーエンド科学/事業プラットフォームにより、個別化医療時代の生命科学のデジタル変革をリードする立場にあります。

メディデータについて

メディデータは生命科学のデジタル変革をリードし、何百万人もの患者に希望をもたらしています。メディデータは、製薬、バイオ技術、医療機器、診断薬・機器の企業や学術研究者が価値を高め、リスクを最小化し、結果・成績を最適化する上で役立つ証拠と洞察的知見の生成を支援しています。2000社以上の顧客とパートナーの100万人以上の登録利用者が、臨床開発・商業・実臨床のデータのための世界で最も信頼されているプラットフォームを利用しています。ダッソー・システムズ(Euronext Paris:FR0014003TT8、DSY.PA)傘下のメディデータは、ニューヨーク市に本社を置き、世界各地に事業所を構えて、顧客ニーズに対応しています。詳細については、www.medidata.comをご覧になり、当社(@Medidata)をフォローしてください。

ダッソー・システムズについて

3Dエクスペリエンス企業のダッソー・システムズは、人間の進歩を促進しています。企業や個人に協調的3D仮想環境を提供し、持続可能な革新成果を想像できるようにしています。当社の3Dエクスペリエンスのプラットフォームとアプリケーションで実世界のバーチャルツイン体験を創り出すことで、お客さまは革新、学習、生産の限界を押し広げ、患者、市民、消費者にとってより持続可能な世界を実現することができます。ダッソー・システムズは、140カ国以上のあらゆる規模と業種の30万以上のお客さまに価値をもたらしています。詳細情報については、www.3ds.comをご覧ください。

3DEXPERIENCE、Compassのアイコン、3DSのロゴ、CATIA、BIOVIA、GEOVIA、SOLIDWORKS、3DVIA、ENOVIA、NETVIBES、MEDIDATA、CENTRIC PLM、3DEXCITE、SIMULIA、DELMIA、IFWEは、フランスの「欧州会社」(ヴェルサイユ商業登記所登記番号B 322 306 440)であるダッソー・システムズまたは米国および/またはその他の国々における当社子会社の商標または登録商標です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20221027005036/ja/

CONTACT

Tom Paolella

Senior Director, Corporate Communications & Affairs

+1-848-203-7596

thomas.paolella@3ds.com

Paul Oestreicher

External Communications Director

+1-917-522-4692

paul.oestreicher@3ds.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • NRDL Inclusion Offers Substantial Opportunities for Innovative, Clinically Differentiated Therapies in China Despite Steep Price Reductions
  • ZCG关联公司收购Universal Marine Medical Supply International
  • エクセンシア、ESMO免疫腫瘍学会の年次総会でEXS-21546用の新規がん免疫療法バイオマーカーを発表
  • Takeda’s QDENGA®▼ (Dengue Tetravalent Vaccine [Live, Attenuated]) Approved for Use in European Union
  • 冠科生物宣布与ERS Genomics签订基因编辑专利CRISPR/Cas9的全球性许可协议