医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

バイオサイトジェンが香港証券取引所メインボードに上場、新薬の源流となることを目指す

2022年09月29日 AM11:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

北京

(ビジネスワイヤ) — バイオサイトジェン・ファーマシューティカルズ(北京)(以下、「バイオサイトジェン」、HKEX: 02315)は、香港証券取引所メインボードへの正式上場を発表しました。上場記念式典には、政府代表、株主、代理店、協業パートナー、従業員代表が出席しました。合計2176万株のグローバルオファリングを、1株当たり25.22香港ドルの価格で実施しました。本グローバルオファリングによる正味調達額は約4億7110万香港ドルとなる予定です。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20220831005907/ja/

Biocytogen's listing ceremony (Photo: Business Wire)

Biocytogen’s listing ceremony (Photo: Business Wire)

バイオサイトジェンは、2009年の設立以来、創薬標的ヒト化マウスや重度免疫不全マウスなど、高度な専有技術を用いて、一連の遺伝子改変動物・細胞モデルを確立してきました。当社は、これらの特殊なモデルを活用し、世界の製薬/バイオテクノロジー企業に前臨床薬理評価サービスを提供しています。これらの製品およびサービスは、新薬の研究開発を大きく加速させています。

バイオサイトジェンは、6年の歳月をかけて開発した専有のサイズ無制限精密染色体工学(SUPCE)技術を応用し、RenMab™やRenLite®など一連の完全ヒト抗体マウス(RenMice™)を作製しました。当社は、RenMice™を用いて、完全ヒト型モノクローナル抗体創薬プラットフォーム、二重特異性抗体創薬プラットフォーム、二重特異性ADCプラットフォーム、GPCR抗体プラットフォーム、TCRミミック抗体プラットフォームという5つの中核的な抗体開発プラットフォームを開発しており、これらがバイオサイトジェンの抗体医薬創薬能力のコア競争力を形成しています。当社は、RenMice™を使用した大規模抗体創薬・開発プログラムの「プロジェクト・インテグラム」を2020年に発足させましたが、本プログラムには、抗体創薬可能な標的候補1000種類以上に対するノックアウトRenMice™の創出、標的検証、抗体創薬が含まれます。バイオサイトジェンは、これら5つの抗体プラットフォームにより、世界的な製薬/バイオテクノロジー企業とのライセンスや共同開発が可能な新規抗体医薬分子を継続的に創出することを計画しています。過去2年間で当社は、1000種類以上の標的遺伝子のノックアウトRenMice™を作製し、300種類以上の標的で抗体スクリーニングを行い、240種類以上の標的でヒット分子を同定し、20種類近くの標的でPCCを得ています。バイオサイトジェンは、新規抗体医薬の源流となるべく奮闘しています。

バイオサイトジェンは、遺伝子編集された動物モデルや細胞モデルを基盤として、証拠に基づく革新的なin vivo薬効/安全性スクリーニングプロセスを開発しました。これらの前臨床創薬/薬理学プラットフォームは、モノクローナル抗体、二重特異性抗体、二重特異性ADCを含む10種類以上の前臨床/臨床パイプラインの確立を支えており、3製品がライセンス供与もしくは共同開発または両方が行われています。当社の主力製品であるYH003(CD40 mAb)およびYH001(CTLA-4 mAb)は現在、第2相多国籍臨床試験および国際的な医薬品開発の段階にあり、第1相試験では優れた安全性プロファイルと有望な中間段階の抗腫瘍活性が確認されています。

バイオサイトジェンは2013年以来、2500種類以上の革新的な動物モデルを開発し、これらのモデルは世界20カ国以上に販売されています。将来的には、1000種類以上の革新的なモデルの開発に成功し、市場投入できると期待しています。バイオサイトジェンは、トップ10の世界的バイオ医薬品企業の多くを含め、200社以上のバイオ医薬品企業に対し、500件以上の前臨床抗体医薬評価プロジェクトを完了させています。当社はRenMice™プラットフォームを、メルク・ヘルスケア、ベイジーン、ゼンコア、イノベントを含む14社にライセンスし、32件のプロジェクトが開始されています。当社はさらに、メルク・ヘルスケア、レメゲン、チャイナ・リソーシス・バイオファーム、南京正大天晴製薬有限公司(NJCTTQ)、リベロセラを含め、15社と24件の前臨床抗体共同開発契約またはライセンス契約を締結しています。またRemgen、トラコン、ジーン・クアンタムなどのパートナーと連携し、前臨床/臨床抗体医薬パイプラインを共同開発しています。

バイオサイトジェンの創設者で会長兼最高経営責任者(CEO)のYuelei Shen博士は、バイオサイトジェンの将来について次のように述べています。「バイオサイトジェンの急成長と発展は、全従業員の努力、地元政府や株主、グローバルな協業相手からの強力な支援なしにはあり得ません。香港証券取引所への上場は、資本市場がこれまでの当社の実績を評価し、将来の成長を信じていることを意味します。HKEXへの上場により、バイオサイトジェンが革新的な研究開発をさらに強化し、引き続き高品質の製品やサービスを生み出し、柔軟で相互に有益な事業協業モデルを持続させられるものと、当社は確信しています。中国に根差し、世界的な視野を持つバイオテクノロジー企業として、当社は事業のグローバル化をさらに加速させ、優れた業績と財務利益により、株主、従業員、社会に利益を還元できるよう奮闘しています。」

バイオサイトジェンについて

バイオサイトジェン・ファーマシューティカルズ(北京)は、革新的な技術で画期的な抗体医薬の研究開発を推進する世界的なバイオテクノロジー企業です。バイオサイトジェンは、完全ヒトモノクローナル抗体および二重特異性抗体を開発するために当社が専有するRenMab™/RenLite®マウスプラットフォームを使用し、当社のin vivo薬効スクリーニングプラットフォームおよび臨床開発の優れた専門力を統合し、医薬品開発プロセス全体を簡素化しています。バイオサイトジェンは、1000種類以上の標的に対して抗体を開発する大規模プロジェクトの「プロジェクト・インテグラム」を実施しており、さまざまな抗体医薬の製造に向け、世界中の数十のパートナー企業と継続的に連携しています。当社のパイプラインには、12種類の中核製品が含まれ、うち2つは第2相多国籍臨床試験、2つは第1相の段階にあります。バイオサイトジェンは、北京に本社を構え、江蘇省海門、上海、米国ボストンに支社を有しています。詳細情報については、www.biocytogen.com.cnをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20220831005907/ja/

CONTACT

Biocytogen

Antibody Assets: BD-Licensing@biocytogen.com

Media: pr@bbctg.com.cn

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • メアリー・ケイ、米国栄養学会の年次総会で植物葉エキスの効能に関する新たな研究結果を発表
  • ENHERTU® Approved in the EU as the First HER2 Directed Therapy for Patients with HER2 Low Metastatic Breast Cancer
  • PHCの遠隔医療システム「Teladoc HEALTH」がシェアメディカルのデジタル聴診デバイス「ネクステート」と接続 ~ 接続機器の拡充により遠隔聴診を実現 ~
  • Latest Clinical Data of InnoCare’s Gunagratinib Presented at 2023 ASCO GI
  • Imricor Collaborates with GE HealthCare in Interventional Cardiac MRI