医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PHCと三和化学研究所が共同開発した、穿刺から廃棄までワンボタンで操作できる採血用穿刺器具「ソフレット®」を発売

2022年09月28日 PM02:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京 & 名古屋

(ビジネスワイヤ) — PHC株式会社 診断薬事業部(本社:東京都港区、代表取締役社長:森本 恭史、以下「PHC IVD」)と、株式会社三和化学研究所(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:磯野 修作、以下「三和化学研究所」)は、このたび、優しいユーザビリティで高齢者から子供まで簡単に操作できる、セミディスポーザブルタイプ(*1)の採血用穿刺器具「ソフレット®(*2)を共同開発し、販売を開始しましたので、お知らせいたします。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20220927005529/ja/

「ソフレット®」および「ソフレット®針」(写真:ビジネスワイヤ)

「ソフレット®」および「ソフレット®針」(写真:ビジネスワイヤ)

今回発売した「ソフレット®」は、従来のペン持ちではなく握り持ちを意識したワンボタン式の採血用穿刺器具です。従来の製品(*3)は穿刺ボタンと穿刺針を廃棄する操作ボタンがそれぞれ側面と上部にありました。本製品は、ワンボタン式に機構変更したことで、上部のボタンで穿刺と穿刺針の廃棄を行うことができ、誤操作およびインスリン注射の操作と混同することで生じる穿刺針の誤廃棄を防止します。また、穿刺針の保護キャップのねじ切りが不要となり、艶消し加工と握りやすいフォルム設計によって、高齢者から子供まで簡単に操作できます。さらに、穿刺音や穿刺の衝撃を小さくする低痛機構を採用することで、穿刺時の痛みや緊張緩和に配慮しています。

「ソフレット®」の専用穿刺針「ソフレット®針」(*4)は、従来の穿刺針(*5)と比較して、部品点数を3点から2点に削減し、プラスチック量を約30%減らした(*6)ことで、廃棄物量の低減を実現しました。

PHC IVDと三和化学研究所は、糖尿病と共に歩む方々が血糖値測定の際に使用する採血用穿刺器具を20年以上にわたって共同開発および製造販売しております。今後も血糖値を測定される方々のQOL向上に役立つと共に、医療従事者の課題にお応えするヘルスケアソリューションを提供し、より質の高い医療の実現に貢献してまいります。

― ソフレット®の主な仕様 ―

名称

ソフレット®

サイズ

長さ124mm×外径19mm(突起部除く)

重量

19g

希望小売価格

1本 2,500円(税別)

販売元

株式会社三和化学研究所 

製造販売元

PHC株式会社

― ソフレット®針の主な仕様 ―

名称

ソフレット®

サイズ

長さ33.6mm×外径15mm

重量

0.85g

希望小売価格

1包装 30本入り 690円(税別)

販売元

株式会社三和化学研究所

製造販売元

株式会社旭ポリスライダー

(*1)

針と針の周辺部分が一体の構造で使い捨て可能。ランセットの主流タイプ(2022年9月現在)

(*2)

「ソフレット® 」一般的名称:採血用穿刺器具、届出番号:13B1X10144000035

(*3)

「ジェントレット® 」一般的名称:採血用穿刺器具、届出番号:13B1X10144000001

(*4)

「ソフレット® 針」一般的名称:単回使用自動ランセット、認証番号:302AFBZX00035000 

 

製造販売元:株式会社旭ポリスライダー

(*5)

「ジェントレット® 針」 一般的名称:単回使用自動ランセット、認証番号:20600BZZ00900000

 

製造販売元:株式会社旭ポリスライダー

(*6)

PHC IVD比より

(注) ソフレット、ジェントレットは、三和化学研究所の登録商標です。

<PHC株式会社 診断薬事業部について>

1969年に設立されたPHC株式会社は、糖尿病マネジメント、ヘルスケアソリューション、診断・ライフサイエンスの事業領域において、開発、製造、販売、サービスを行い、グローバルヘルスケア企業として事業を展開するPHCホールディングス株式会社(証券コード 6523 東証プライム)の日本における事業子会社です。健康を願うすべての人々に新たな価値を創造し豊かな社会づくりに貢献することを経営理念として、診断薬事業部では、血糖値測定システムを始めとする検査・分析装置の開発、製造、販売を通じて、糖尿病や喘息などの疾患の早期発見と効果的な治療に貢献し、患者さんへの医療サービス向上に取り組んでいます。
www.phchd.com/jp/ivd

<株式会社三和化学研究所について>

三和化学研究所は、「人にやさしい“くすり”を世界の人びとに」の企業理念のもと、糖尿病領域・腎疾患領域を中核とし、アンメット・メディカル・ニーズ(Unmet Medical Needs)を満たす医薬品の開発に積極的に取り組んでいます。
www.skk-net.com/

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20220927005529/ja/

CONTACT

【お問い合わせ先】

PHC株式会社 診断薬事業部 事業企画部 広報課 田崎 浩/日下 裕子

電話:070-1449-9486/070-1226-3325  E-mail:ivd-communications@gg.phchd.com

株式会社三和化学研究所 経営戦略部 CSR広報グループ 柳井 勝行

電話:052-951-8130  E-mail:info-skk-2@ml.skk-net.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
TimeLine: ,

同じカテゴリーの記事 

  • Exscientia首次获得CTA核准,将启动EXS-21546治疗晚期实体瘤患者的1/2期IGNITE-AI试验
  • エクセンシア、進行性固形がん患者を対象としたEXS-21546の第1/2相試験IGNITE-AI開始のCTA承認を初めて取得
  • NovaBay Pharmaceuticals Announces the Launch of DERMAdoctor’s TikTok Store in China and Expands Online Marketing in the U.S. and China
  • Turnstone Biologics Enters Cooperative Research and Development Agreement with the National Cancer Institute to Study TIL Therapy in Combination with Viral Immunotherapy
  • Kaneka to Manufacture and Supply Intermediates for Shionogi COVID-19 Drug