医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

オリンパスがVISERA ELITE III外科可視化プラットフォームを発売

2022年09月16日 AM02:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京

(ビジネスワイヤ) — オリンパス株式会社(取締役 代表執行役 社長兼CEO:竹内康雄)は本日、複数の診療科目にわたる医療従事者の内視鏡手術ニーズに応える最新の外科可視化プラットフォーム「VISERA ELITE III」の発売を発表しました。VISERA ELITE IIIは、さまざまなイメージング機能すべてを1つのシステムで提供し、腹腔鏡下大腸切除術や腹腔鏡下胆嚢摘出術などの低侵襲治療に対応します。今後、ソフトウエアのアップグレードにより、手術用イメージング技術を発展させ、さまざまな手術のシームレスなサポートを容易にする個別設定を実現し、投資コストの低減につなげます。VISERA ELITE IIIは、欧州・中東・アフリカ(EMEA)、アジアの一部、オセアニア、日本で2022年9月以降に提供します。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20220913005640/ja/

Surgical visualization platform VISERA ELITE III (Photo: Business Wire)

Surgical visualization platform VISERA ELITE III (Photo: Business Wire)

オリンパスの外科手術用内視鏡部門グローバルヘッドの松本勘一は、次のように述べています。「VISERA ELITE IIIでは、複数の診療科目と構成に対応できるように設計したクラス最高の外科可視化プラットフォームを提供し、医療従事者が手術中に患者に完全に集中できるようにします。VISERA ELITE IIIは、先行製品VISERA ELITE IIとVISERA 4K UHDの技術を1つのプラットフォームに取り込むことで、内視鏡手術の質を高め、手術室における効率化に貢献することをもって、医療水準を向上させるものです。」

1つのシステムですべてをカバー

VISERA ELITE IIIは、VISERA ELITE IIの3Dおよび赤外線1のイメージング機能と、VISERA 4K UHDシステムの4Kイメージング機能を統合しました。また、蛍光ガイド下手術やオリンパスが開発した独自の観察モードであるNBI2にも対応しています。この一体型システムは、複数の観察モードを外科医に提供することで、手術室における標準化を支え、効率を向上させます。また、VISERA ELITE IIIでは、ユーザーが一般外科、泌尿器科、婦人科、耳鼻咽喉科など異なる診療科目ごとにカスタマイズした診療科プロファイルを設定することが可能です。本プラットフォームは、VISERA ELITE IIの既存の内視鏡と互換性があります。

ニーズに合わせて前進するイノベーション

本プラットフォームは、必要に応じてソフトウエアのアップグレードを行い、新たな手術用イメージング機能を追加することが可能です。VISERA ELITE IIIは、最新技術を利用するために外科可視化システム全体を切り替える必要がなく、新しい水準を打ち立て、高い柔軟性を提供するだけでなく、将来対応性のある投資となります。

画質を向上させフォーカス調整を改善

VISERA ELITE IIIシステムは、4K手術観察時のフォーカス調整モードを搭載し、連続した広視野フォーカスやシームレスな拡大によって精密な内視鏡観察を実現するEDOF(被写界深度の拡大)機能を装備しています。また、カメラヘッドと内視鏡の動きに合わせてフォーカスを自動調整するC-AF(連続的オートフォーカス)機能を提供します。これにより、近景と遠景の両方でより鮮明な画像を撮影できるため、医療従事者は、手術中に受けるストレスが軽減され、患者さんと手術の結果に集中できます。

VISERA ELITE IIIは、ソニー株式会社の最先端のデジタル・イメージング技術と、オリンパスが内視鏡の大手メーカーとして数十年にわたり培ってきた医療機器開発の専門知識と経験を融合するものであり、お客さまとの幅広い意見交換を通じて把握された病院側の高まるニーズに応えています。

VISERA ELITE IIIの開発に当たっては、ソニーとオリンパスの合弁会社のソニー・オリンパスメディカル・ソリューションズが、各社の技術や画像処理機能を医療用途に最適化し、オリンパスがこれまでに市場投入した中で最も高度でオープンかつ汎用性の高い外科可視化プラットフォームを完成させました。

オリンパスについて

オリンパスは、医療、ライフサイエンス、産業機器業界のための顧客主導ソリューションを創出することに情熱を注いでいます。オリンパスは100年以上にわたり、病気の発見・予防・治療、科学研究の促進、公共の安全の確保に貢献することで、人々の生活をより健康で安全で充実したものにすることに傾注してきました。

内視鏡ソリューション事業では、医療技術、治療介入、精密製造における革新的な能力を活用し、医療従事者が診断、治療、低侵襲手術を行い、臨床成績を高め、総コストを削減し、患者さんの生活の質を改善できるよう支援しています。1950年の世界初の胃カメラで始まったオリンパスの内視鏡ソリューションのポートフォリオは、内視鏡、腹腔鏡、ビデオ・イメージング・システム、さらにカスタマー・ソリューションと医療サービスを含むまでに成長しました。詳細情報については、www.olympus-global.comをご覧いただくとともに、グローバルTwitterアカウント(@Olympus_Corp)のフォローをお願いいたします。

注記:紹介されている製品または機器には将来的技術が含まれており、その技術は各国の規制当局の承認待ちである場合もあり、すべての地域で販売されているわけではありません。

______________________________
1 赤外線イメージングとは、インドシアニングリーン(ICG)という蛍光剤を投与し、近赤外線(波長700~780nmの光)を照射することで発生する蛍光を観察する特殊な光観察機能です。
2 NBI(狭帯域光観察)とは、粘膜の微細な血管やその表面模様などの特徴を観察するためのイメージング技法です。血液中のヘモグロビンに吸収される2つの狭帯域(波長)の光を照射することで、組織を強調表示します。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20220913005640/ja/

CONTACT

Natsuki Inoue – natsuki.inoue@olympus.com

Jessica Lee – jessica.yy.lee@fleishman.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • ワン・マインド・アット・ワーク、コロンビア大学メンタルヘルス+ワークデザイン・ラボ、エシスフィアが職場メンタルヘルス指数を発表、職場メンタルヘルスの測定だけでなく改善・革新も行うこの種として初の包括的戦略
  • 日本の自家免疫細胞療法が、ジーエヌコーポレーションの技術提供により、ベトナムのビンメック病院でのがん治療に貢献
  • Simplify Healthcare wins the W.E.-Matter Global Employees’ Choice Awards in seven categories, including the Best Medium Size Company
  • Biospectal Partners with Amref Health Africa to Extend Global Access to Blood Pressure Management
  • フレーザー・ライフ・サイエンシズがバイオ製薬業界の経験豊富なエグゼクティブをチームに迎える