医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

大日本印刷 包材や産業資材等に使える紙製ハイバリアモノマテリアルシートを開発

2022年09月15日 AM10:14
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京

(ビジネスワイヤ) — 大日本印刷株式会社(本社:東京 代表取締役社長:北島義斉 以下:DNP)は、紙の単一素材(モノマテリアル)で構成することでリサイクルしやすさを高めながら、酸素や水蒸気等への高いバリア性を持つ環境配慮型のパッケージ用シートを開発しました。食品・化粧品・医療品等のメーカーに向けて包装資材として、また、より幅広い業界に向けて各種産業資材として、国内外の市場に提供していきます。
なおDNPは、2022年10月12日(水)~14日(金)に東京ビッグサイトで開催される「TOKYO PACK 2022 (2022東京国際包装展)」にて本製品を紹介します。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20220912006001/ja/

紙製ハイバリアモノマテリアルシートを使ったパッケージ (写真:ビジネスワイヤ)

紙製ハイバリアモノマテリアルシートを使ったパッケージ (写真:ビジネスワイヤ)

【紙製ハイバリアモノマテリアルシートの開発の背景】
気候変動や地球温暖化、プラスチックによる海洋汚染等の環境課題の解決に向けて、近年特に、各国・地域での脱炭素の取り組みやESG投資などが加速しています。プラスチック製品については、世界中の企業や生活者がリデュース・リユース・リサイクルの取り組みを展開し、メーカー各社も植物由来の材料や堆肥化可能な生分解性の材料を使用した製品の開発・提供によって、環境負荷の低減に努めています。
DNPはこうした課題に対して、「DNP環境配慮パッケージング GREEN PACKAGING」のラインアップ拡充に努めています。その一環として、単一素材(モノマテリアル)で製品を構成することでリサイクル性を高めたモノマテリアルパッケージを展開しています。さらに、今回開発した「紙製ハイバリアモノマテリアルシート」は、これまでの石油由来のプラスチックフィルムではなく、植物由来の再生可能資源である紙を使うことでCO2排出量を削減し、循環型社会の実現にもつなげていく製品です。DNP独自のコンバーティング技術*1によって、従来は困難だった紙へのバリア性付与に成功し、フードロスの削減にもつながる長期保存・鮮度保持などを可能にします。

*1 コンバーティング技術:材料の変形・複合等を行う加工技術。DNPは、製膜・コーティング・ラミネート・蒸着・賦型・転写・切断・研磨・製袋・成型・製本など、紙やフィルム等の素材を多様な形に加工する強みを有している。

【紙製ハイバリアモノマテリアルシートの特長】
〇 紙でありながら高いバリア性を実現
紙は、繊維の間に細かいすき間がある多孔質構造であるため、酸素や水蒸気等をバリアすることが難しく、包装材に使用した際に内容物を長期間保護することが困難でした。この課題に対してDNPは、独自のコンバーティング技術で紙素材にバリア性を発現させました。これまで紙では難しいとされてきたハイバリア域である酸素透過度(OTR)0.5cc/m2・day・atm*2以下、水蒸気透過度(WVTR)0.5g/m2・day*3以下に高めることに成功しました。また、耐屈曲性能の向上を図り、折り曲げ加工後のバリア性の劣化を最小限にしました。更に、基材の紙については特殊な紙を選択する必要が無く、一般的なクラフト紙を使用しています。

〇 透明ハイバリア膜を有するモノマテリアル化でリサイクル性を高めるとともに、電波透過性も向上
バリア性を高めるコート膜(ハイバリア膜)にアルミニウム等の金属材料を使用せず、紙の単一素材(モノマテリアル)で構成することで、リサイクル性を高めています。このハイバリア膜は、透明材料の薄膜層で構成されており、薄くて導電性がなく、電波の透過に全く影響を及ぼさないため、RFID等の利用も可能です。この製品のバリア膜には、ポリ塩化ビニリデン(PVDC)を使用しておらず、製品全体に対して紙を重量比で80%以上使用しています。

〇 パッケージ用途では、ヒートシールが可能
紙を重量比80%以上使用することでリサイクル性を高めた素材でありながら、透明で高いバリア性のコート層を持つと共に、熱で溶着させ封止することが可能なヒートシール層を有します。

*2 酸素透過度:フィルムの物性値で、1気圧(atm)で1m2のフィルムに1日で通過する酸素の量。
*3 水蒸気透過度:フィルムの物性値で、1m2のフィルムに1日で通過する水蒸気の量。

【「TOKYO PACK 2022 (2022東京国際包装展)」開催概要】
〇期間:2022年10月12日(水)~14日(金)
〇時間:10:00~17:00
〇場所:東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-11-1)
〇DNPブースの小間番号:東3ホール ブースNo.3-49
〇公式サイトURL : https://www.tokyo-pack.jp/

【今後の展開】
食品・化粧品・医療品等の包装資材や、より幅広い業界の各種産業資材として、現在の開発段階から製品化に向けた検証を進め、実用化を目指します。DNPは引き続き、独自のコンバーティング技術を活かして、バリア性等の機能を高めた環境配慮製品・サービスのラインアップを拡張し、需要が高まる国内外の市場に展開していきます。

*ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
<参考>
*DNP環境配慮パッケージ「GREEN PACKAGING」についてはこちら
https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/1190186_1567.html

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20220912006001/ja/

CONTACT

報道関係者からのお問合せ先:

大日本印刷株式会社

IR・広報本部

TEL: 03-6735-0101

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • メアリー・ケイ、米国栄養学会の年次総会で植物葉エキスの効能に関する新たな研究結果を発表
  • ENHERTU® Approved in the EU as the First HER2 Directed Therapy for Patients with HER2 Low Metastatic Breast Cancer
  • PHCの遠隔医療システム「Teladoc HEALTH」がシェアメディカルのデジタル聴診デバイス「ネクステート」と接続 ~ 接続機器の拡充により遠隔聴診を実現 ~
  • Latest Clinical Data of InnoCare’s Gunagratinib Presented at 2023 ASCO GI
  • Imricor Collaborates with GE HealthCare in Interventional Cardiac MRI