医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PCIファーマ・サービシズが、がん治療薬をサポートする高薬理活性物質の世界的製造サービスに対する需要拡大に対応すべく、数百万ドルを投じた英国製造施設の拡張を発表

2022年07月28日 PM10:15
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

フィラデルフィア

(ビジネスワイヤ) — 世界一流の医薬品開発製造受託機関(CDMO)であるPCIファーマ・サービシズ(PCI)は本日、強力ながん標的治療薬の市場成長に迅速対応できるよう、英国ウェールズのトレデガーにある世界クラスの当社施設を大幅に拡張すると発表しました。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20220727005023/ja/

(写真:ビジネスワイヤ)

(写真:ビジネスワイヤ)

PCIファーマ・サービシズのサリム・ハッファー最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「今回のトレデガーでの拡張は、オンコロジー領域におけるスペシャリティ医薬品の世界的な製造サービスに対して増大する緊急ニーズに対応するものであり、当社は発表できて大変うれしく思います。高薬理活性の治療薬や非常に複雑な濃縮製剤は製造や包装に独特の課題をもたらし得るものですが、これらの市場が拡大している中、当社は臨床規模と、重要な点として商業規模の両方で、この専門領域に取り組む国際的能力を持つ数少ないプロバイダーの1つであることを誇りに思っています。」

今回の拡張では、固形内服錠とカプセル剤の製造および包装に特化した2つの新施設が建設されます。第2封じ込め製造棟(CMF2)は、2013年に開設したCMF1の成功を受け、高薬理活性の固形製剤の打錠や流動層造粒を含む大規模な処理能力を商業規模で倍増させることになります。さらに、一次/二次ブリスター包装およびボトリングの一連の設備を備えた高薬理活性物質多品種包装施設が新設されます。一次/二次包装ラインは、完全に統合されたプロセスを実現し、世界規模の顧客基盤にエンドツーエンドのサービスを提供します。

臨床試験中の医薬品およびワクチンで、がん治療を適応としたものは、2年前の1100件に対し、2021年には1300件以上に増えています。また2010年から2019年の間にFDAが承認した全医薬品のうち、がん治療薬は25%を占めており、今後はがん治療薬に業界の重要な注目が集まり続けることを示しています。

PCIファーマ・サービシズのトレデガー工場ゼネラルマネジャーであるレベッカ・クーツ博士は、次のように述べています。「オンコロジー領域のパイプラインの急速な発展は、臨床開発のグローバル化の継続と同時に進んでいます。今回の最新の投資は、既存の分析/製剤能力に加えて、臨床/商業規模の包装施設を組み合わせ、これら高薬理活性分子に対するエンドツーエンドのサービスを一つ屋根のもとに置き、顧客の進展を見せるニーズによりよく対応するものです。」

両施設には、CMF1の一連の大規模造粒設備の複製や、封じ込めスクリーン付きダウンフローブースを含め、最先端の設備が導入されます。CMF1施設が元々備えていた最先端設備を複製することで、顧客にとって製造能力拡大と事業継続性を実現することができます。

トレデガー工場の拡張により、初年度に最大40人の新規雇用が創出され、施設の規模拡大に伴い、雇用はさらに増える見込みです。PCIのトレデガー工場は現在、 500人近い従業員を擁し、2013年のCMF1開設以来、従業員数はほぼ倍増しています。PCIは、英国のトレデガーで40年近くにわたり操業しており、地元で最も重要な雇用主の1つとなっています。高薬理活性物質の開発製造をめぐるPCIの能力に関する詳細情報については、こちらをクリックしてご覧ください。

PCIファーマ・サービシズについて

PCIは、世界有数のCDMOとして、医薬品のエンドツーエンドの開発・製造・包装のための統合機能を顧客に提供することで、各社製品の上市を加速し、商業的成功の機会を増やします。PCIは、毎年50種類以上の製品を成功裏に発売し、ヘルスケア分野で50年以上にわたり事業を営んできたことに伴う確かな経験を役立てることができます。現在、7カ国(オーストラリア、カナダ、米国、アイルランド、ウェールズ、ドイツ、スペイン)に30の拠点を持ち、4300人以上の従業員が生活を一変させる治療薬を患者さんに提供するために働いています。当社は一流の技術と継続的な投資により、製造能力から臨床試験サプライチェーン、さらに商業化に至るまで、製品ライフサイクル全体を通じた世界的な医薬品開発の需要に対応することが可能です。当社の顧客は、当社を各社の事業の延長であり、協業パートナーであると見なしており、患者の生活改善という目標を共有しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20220727005023/ja/

CONTACT

Ty Guzman-Touchberry, WE Communications

tgtouchberry@we-worldwide.com / +1-212-551-4877

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Accutar Biotechnology Receives NMPA Clearance of IND Application for AC0176 in Prostate Cancer
  • エクセンシアの2022年第2四半期および上半期ビジネスアップデート
  • Exscientia通报2022年二季度和上半年业务进展
  • European Commission Approves Celltrion Healthcare’s Vegzelma™ (CT-P16, biosimilar bevacizumab) for the Treatment of Multiple Types of Cancer
  • Aurion Biotech Nominated for Prix Galien Startup Award