医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

PQEグループの第2四半期最新情報:ユナイテッド・ファーマ・テクノロジーズとQuintian Pharmaの2件の買収を発表、新事業所2カ所を開設

2022年07月18日 PM09:15
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

伊フィレンツェ

— (ビジネスワイヤ) — 女性オーナーの世界的企業としてライフサイエンス分野で質の高いコンサルティングを提供するPQEグループは、2022年上半期を極めて好調に終えました。親会社としてのイタリア企業の当グループは、2021年度を20%増収で終えた後、2件の買収メルボルン(オーストラリア)の新法人ブエノスアイレス(アルゼンチン)の新事業所について発表し、発展計画を確認しました。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20220718005095/ja/

2022年前半に発表した通り、世界的な人員開発計画の多くを既に実行に移し、イタリアと米国の200人を皮切りに、PQEグループのメキシコ子会社を含め、世界でほぼ400人の新規採用を行いました。

米国とラテンアメリカへと特段に注力しながら、ジルダ・ディンチェルティが経営する当社は、ニュージャージーを拠点とするサービス企業のユナイテッド・ファーマ・テクノロジーズとマルタを拠点とするQuintian Pharmaの系列化を発表し、2社の買収プロセスを開始しました。

当社のM&Aモデルは、従来の買収よりも連合の考え方を採っており、緊密な連携体制を築くことで、プロジェクトの人材と能力を以前にも増して迅速かつ効率的に規模拡大できるよう、世界各地の市場のさまざまな事業体と株式交換することを目指しています。

「他とは異なる当社独自のM&A活動の手法では、会社だけではなく起業家の方々と関係を築き、事業開発のアイデアを提示し、同じ構想、使命、ネットワークを共有することで、組織全体として行動することを目指しています。」(ダニーロ・ネリ、PQEグループのバイスプレジデントエグゼクティブ兼ボードエクイティパートナー)

クロード・ベラ・ボナンノが経営するQuintian Pharmaは、新製品に関するあらゆるEU指令を順守しながら、製薬業界へのサービスとサポートの提供に傾倒しています。PQEグループは主要株主(51%)として取締役会に加わり、中東クライアントに対するEU医薬品安全性監視基準の適用を専門とするコンサルティング会社としての同社の戦略的成長を支えます。

米国ニュージャージーを拠点とするサービス会社のユナイテッド・ファーマ・テクノロジーズは2014年の設立で、現在はバサンタ・マダスが経営を行っています。マダスは、米国およびメキシコの子会社の現地パートナーとしてPQEグループに加わり、米州の最高人材責任者に任命されました。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20220718005095/ja/

CONTACT

PQE Group – Press Office

+39 3491512075 | pressoffice@pqegroup.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Almirall and Simcere enter into a licensing agreement for IL-2-mu-Fc
  • バイオサイトジェンが香港証券取引所メインボードに上場、新薬の源流となることを目指す
  • Mainstay Medical Announces Publication of Three-Year Patient Outcomes Data from ReActiv8-B Clinical Trial Demonstrating Long-Term Efficacy of ReActiv8® Restorative Neurostimulation™
  • Actylis首次亮相,标志着全球特种成分生产和采购一体化巨头的诞生
  • バイオサイトジェンがBioJapan2022に参加し、革新的な研究開発プラットフォーム、二重特異性ADCプログラム、パイプラインの進捗を紹介へ