医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

メアリー・ケイがジャック・ギルバート博士と協力し、皮膚の「マイクロバイオーム」とその加齢プロセスへの影響に関する研究を強化

2022年07月10日 AM02:20
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ダラス

(ビジネスワイヤ) — 世界有数のスキンケア研究企業のメアリー・ケイは、カリフォルニア大学サンディエゴ校メディカルスクールの小児科教授でUCサンディエゴ校スクリップス海洋研究所の微生物海洋学教授のジャック・ギルバート博士との新たな提携について発表しました。この提携を通じて、メアリー・ケイの科学者らはギルバート博士と協力し、加齢と肌の健康という分野において最も重要であるにもかかわらず、最も理解が進んでいない分野の1つ、すなわち皮膚マイクロバイオーム(皮膚微生物叢)について研究します。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20220707005179/ja/

Mary Kay Inc. has announced a new partnership with Dr. Jack Gilbert, professor of pediatrics at the University of California San Diego School of Medicine and professor of microbial oceanography at UC San Diego Scripps Institution of Oceanography. Through the partnership, scientists at Mary Kay will work in conjunction with Dr. Gilbert to study one of the most important—but least understood—areas of aging and skin health: the skin Microbiome. (Photo: Mary Kay Inc.)

Mary Kay Inc. has announced a new partnership with Dr. Jack Gilbert, professor of pediatrics at the University of California San Diego School of Medicine and professor of microbial oceanography at UC San Diego Scripps Institution of Oceanography. Through the partnership, scientists at Mary Kay will work in conjunction with Dr. Gilbert to study one of the most important—but least understood—areas of aging and skin health: the skin Microbiome. (Photo: Mary Kay Inc.)

メアリー・ケイ製品&科学担当最高イノベーション責任者のルーシー・ギルデイ博士は、次のように述べています。「通常の加齢プロセスが皮膚のマイクロバイオームにいかに影響を与えるかを理解することは、化粧品の設計の未来を形作るための驚くべき新発見をもたらす可能性があります。私たちは、ギルバート博士と協力し、マイクロバイオームが肌の健康全般に及ぼす影響について、理解を深められることを非常にうれしく思います。」

2022年に、ギルバート博士は国立衛生研究所が実施する1億7500万ドルの精密保健栄養研究プログラムの一環であるUCサンディエゴ校マイクロバイオーム&メタゲノミクス・センターの共同ディレクターに就任しました。ギルバート博士の専門知識を活用しながら、メアリー・ケイの科学者らは女性において異なる肌の属性が微生物の変化とどう関連しているかを追究したいと考えています。ギルデイ博士は、「この問題では、私たちの知識に欠けている部分があります。その差を埋めたいと思います」と語っています。

これまでの研究では、人間の皮膚にはその健康的な土台として機能する細菌とその他の微生物による独自の複雑な生態系があると、結論付けられています。腸内で発見されたものと同様に、身体最大の臓器である人間の皮膚も、最適な機能を発揮するためにこれらの細菌を必要とします。これらの細菌集団は、場所、年齢、性別、環境との相互作用に基づき、独自の特徴を維持しています。まさにどの要因がこの非常に変化しやすい皮膚上の細菌集団に貢献し、それが加齢プロセスにどう影響するかについては、知識が非常に限られています。

ギルバート博士との提携はメアリー・ケイによる最新の活動の一部であり、肌の健康に関する研究開発を推進する当ブランドの長年の取り組みを強化するものです。メアリー・ケイは、その世界的ポートフォリオの製品・技術・パッケージデザインに関して1600件以上の特許を保有しています。

メアリー・ケイについて

ガラスの天井を打ち破った女性の先駆者の一人として知られるメアリー・ケイ・アッシュは、1963年に1つの目標を掲げて自らの夢である化粧品会社を起業しました。その目標とは、女性の人生を豊かにすることです。彼女の夢は、約40カ国に数百万人の独立したセールス担当者を擁する数十億ドル規模の会社へと発展しました。起業家精神を開発する企業としてメアリー・ケイが力を入れている活動は、教育、メンターシップ、唱道活動、ネットワーキング、イノベーションを通じた女性の経済的自立への道程の支援です。メアリー・ケイは、美容の背後にある科学への投資と、最先端のスキンケア、カラー化粧品、栄養補助食品、フレグランスの製造に注力しています。当社は、持続可能な未来のために今の生活を豊かにし、卓越した事業運営の促進に努力する世界の組織と提携し、がん研究を支援し、ジェンダー平等を推進し、家庭内虐待の被害者を保護し、地域社会を美化し、子供たちが夢を追求するよう奨励することに、信念を持って取り組んでいます。詳細については、marykayglobal.comフェイスブックインスタグラムリンクトインをご覧ください。ツイッターでのフォローもお願いします。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20220707005179/ja/

CONTACT

Mary Kay Inc. Corporate Communications

marykay.com/newsroom

972.687.5332 or media@mkcorp.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Nerviano Medical Sciences S.r.l.宣布与默克达成包含许可选择权的合作协议
  • CANbridge Pharmaceuticals Data on CAN106 to be Presented at Two Conferences
  • Where is China’s Global Fund Pledge? Asks AHF
  • United Kingdom National Institute for Health and Care Excellence (NICE) Publishes Interventional Procedure Guidance (IPG) for ReActiv8® Restorative Neurostimulation™
  • ブラッド・キャンサー・ディスカバリー誌の論文が患者転帰を改善するエクセンシアのAI精密医療プラットフォームの能力をさらに裏付け