医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ガーダントヘルスが合弁会社Guardant Health AMEAの買収を完了

2022年06月16日 AM09:27
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米カリフォルニア州パロアルト

(ビジネスワイヤ) — がん精密医療の大手企業であるガーダントヘルス(NASDAQ:GH)は本日、ソフトバンクとその関連会社が保有するGuardant Health AMEA, Inc.の残りの株式を購入し、アジア・中東・アフリカ地域全体の事業を完全に掌握したと発表しました。

世界の推定新規がん症例数の半分以上は、アジア・中東・アフリカ(AMEA)地域で発生しています1。ガーダントヘルスは今回の株式取得により、医療事業者があらゆるステージのがんの検出および管理に使用する当社の血液検査法やサービスの採用を促進することで、この地域で増大するがんの負担に直接対応できるようになります。

Guardant Health AMEAの事業は、この地域の41カ国をサポートしています。日本では当面は、医療事業者や進行性がん患者に対する血液検査法の提供を優先していきます。日本では2022年3月に、厚生労働省が進行性固形がん患者における腫瘍変異プロファイリングのための液体生検検査法であるGuardant360® CDxを承認しています。

ガーダントヘルスの会長兼共同最高経営責任者(CEO)であるヘルミー・エルトゥーキーは、次のように述べています。「Guardant Health AMEAの残りの株式を取得することで、がん征圧および患者転帰改善という当社の約束を実現するための統合的で一元的な世界的組織の構築に集中することができます。当社の血液検査法は、この地域で増加しているがんの発生率に対処する上で重要な役割を果たすと確信しています。またこれらの市場で当社事業を拡大しながら、がんの診断を受ける患者さんを引き続きサポートしていきたいと考えています。」

ガーダントヘルスとソフトバンク・ビジョン・ファンドは2018年5月、ガーダントヘルスの業界をリードする液体生検技術の商業化をAMEA地域で拡大するために、合弁会社のGuardant Health AMEAを設立しました。当事者間の合弁契約の条件に基づき、ガーダントヘルスは約1億7780万ドルを支払い、ソフトバンクとその関連会社が保有するGuardant Health AMEAの持ち分を取得しました。

ガーダントヘルスについて

ガーダントヘルスは、がん精密医療の大手企業として、専有の検査法、膨大なデータセット、高度な分析技術を用いて、世界規模でのがん克服に傾注しています。ガーダントヘルスのオンコロジープラットフォームは、一連のがん治療のあらゆる段階において能力を発揮して、商業的な採用の促進、患者の臨床転帰の改善、医療費の削減を実現します。ガーダントヘルスは、進行がん患者向けにGuardant360®、Guardant360 CDx、Guardant360 TissueNext™、Guardant360 Response™、GuardantOMNI®の各検査法を、早期がん患者向けにGuardant Reveal™を発売しました。ガーダントヘルスのスクリーニングポートフォリオは、発売済みのShield™検査法を含め、がんスクリーニングを受けられる個人のニーズに対応する狙いがあります。詳細情報については、guardanthealth.comをご覧いただき、リンクトインおよびツイッターで当社をフォローしてください。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、ガーダントヘルスの液体生検検査法/アッセイの潜在的な有用性、価値、利益、利点に関する記述を含め、連邦証券法で規定される意味での将来見通しに関する記述が含まれており、これらの記述はリスクと不確実性を伴います。これらのリスクと不確実性により、実際の結果はこれらの将来見通しに関する記述で示された予測結果や期待と大きく異なる可能性があります。これらの記述は、現時点での期待、予測、仮定に基づいており、実際の成果や結果は、多くの要因によってこれらの記述と大きく異なる可能性があります。ガーダントヘルスの財務・経営成績に影響を与え、実際の結果が本プレスリリースに記載された将来見通しに関する記述によって示されたものと大きく異なる場合の原因となり得るこれらおよびその他のリスクおよび不確実性には、2021年12月31日締め年度のフォーム10K年次報告書および証券取引委員会に提出したその他の報告書で、「リスク要因」および「財務状況及び経営成績に関する経営陣の考察と分析」の見出しの下およびその他のカ所で検討されているものが含まれます。本プレスリリースに記載されている将来見通しに関する記述は、本発表の日付時点でガーダントヘルスが入手している情報に基づいており、ガーダントヘルスは、法律で義務付けられている場合を除き、記載された将来見通しに関する記述のいずれに関しても、予想の変更またはそれら記述の根拠となる出来事、条件、状況の何らかの変化を反映する目的で更新する義務を一切負いません。これらの将来見通しに関する記述は、本プレスリリースの日付以降においてガーダントヘルスの見解を表すものとして依拠すべきではありません。

References

  1. World Health Organization International Agency for Research on Cancer. Gco.iarc.fr website. Accessed May 11, 2022. https://gco.iarc.fr/today/fact-sheets-populations.(世界保健機関国際がん研究機関)

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20220613005344/ja/

CONTACT

Investor Contact:

Alex Kleban

investors@guardanthealth.com

+1 657-254-5417

Media Contact:

Michele Rest

press@guardanthealth.com

+1 215-910-2138

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • 《新英格兰医学杂志》发表Fazirsiran治疗α-1抗胰蛋白酶缺乏症患者的二期研究结果
  • Twist Bioscience and Ildong Pharmaceutical Enter into a Collaboration to Enhance Antibody Discovery for Applications in Immuno-oncology
  • 沃博联结束战略评估,决定保留表现优异的博姿业务
  • BeiGene Announces Late-Breaking Data at ESMO GI Showing Overall Survival Benefit for Tislelizumab Plus Chemotherapy in First-Line Advanced or Metastatic Esophageal Squamous Cell Carcinoma
  • Work for Humankind:联想技术为偏远岛屿开启无限可能