医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

フェリングがオラムキセプトの開発で新たな連携を発表

2022年06月10日 PM09:27
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

スイス・サンプレ

(ビジネスワイヤ) — フェリング・ファーマシューティカルズは本日、炎症性腸疾患(IBD)および関連炎症性疾患におけるオラムキセプトのさらなる開発に向けて、I-Mabと戦略的提携関係を構築したと発表しました。

オラムキセプトは、トランスシグナリング機構を通じて作用する臨床段階の選択的インターロイキン6阻害剤として初にして唯一のものです。インターロイキン6は、IBDなど多くの炎症性疾患と関連しています。2021年、欧州クローン病・大腸炎学会(ECCO)において、活動期の潰瘍性大腸炎(UC)を持つ患者におけるオラムキセプトの有効性と安全性を検討した第2相試験の良好な結果が発表されました。

フェリングは既に、2016年にI-Mabとライセンス契約を締結し、I-Mabが大中華圏と韓国でオラムキセプトを独占的に開発・商業化できる権利を取得しました。今回の新たな提携により、フェリングはオラムキセプトの開発に世界規模で投資できるようになり、I-Mabは開発マイルストーンを事前に設定した上で、オラムキセプトの将来の開発でフェリングと連携する選択権を得ました。本取引の詳細な財務条件は公開していません。

フェリング・リサーチ・インスティチュートの所長でフェリング・ファーマシューティカルズの国際創薬・外部革新担当シニアバイスプレジデントのAraz Raoofは、次のように述べています。「フェリングは、炎症性腸疾患などの複雑な内科的疾患を持つ患者さんに未充足ニーズが残っている分野における新規治療薬の開発に傾倒しています。当社は、専門分野である消化器領域への投資を継続する中で、両社の提携を拡大し、オラムキセプトを世界規模で前進させられることを大変うれしく思います。」

フェリング・ファーマシューティカルズについて

フェリング・ファーマシューティカルズは、研究主導型の特殊バイオ医薬品企業グループとして、世界中の人々が健康な家庭を築き、より良い生活を送っていただけるよう貢献することに傾倒しています。スイスのサンプレに本社を置くフェリングは、不妊症と産婦人科、消化器科と泌尿器科の専門分野におけるリーダー企業です。フェリングは、50年以上にわたり母子向けの治療薬開発を手掛け、受胎から出産までに対応する治療薬ポートフォリオを有しています。1950年設立の非上場企業であるフェリングは現在、世界各国で約6000人の従業員を擁しており、60カ国近くで事業子会社を所有し、110カ国で製品を販売しています。

詳細についてはwww.ferring.comをご覧いただくか、ツイッターフェイスブックインスタグラムリンクトインユーチューブで当社の情報をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20220609005099/ja/

CONTACT

詳細情報について:

Bhavin Vaid

Head of Corporate Communications

+41 58 301 0952 (direct)

+41 79 191 0632 (mobile)

bhavin.vaid@ferring.com

Victoria Buenemann

Communications & Business Manager, R&D Strategy & Operations

+45 28 787 871 (mobile)

victoria.buenemann@ferring.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Nerviano Medical Sciences S.r.l.宣布与默克达成包含许可选择权的合作协议
  • CANbridge Pharmaceuticals Data on CAN106 to be Presented at Two Conferences
  • Where is China’s Global Fund Pledge? Asks AHF
  • United Kingdom National Institute for Health and Care Excellence (NICE) Publishes Interventional Procedure Guidance (IPG) for ReActiv8® Restorative Neurostimulation™
  • ブラッド・キャンサー・ディスカバリー誌の論文が患者転帰を改善するエクセンシアのAI精密医療プラットフォームの能力をさらに裏付け