医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

スモアの2021年の年間売上高は137億5000万人民元に

2022年04月11日 PM05:02
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

中国・深圳

(ビジネスワイヤ) — 電子たばこ技術ソリューションを提供する世界的リーダー企業のスモア(SMOORE)は、2021年12月31日終了年度の財務業績を発表しました。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20220407005556/ja/

スモアの2021年の年間売上高は137億5000万人民元となり、前年比で約37.4%増加しました。

当社はまた、2050年までに直接的、間接的生産・運営活動においてカーボン・ニュートラルを達成することを公約し、カーボン・ニュートラルの計画を発表した最初の霧化技術企業となりました。

2021年、電子霧化業界に対する世界の規制はさらに厳しくなり、多くの国が電子霧化製品の安全基準を高める中、スモアは依然として世界最大の電子たばこデバイス・メーカーとしての地位を維持しています。フロスト&サリバンのレポートによると、世界の電子たばこデバイス製造分野における当社の市場シェアは、2020年の約18.9%から2021年には約22.8%に拡大しました。

霧化における技術的優位性により、スモアは世界の法人顧客を強化し続けてきました。法人顧客向けの売上高は初めて100億人民元を超えて125億9000万人民元に達し、前年比で37.4%の高い伸びを示しました。2021年下半期には法人顧客向けの売上高のうち、70%以上が海外の売上高でした。これに大きく寄与したのは、当社の主力製品であるクローズド・システム型の電子たばこ技術ブランドであるFEELMです。この製品は、世界の大手電子たばこブランドに広く認められました。現在まで、FEELMアトマイザーを搭載した電子たばこデバイスは、欧州、アメリカ、東アジア、アフリカ、オセアニアの50カ国に輸出されています。

スモアの陳志平取締役会長は、「霧化業界の原動力は技術革新です。これは、製品の安全性と風味の再現に根本的な大躍進をもたらします」と述べています。

2021年、スモアは引き続き研究開発投資を強化しました。研究開発費の総額は6億7000万人民元を超え、前年比で59.7%増加しました。

スモアは総合的な安全性評価システムを開発し、お客さまがさまざまな市場の基準に準拠できるよう支援しています。例えば、スモアは、お客さまがEUのTPD(たばこ製品指令)に準拠した中国初の法人向けワンストップ・リスク評価研究所を立ち上げ、お客さまがEUのたばこ市場参入要件を満たせるようました。この研究所では5営業日以内に試験レポートを作成できます。

また、スモアは、中国と米国に7つの基礎研究センターを設立し、運用を開始しました。2021年12月31日現在、スモアは1254人の研究開発専門家を擁し、そのうち101人は博士号以上の学位を持っています。当社の累積特許出願数は3408件で、これには、温度制御、発熱体、防漏技術、eリキッド貯蔵に関する特許が含まれ、2021年の新規特許出願数は世界全体で1187件でした。

審査期間中、スモアは最新世代の生産ラインを導入し、組み立て、eリキッド注入、包装の完全自動生産を実現しました。現在、単一ラインの生産効率は、標準的気化器で1時間当たり7200個の水準に達し、製造における業界トップの地位を維持しています。この完全自動化生産ラインは、FEELMのお客さまが大規模に使用しています。

フロスト&サリバンのレポートによると、電子たばこデバイスの世界市場規模は、2022年から2026年にかけて、工場渡し価格で約25.3%の複合成長率で成長すると予想されています。世界の消費者は、多様化するニーズに対応できるよう、安全性の向上、より本格的な風味の再現、強力な機能を備えた製品を期待しています。

そのため、FEELMは、2021年に世界初となるセラミックコイルの使い捨てポッド・ソリューションを発表しました。FEELMは、2022年に海外市場でより多くの使い捨て電子たばこ製品を発売し、製品ポートフォリオをさらに強化する予定です。

また、2022年1月、FEELMはロンドンで、世界最薄のセラミックコイル電子たばこポッド・ソリューションであるFEELM Airを紹介しました。FEELMの戦略的パートナーに広く認められたFEELM Airは、有害性の軽減、風味の再現、防漏性能など、電子たばこ体験における7つの大きな画期的機能を搭載しています。FEELMの社長であり、スモアの副社長であるフランク・ハンは、次のように述べています。「FEELM Airは、まず海外市場で発売される予定です。現在、FEELMは世界のお客さまと協力し、FEELM Airの地域展開と販促を進めています。」

スモア2021年度通期業績カンファレンスにおいて、スモアのキ・リンギュン副社長は、米国と中国が相次いで電子たばこの風味禁止を実施したが、スモアは中国の電子たばこ国家基準の公開草案が施行される前に、すでに約1年間、米国の規制に準拠したたばこ風味の技術ソリューションを準備したと述べています。そのため、スモアは、お客さまが規制の過渡期を乗り切れるようサポートする自信があります。

また、近年は使い捨ての電子たばこが力強い成長の勢いを見せています。キ・リンギュンによると、スモアは使い捨て電子たばこの発熱体、eリキッド、温度帯の統合的ソリューションを開発し、製品ポートフォリオの多様化を目指しています。このように、スモアは間もなく国際市場で成功する使い捨て製品を発売する準備を整えています。

2022年、スモアとその主力技術ブランドであるFEELMは、より多くのたばこ会社や大手電子たばこブランドと提携し、FEELM Airや使い捨てポッドなどの最新の電子たばこソリューションを既存のお客さまに導入する予定です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20220407005556/ja/

CONTACT

Frankie Chen

Email: frankie.chen@smoorecig.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Xlear Files Amended Answer to the Government’s Lawsuit on COVID-19 Statements; Provides Still More Data In Support of Xlear’s Use as Additional Layer of Protection
  • EpiAxis Therapeutics & Peptilogics Enter Strategic Drug Discovery Partnership
  • BeiGene Announces Strategic Alliance with Ontada to Improve U.S. Community Oncology Care
  • ENHERTU® Significantly Delayed Disease Progression in DESTINY-Breast02 Phase 3 Trial Versus Physician’s Choice of Treatment in Patients with HER2 Positive Metastatic Breast Cancer
  • Arbitrator Rules in Favor of Daiichi Sankyo in Dispute with Seagen