医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ブルーホールが電子たばこ業界における世界初のE&L試験所に関する業界コメントを掲載

2022年03月31日 PM09:20
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

中国・深セン

(ビジネスワイヤ) — 中国の大手電子たばこメディアであるブルーホール・ニュー・コンサンプションは本日、SMOOREが電子たばこ業界で世界初となるE&L試験所を設立したことに関して、業界コメントを掲載しました。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20220328005938/ja/

SMOORE E&L Testing Lab (Photo: Business Wire)

SMOORE E&L Testing Lab (Photo: Business Wire)

記事の全文は以下の通りです。

電子たばこ技術ソリューションを提供する世界的リーダー企業のSMOOREは本日、電子たばこ業界では世界初となる抽出物・浸出物(E&L)試験所の設立を発表しました。

2021年後半に建設されたこの試験所は、金属、プラスチック、その他のポリマーを含め、電子霧化部品の抽出物・浸出物の定性・定量分析試験および健康リスク評価を実施します。

SMOOREは、物理試験、化学試験、非臨床試験、健康リスク評価を含む市販前たばこ製品申請(PMTA)準拠の評価システムを中国で初めて開発した電子霧化技術企業として、本E&L試験所もPMTAの安全要件に基づいて設立しました。

さらに、SMOOREのE&L試験所は、試験、コンサルティング、情報、コンプライアンスの世界有数のサービスプロバイダーであるスミザーズと提携しています。両社は長年にわたり、PMTAコンプライアンスに関し緊密に協力してきました。

現在、電子たばこ業界のほとんどの企業がE&L試験を第三者試験所に頼っているのに対し、SMOOREは包括的で高度な試験装置を備えた自社試験所を設立しました。本試験所は、世界有数の医療機器E&L試験所の分析手法に従っています。

SMOOREの霧化技術の旗艦的ブランドFEELMは、本E&L試験所を含め、SMOOREの世界水準の試験・リスク評価システムをフル活用することができます。FEELMは2021年以来、電子霧化部品の安全性評価に本試験所を活用し、FEELMの新製品の品質と信頼性を保証してきました。

2021年10月、英国医薬品・医療製品規制庁(MHRA)は、医療用として認可された電子たばこを国民保健サービス(NHS)に組み入れることを計画しました。オーストラリアなどの他国でも、喫煙率を下げるために成人喫煙者に電子たばこを処方しています。世界の規制当局が電子たばこを受け入れ始めたため、電子たばこに対する安全性の要求も高くなっており、SMOOREが主導して、電子たばこの材料の信頼性を医療グレードに向上させることに取り組んでいます。

E&L分析試験は、医薬品の研究開発の分野で広く利用されています。医薬品の包装材料のE&L化合物は、製品の安全基準への準拠を保証するために、発売前に試験する必要があります。

SMOOREのE&L試験所は、電子たばこだけでなく、他の分野の電子霧化製品の安全性評価を実施することができます。SMOOREは、研究開発の重点の1つを霧化技術のヘルスケア・製薬分野への応用に置いており、ヘルスケア分野における革新的な霧化技術の開発に本試験所を活用することもあり得ます。

SMOORE基礎研究センターの分析試験・安全性評価担当ディレクターであるDr. Longは、次のように述べています。「電子霧化製品の安全性は、主として電子リキッドおよび電子リキッドの霧化によって発生する蒸気の化学組成と、人体に接触する他の材料のE&L物質によって決まります。当社の E& L試験所は後者を専門としています。」

Dr. Longによれば、SMOORE基礎研究センターは、電子霧化部品のE&L物質のデータベースを構築・完成させる計画で、「優良試験所規範」(GLP)の原則を採用して非臨床安全性試験に関する試験データの品質と完全性を確保していきます。同時に、SMOORE基礎研究センターは、さらに多くの中国の医療機器プロバイダーと、E&L試験での提携を追求しています。

SMOOREは2020年以来、米EPA(国環境保護庁)のリスク評価指針に従って、独自の安全基準SMOORE 3.0を制定してきました。SMOORE 3.0は、EUのたばこ製品指令(TPD)およびフランスのAFNORの安全要件を超えて、材料の安全性と蒸気の安全性の両方を含むPMTA試験のすべてをカバーしています。

元の記事を読むには、こちらをご覧ください:https://www.bluehole.com.cn/news/detail/49078

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20220328005938/ja/

CONTACT

Chen Bianji

(86)13530848319

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Accutar Biotechnology Receives NMPA Clearance of IND Application for AC0176 in Prostate Cancer
  • エクセンシアの2022年第2四半期および上半期ビジネスアップデート
  • Exscientia通报2022年二季度和上半年业务进展
  • European Commission Approves Celltrion Healthcare’s Vegzelma™ (CT-P16, biosimilar bevacizumab) for the Treatment of Multiple Types of Cancer
  • Aurion Biotech Nominated for Prix Galien Startup Award