医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

アルケマブがエヌビディアのCambridge-1スーパーコンピューターの利用企業に選定され、機械学習依拠型の抗体創薬を推進へ

2022年03月25日 AM09:06
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ボストン & 英ケンブリッジ

(ビジネスワイヤ) — 天然の防御抗体と免疫レパートリーに基づく患者層別化ツールの発見・開発に傾注するバイオテクノロジー企業のアルケマブ・セラピューティクスは、英国で最も強力なスーパーコンピューターCambridge-1の能力活用に向け、エヌビディアより提携先として選定されました。アルケマブは、NVIDIA DGX A100システムの力を活用したNVIDIA DGX SuperPODスーパーコンピューティングクラスターを使用し、神経疾患とがんの分野における広範なデータセットから、より深い理解と洞察的知見の獲得を目指します。

アルケマブ・セラピューティクスの最高経営責任者(CEO)であるダグラス・A・トレコ博士は、次のように述べています。「私たちは、エヌビディアと連携し、抗体の構造と機能の予測に機械学習を適用する当社の活動を前進させられることを光栄に思います。アルケマブは、Cambridge-1を使用することで当社の能力を急ピッチで向上させることになりますが、エヌビディアの世界一流のチームと連携し、抗体の言語に関する理解を深められる可能性に大きく期待しています。」

エヌビディアのEMEAインダストリーリード(ヘルスケア&ライフサイエンス)であるクレイグ・ローズ氏は、次のように述べています。「Cambridge-1により、最も差し迫った臨床上の課題を解決し、デジタルバイオロジーを通じて医療研究を前進させ、疾患に対するより深い理解を実現することに役立つ機械学習の応用が可能になります。本システムは、スーパーコンピューティング用に拡張・最適化されたワークロードを駆動し、エヌビディア・インセプション・プログラムのメンバーであるアルケマブのように見本的な組織が、治療困難な疾患に対する抗体やその他の保護治療薬に関する研究を推進することに貢献します。」

アルケマブ・セラピューティクスの技術責任者であるジェイク・ガルソン博士は、次のように述べています。「エヌビディアとの提携は、アルケマブの最先端プラットフォームを発展させ、新しい治療薬や患者層別化技術の創出を促進するための無数の機会を引き出すものとなります。機械学習は、多くの治療領域で研究を加速しており、アルケマブが配列のみに基づいて新規抗体の機能を予測する上で、極めて重要な役割を果たすことになります。」

個人の抗体レパートリーは、過去の免疫反応と、将来の疾患予防の可能性に関する情報をコード化しています。アルケマブは、これら抗体配列のデータセットに格納された情報を解読することで、疾患の基礎的な理解を改善し、新規の診断薬や抗体医薬の発見が可能になると考えています。アルケマブは、自己教師あり機械学習を用いて、抗体特異的言語モデルAntiBERTa(Antibody-specific Bi-directional Encoder Representation from Transformers、トランスフォーマーによる抗体特異的双方向エンコード表現)を開発しました。この12層のトランスフォーマーモデルは、抗体配列の文脈化された数値表現を提供します。AntiBERTaは、生物学的に関連のある情報を学習し、抗体の言語に関する理解を深める複数の下流タスクのための準備を整えます。

3月24日に開催される登録無料のグローバルAIカンファレンスであるGTCで、抗体言語の解読に関するアルケマブのセッションに参加してください。エヌビディア・インセプション・プログラムの詳細については、こちらをご覧ください。Cambridge-1プロジェクトの最新情報や詳細については、こちらをご覧ください。

アルケマブについて
アルケマブは、患者の抗体レパートリーを解析することにより、新規の創薬標的、治療薬、患者層別化ツールの発見を実現するための高度に差別化されたプラットフォームを開発しました。本プラットフォームは、特徴が明確に把握された患者試料、B細胞のディープシーケンシング、コンピューター解析を使用し、特定の疾患にかかりやすいが回復力のある人々の間で、収束性の防御的抗体反応を見極めます。

アルケマブは、治療困難な疾患に対する防御的治療薬の広範なパイプラインを構築中であり、当初は神経変性疾患とがんに重点を置いています。高度に専門化された患者試料がアルケマブのプラットフォームにパワーを与えており、これらは患者代表グループ、バイオバンク、産業界のパートナー、学術機関との貴重な提携および協業を通じて入手可能となっています。

詳細情報についてはwww.alchemab.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20220322005211/ja/

CONTACT

Jonathan Nugent

Stern Investor Relations

212-362-1200

jonathan.nugent@sternir.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Xlear Files Amended Answer to the Government’s Lawsuit on COVID-19 Statements; Provides Still More Data In Support of Xlear’s Use as Additional Layer of Protection
  • EpiAxis Therapeutics & Peptilogics Enter Strategic Drug Discovery Partnership
  • BeiGene Announces Strategic Alliance with Ontada to Improve U.S. Community Oncology Care
  • ENHERTU® Significantly Delayed Disease Progression in DESTINY-Breast02 Phase 3 Trial Versus Physician’s Choice of Treatment in Patients with HER2 Positive Metastatic Breast Cancer
  • Arbitrator Rules in Favor of Daiichi Sankyo in Dispute with Seagen