医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

OPTRACT法 – ドナー角膜や細胞の効率的な輸送技術と無重力環境下での細胞保存による宇宙時代のアンチエイジング研究

2022年03月09日 PM03:46
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京

(ビジネスワイヤ) — 日本の科学者が開発した効率的なヒトドナー角膜輸送法が、移植による視力回復を待つ何百万人もの患者を救うことができるかもしれません。OPTRACT法とは、病院とラボの間で輸送される細胞や組織をよりよい状態で保存する方法です。ヒトドナー角膜の他、ヒト口腔粘膜や軟骨でもこの方法を用いた研究が行われており、軟骨では老化の逆転ができることがわかっています。また、微小重力の環境下での免疫細胞の機能強化について日本の特許を取得しています。これらは、重力のない宇宙ステーションで星間環境がヒトの細胞に与える影響を評価するという、未来志向の研究開発であり、細胞への損傷による加齢に逆らうことができれば、アンチエイジングの問題を解決できるのではないかと考えられています。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20220302006163/ja/

宇宙ステーションの無重力環境下での保存により細胞の老化が抑制されるのであれば、そこでヒトの幹細胞を一定期間保存し、再び体に移植することで、若さを取り戻すことができる可能性があります。
再生医療のために開発された細胞組織の輸送法OPTRACTにより、細胞治療への応用、ヒトドナー角膜の輸送、幹細胞の凍結保存などが実現され、日本の科学者による発表や、特許の取得が行われています。まさに宇宙時代のアンチエイジングソリューション研究の道が開かれたと言えるでしょう。すでにOPTRACT法を用いた体外培養では、独自の組織工学技術を用いて、ヒト軟骨組織の老化を逆転させることに成功しています。(画像:ビジネスワイヤ)

宇宙ステーションの無重力環境下での保存により細胞の老化が抑制されるのであれば、そこでヒトの幹細胞を一定期間保存し、再び体に移植することで、若さを取り戻すことができる可能性があります。 再生医療のために開発された細胞組織の輸送法OPTRACTにより、細胞治療への応用、ヒトドナー角膜の輸送、幹細胞の凍結保存などが実現され、日本の科学者による発表や、特許の取得が行われています。まさに宇宙時代のアンチエイジングソリューション研究の道が開かれたと言えるでしょう。すでにOPTRACT法を用いた体外培養では、独自の組織工学技術を用いて、ヒト軟骨組織の老化を逆転させることに成功しています。(画像:ビジネスワイヤ)

再生医療における細胞療法では、病院で採取した組織を、細胞処理施設に輸送し、細胞の分離・培養を行い、さまざまな期間での保存を行ってから患者に移植します。

多分野の専門知識を持つ科学者たちにより、組織工学に基づいた高分子足場を用いた以下のような研究成果が発表されました。

  1. 角膜内皮密度の保持性を高めるヒトドナー角膜輸送:https://doi.org/10.1007/s10529-021-03116-y
  2. 男性尿道狭窄症治療のためのヒト口腔粘膜の保存と輸送:https://doi.org/10.1089/bio.2021.0079
  3. 膝関節損傷の治療を目的としたACI & MACI細胞療法のための軟骨輸送:https://doi.org/10.1016/j.jor.2022.01.007
  4. コールドチェーンを使用しない角膜内皮の輸送(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24008800/)と水泡性角膜症の治療:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5840311/
  5. 微小重力下での、がんを破壊する免疫細胞の武器である一酸化窒素の増強:日本国特許(6757578/2020)
  6. 骨髄幹細胞および臍帯血幹細胞の凍結保存:日本国特許(6373241/2018)

体外のさまざまな温度条件下におけるヒト細胞・組織の表現型の維持と生存率の向上、及びラボにおけるNK細胞の増強、組織の老化逆転などが証明(https://doi.org/10.1038/s41598-021-93607-9)されており、今後、無重力環境の宇宙ステーションへ細胞組織を輸送し保存して行う細胞生物学やエピジェネティクスの研究へと発展させる構想があります。研究者らは、老化の抑制が証明されれば、アンチエイジングソリューションの手がかりが得られるかもしれないと期待しています。

江戸川病院院長の加藤正二郎医師は、「志を同じくする研究機関とともに、宇宙ステーションで細胞保存を行うという夢のプロジェクトを実現する時が来ました。これは宇宙時代の抗加齢医学の誕生を予感させるものです」と述べています。また、共同研究者らは、有限会社ジーエヌコーポレーションの多分野における専門知識や世界的なネットワーク、及び株式会社JBMの支援とともに、新しいソリューション開発を可能にする日本の健全なエコシステムに対して感謝を述べています。
https://sponsored.bloomberg.com/article/jco/japan-where-high-tech-meets-high-value-foreign-direct-investment

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20220302006163/ja/

CONTACT

Samuel JK Abraham

info@gncorporation.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • 《新英格兰医学杂志》发表Fazirsiran治疗α-1抗胰蛋白酶缺乏症患者的二期研究结果
  • Twist Bioscience and Ildong Pharmaceutical Enter into a Collaboration to Enhance Antibody Discovery for Applications in Immuno-oncology
  • 沃博联结束战略评估,决定保留表现优异的博姿业务
  • BeiGene Announces Late-Breaking Data at ESMO GI Showing Overall Survival Benefit for Tislelizumab Plus Chemotherapy in First-Line Advanced or Metastatic Esophageal Squamous Cell Carcinoma
  • Work for Humankind:联想技术为偏远岛屿开启无限可能