医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

NECオンコイミュニティが新しいHLAアレルと腫瘍特異的HLAアレルを発見する独自のHLAタイピング技術の論文を発表

2022年02月18日 PM05:55
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ノルウェー・オスロ

(ビジネスワイヤ) — NECオンコイミュニティ(NOI)は本日、新しいHLAアレル(対立遺伝子)をタイピングし、腫瘍のHLA特性を明らかにして、個別化がん免疫療法の指針とするための新規手法について述べた論文を発表しました。

この計算機的手法は、従来のHLAタイピングが現時点で持つ強みを生かし、次世代シーケンシングのデータからHLAタイピングを行うと同時に、NOIの専有的な変異呼び出しバイオインフォマティクスを活用し、新規HLAアレルや腫瘍特異的HLA変異体の発見を実現するものです。

NOIはウルティモバックスと連携して、ディープターゲットHLAシーケンスを用いて多数のドナーの血液からHLAタイピングを行う手法を検証する研究を実施しました。検証により、第1区域と第2区域の解像度でほぼ100%のHLAタイピングの成功が確認されました。

この手法は査読誌のHLAに掲載されました。筆頭著者のAnzarとその同僚は、この手法が、個別化がんワクチンの設計に日常的に使用されている標準的なシーケンスデータから、正式に命名された新しいHLAアレルの発見につながったことも実証しています。

NECオンコイミュニティの最高科学責任者(CSO)であるトレバー・クランシー博士は、次のように述べています。「この手法は、精密免疫療法の分野における重要な進展となります。HLAタイピングのコミュニティーが世界的なヒトHLAライブラリーの不足部分を補うことに役立つとともに、臓器移植やワクチン設計のためのHLAタイピングの精度向上に加えて疾病関連性研究において新規HLA変異体を発見することにも役立つでしょう。私たちは今後、当社のバイオインフォマティクスツールボックスに追加されたこの独自ツールを使って、HLAアレルの変異とがん免疫療法に対する反応との関係について、さらに特性を明らかにしていきます。」

参考文献

タイトル:個別化HLAタイピングは、新規HLAアレルおよび腫瘍特異的HLA変異体の発見につながる(Personalized HLA typing leads to the discovery of novel HLA alleles and tumor-specific HLA variants)

著者:Irantzu Anzar、Angelina Sverchkova、Pubudu Samarakoon、Espen Basmo Ellingsen、Gustav Gaudernack、Richard Stratford、Trevor Clancy

URL:https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/tan.14562

NECオンコイミュニティについて

NECオンコイミュニティは人工知能(AI)駆使型のバイオテクノロジー企業として、個別化がん免疫療法や感染症ワクチンのための正真正銘の免疫原性抗原の予測における主な知識の欠落に対処するための専有的な機械学習ベースのソフトウエアを提供しています。このAI技術は、感染症ワクチンの最適な抗原/エピトープ標的の発見、臨床的に実行可能な時間枠での真に個別化されたがんワクチンおよびT細胞療法、さらにがん免疫療法の対象となる患者の効果的な選別を促進するために使用できます。詳細情報については、NECオンコイミュニティのウェブサイト(http://www.oncoimmunity.com/)をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20220216006107/ja/

CONTACT

Trevor Clancy

trevor@oncoimmunity.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Nerviano Medical Sciences S.r.l.宣布与默克达成包含许可选择权的合作协议
  • CANbridge Pharmaceuticals Data on CAN106 to be Presented at Two Conferences
  • Where is China’s Global Fund Pledge? Asks AHF
  • United Kingdom National Institute for Health and Care Excellence (NICE) Publishes Interventional Procedure Guidance (IPG) for ReActiv8® Restorative Neurostimulation™
  • ブラッド・キャンサー・ディスカバリー誌の論文が患者転帰を改善するエクセンシアのAI精密医療プラットフォームの能力をさらに裏付け