医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ドクター・レディーズ・ラボラトリーズがドイツの医療用大麻企業ニンバス・ヘルスを買収するための正式契約を締結

2022年02月07日 PM03:17
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

独フランクフルト & 印ハイデラバード

(ビジネスワイヤ) — ドクター・レディーズ・ラボラトリーズ(BSE: 500124、NSE: DRREDDY、NYSE: RDY、NSEIFSC: DRREDDY、子会社と合わせて「ドクター・レディーズ」と表記)は本日、Nimbus Health GmbH(「ニンバス・ヘルス」)を買収するための正式契約を締結したと発表しました。ニンバス・ヘルスは、ドイツの非公開の医薬品卸売認可業者として、ドイツにおける医療用大麻をもっぱら手掛けています。ドクター・レディーズは、契約一時金ならびに今後4年間の業績およびマイルストーンに基づくアーンアウトを対価として、ニンバス・ヘルスを買収します。

2018年創設のニンバス・ヘルスは、ドイツにおける医療用大麻のパイオニア企業の1つです。本買収により、ドクター・レディーズはニンバス・ヘルスの強みを基盤として、医療用大麻を使用した医薬品を有望な治療選択肢として患者に提供することが可能になります。同社は、ニンバス・ヘルスのブランドで、ドクター・レディーズの完全子会社として運営されることになります。

2017年のドイツ連邦議会(ブンデスターク)による医療用大麻合法化を受け、医療用大麻の需要はここ数年で高まっています。ドイツにおける医療用大麻市場の規模は既に約1億2200万ユーロと評価されて、2021年には2020年比で約25%の成長を遂げ、2017年からのCAGRは約55%に達し、ドイツは欧州最大級の市場となっています。ドイツの約15万人の患者が、未充足の医療ニーズに対し、医療用大麻から利点を得ています1

本取引の完了は、慣例的な完了条件を満たすことが前提となります。

ドクター・レディーズの欧州ジェネリック医薬品部門ヘッドであるPatrick Aghanianは、次のように述べています。「医療用大麻は、特に疼痛管理や中枢神経系の分野における未充足の医療ニーズに対応するための使用が拡大しています。さらに、医療用大麻を活用・導入するための研究が数多く実施されており、今後の医療提供において必須の分野であると当社は考えています。ニンバス・ヘルスは急成長中で、評判の高い先駆的プラットフォームとしての地位を確立しており、素晴らしい取り引きパートナーのネットワークとノウハウへのアクセスを有しています。このプラットフォームでは、ドイツの健康保険基金が医療用大麻に完全な保険を適用します。欧州で医療用大麻を導入する国は増加中であり、新たな地域にテコ入れしたり参入したりする能力が重要となってきます。ニンバスがドクター・レディーズの一員となり、ウェーバーおよびロッソーニの両氏とともに医療用大麻の新たな素晴らしい取り組みに乗り出し、患者さんの未充足ニーズに対応するというドクター・レディーズの使命を支えることができて、当社は非常にうれしく思います。」

ニンバス・ヘルスの創設者でマネジングディレクターのライナス・マクシミリアン・ウェーバー氏は、次のように述べています。「ドクター・レディーズが当社に接触し、ドイツにおけるさまざまな医療用大麻ブランドの輸入・登録・発売のための非常に効率的な当社プラットフォームを評価してくださり、当社は大変感激しています。ドクター・レディーズとニンバスの価値観そっくり一致しているため、当社は既存の事業に集中し、共同で将来の真剣な活動を拡大させることができると確信しました。当社は、ドクター・レディーズと協力し、あらゆる分野での成長を支えるための相乗効果を発揮できることをうれしく思います。」

ニンバス・ヘルスの共同創設者でマネジングディレクターのアレッサンドロ・ロッソーニ博士は、次のように述べています。「ドクター・レディーズとニンバス・ヘルスの関係は、この1年間で非常に良好な進展を示しました。両社が共同で次の段階に前進するのが当然であると感じさせるものでした。当社は、医療用大麻市場におけるニンバスの潜在力をドクター・レディーズが認めたことを非常にうれしく思います。ドクター・レディーズのコミットメントは、医療用カンナビノイドを使用した医薬品の開発をさらに進め、患者さんに利点をもたらす新たな可能性を引き出す上で、重要な節目となるものです。ドクター・レディーズの一員となることで、当社事業を次のレベルへと力強く発展させ、この急速に発展する市場における当社の影響力を一層高めることができると確信しています。」

ニンバス・ヘルスについて

ニンバス・ヘルスは、ドイツの医薬品卸売・製造業者として完全な認可を取得しており、自社倉庫を持ち、医療用大麻を使用した製品を薬局・薬剤師向けに販売促進ための独立した営業陣を擁しています。当社の使命は、重病の患者さんに対し、信頼できる供給元から最高級の医療用大麻製品を、安定的かつ持続的に供給することです。

ドクター・レディーズについて: ドクター・レディーズ・ラボラトリーズ(BSE: 500124、NSE: DRREDDY、NYSE: RDY、NSEIFSC: DRREDDY)は総合医薬品企業として、より健康的な生活のために求めやすく革新的な医薬品を提供することに傾倒しています。ドクター・レディーズは、運営企業を通じて、API、カスタム製薬サービス、ジェネリック医薬品、バイオシミラー、差別化された製剤を含む製品とサービスのポートフォリオを提供しています。当社が力点を置く主要な治療領域は、消化器、循環器、糖尿病、オンコロジー、疼痛管理、皮膚科です。ドクター・レディーズは世界各地の市場で事業を展開しています。主な市場は、米国、インド、ロシアおよびCIS諸国、欧州です。詳細情報については、www.drreddys.comをご覧ください。

免責事項: 本プレスリリースには、将来予想に関する記述およびその他の将来見通しに関する記述が含まれる場合があり、これらの記述は経営陣の現在の見解および仮定に基づくもので、実際の結果、業績、出来事がこれらの記述で明示または暗示されたものと大きく異なる場合の原因となり得る既知または未知のリスクおよび不確実性を伴います。文脈から将来見通しであることが明らかな記述に加え、「かもしれない」、「だろう」、「はずである」、「期待する」、「計画する」、「意図する」、「予想する」、「考える」、「推定する」、「予測する」、「可能性」、「継続する」などの言葉や同様の表現により、将来見通しに関する記述を識別することが可能です。実際の結果、業績、出来事がこれらの記述と大幅に異なる可能性がありますが、その原因には (i) 金融市場の動向、クレジットデフォルト、為替レート、金利、保険対象となる損失事象の持続性および頻度/重大性などの一般的な経済状況、(ii) 死亡率および罹患率の水準および傾向、(iii)競争および一般的な競争要因の水準の変化、(iv) 法令・規則の変化および中央銀行・政府のいずれかもしくは両方による政策の変化、(v) 関連する統合の問題を含め、買収や再編の影響、(vi) 自然災害、疫病、パンデミック、コロナウイルス(またはCOVID-19)を含むその他の疾患まん延の結果として生じた景気後退に対し、当社の属する業界や、当社および当社顧客の製品・サービスが対象とする市場が影響を受けやすいこと、(vii) 2021年3月31日締め年度における当社のフォーム20-F年次報告書の「リスク要因」および「将来見通しに関する記述」のセクションに記載されたものを含め、当社が米国証券取引委員会に提出した公的書類に示したその他のリスクや不確実性が含まれますが、これらに限定されません。当社は、本プレスリリースに含まれるいかなる情報についても、更新する義務を負いません。


1 Source: INSIGHT Health – Green Line NPI (Sell in/Pharmacy purchase)

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20220202005640/ja/

CONTACT

Investor Relations

Amit Agarwal

Amita@drreddys.Com

Media Relations

Usha Iyer

Ushaiyer@drreddys.Com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • 《新英格兰医学杂志》发表Fazirsiran治疗α-1抗胰蛋白酶缺乏症患者的二期研究结果
  • Twist Bioscience and Ildong Pharmaceutical Enter into a Collaboration to Enhance Antibody Discovery for Applications in Immuno-oncology
  • 沃博联结束战略评估,决定保留表现优异的博姿业务
  • BeiGene Announces Late-Breaking Data at ESMO GI Showing Overall Survival Benefit for Tislelizumab Plus Chemotherapy in First-Line Advanced or Metastatic Esophageal Squamous Cell Carcinoma
  • Work for Humankind:联想技术为偏远岛屿开启无限可能