医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ジューヴェネセンスのポートフォリオ企業が成体カエルにおける脚の再生に成功

2022年02月01日 PM07:37
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

マン島ダグラス

(ビジネスワイヤ) — ジューヴェネセンスのポートフォリオ企業であるモルフォシューティカルズは、創設者らがサイエンス・アドバンシズ誌に公表した長期研究の結果を高らかに発表します。これはXenopus laevis(アフリカツメガエル)の後肢再生に成功したことを示すもので、成体において複雑な四肢の自然再生が見られない種で、機能的な後肢の再生を初めて実証しています。米国では手足を外科的に切除する切断術が毎年約18万5000件行われており、2050年には360万人近くが腕ないし足を失った状態で生活すると予測されています(切断者連合)。

モルフォシューティカルズの共同創設者であるマイケル・レビン(タフツ大学、ヴァネヴァー・ブッシュ生物学教授)とデビッド・カプラン(タフツ大学、スターン・ファミリー工学教授)の研究室が実施した研究では、ウエアラブルバイオリアクターを用いて新規の多剤併用再生促進治療を短時間の24時間にわたり行い、アフリカツメガエル後肢の再生、組織の著しい再パターン形成、機能回復を実証しました。新しい皮膚、骨、血管系、神経から成る再生組織は、対照群の複雑さと感覚運動能力を大幅に上回りました。

レビンは、「アフリカツメガエルなどの生物は、成体の再生能力が限られており、ヒトの重要な制限の幾つかを反映しているため、介入を試験し、形態と機能の両方を回復させる誘因を発見する上で、重要なモデルです」と述べています。カプランは、「これらのデータは、脊椎動物の内因性再生経路にうまく 『てこ入れ』できることを実証しています。しかし、このプロセスの次の重要なステップとして、これらの知見を哺乳類に結び付けられることを実証する課題が残っています」と付け加えています。

ジューヴェネセンスの最高経営責任者(CEO)でモルフォシューティカルズのシード投資家のグレッグ・ベイリー(MD)は、次のように述べています。「レビンおよびカプランの両ドクターは、機能する手足、組織、臓器の再生を実現する新手法を先駆的に切り開いています。これらの知見は、モルフォシューティカルズがさらに開発することになる新しいツール群の最初の適用を示すものであり、真に独自の方法で再生治療の新手法を探究できるようにするものです。潜在的な適用例としていつしか実現を狙っているのは、従来の医学では不可能な方法で、臓器や手足の喪失という負担を患者さんが克服できるようにすることであり、それゆえにジューヴェネセンスがモルフォシューティカルズの科学プラットフォームに投資をし、大いに支援を続けているのです。」

ジューヴェネセンスのマネジングディレクター兼事業開発責任者でモルフォシューティカルズの取締役のアレックス・ピケットは、次のように述べています。「多剤併用カクテルへの短期間の曝露が再生に及ぼす長期効果は、レビンおよびカプランの両ドクターが再生医療の別目的に利用できる発生学的サブルーチンを引き起こすことができたことを示唆しています。ジューヴェネセンスは、生体電気パターニングが発生と再生にどのように寄与するかについて、モルフォシューティカルズが理解をさらに深めていくものと大いに期待しています。」

参考文献

Murugan et al., Sci. Adv. 8, eabj2164 (2022) 28 January 2022

DOI: 10.1126/sciadv.abj2164

モルフォシューティカルズについて

マサチューセッツ州に拠点を置くモルフォシューティカルズは、レビンおよびカプランの両ドクターが共同設立したバイオテクノロジー企業で、ジューヴェネセンスが資金を提供しています。モルフォシューティカルズは、私たちの生物学的オペレーティングシステムの中核的な要素である解剖学的プログラミングにアクセスするための生体電気的手法を先駆的に切り開いています。イオンチャンネルとギャップ結合モジュレーターの専有的な組み合わせにより、四肢再生の誘導、断端部位の健康状態の改善、臓器再生の促進、チャンネル病の治療に傾注しています。詳細情報については、www.Morphoceuticals.comをご覧ください。

ジューヴェネセンスについて

ジューヴェネセンスは、加齢を改善し、ヒトの健康寿命を延ばすための治療法を開発するライフサイエンス企業です。ジム・メロン、Dr.グレッグ・ベイリー、Dr.デクラン・ドゥーガンによって設立されました。ジューヴェネセンスのチームは、製薬およびコンシューマーヘルスの分野で大きな成功歴がある経験豊かな医薬品開発者、起業家、マーケター、投資家で構成されています。当社は、年を取ることの意味をとらえ直すだけでなく、人々が自分の生涯をとらえ直すことができるよう、世界を鼓舞し、世界に必要な物を授けることに傾倒しています。

ジューヴェネセンスは、開発中の幅広い製品ポートフォリオを持っており、4部門で革新を推進しています。加齢を改善し、病気を予防するための伝統的な処方薬に特化したJuvRx、加齢を管理し、健康寿命を延ばすための消費者向け製品を手掛けるJuvLife、人工知能と機械学習で新薬開発を迅速に改善して、医薬品開発の実に素晴らしい効率と効果をもたらすJuvDataScience、細胞・組織再生の最前線に位置し、新しい細胞や組織の再生が必要となる加齢や病気に対処するJuvRegenerationです。詳細情報についてはhttps://www.juvlabs.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20220130005019/ja/

CONTACT

Jacqueline Jeha, MPH

+1.401.374.0955

media@morphoceuticals.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • Xlear Files Amended Answer to the Government’s Lawsuit on COVID-19 Statements; Provides Still More Data In Support of Xlear’s Use as Additional Layer of Protection
  • EpiAxis Therapeutics & Peptilogics Enter Strategic Drug Discovery Partnership
  • BeiGene Announces Strategic Alliance with Ontada to Improve U.S. Community Oncology Care
  • ENHERTU® Significantly Delayed Disease Progression in DESTINY-Breast02 Phase 3 Trial Versus Physician’s Choice of Treatment in Patients with HER2 Positive Metastatic Breast Cancer
  • Arbitrator Rules in Favor of Daiichi Sankyo in Dispute with Seagen